【上海万博】約13万人が西淀川公害のパネルを見ました

上海国際博覧会の日本館イベントステージで、2010年5月24日~6月3日まで
西淀川公害のパネル(あおぞら財団製作)が展示され、約13万人の来場者
がパネルを見ました。
e0024067_16453628.jpg

展示されたのは、「公害 みんなで力をあわせて―西淀川地域の記録と証言―」
という全13枚からなるパネルのうち、教員や医師の取り組み、公害地域再生の活動、
公害の発生原因について紹介したものなど、計5枚です(中国語)。
環境省主催の「みんなで咲かせよう、”環境”の花」というイベントの一環でした。

イベントの運営会社の担当者によると、パネルを食い入るように見ている人や、
メモをとる人、詳しい資料を求める人がいたそうです。
パネルを見て、「じつは自分もセキがでる」とスタッフに話をした人もいた
そうです。

空気の汚れがいかに人の健康に影響するのか、それが「公害」だということ
に気づくきっかけを提供できたのなら、パネルを出展したかいがあったと
思います。

ところで、現地から戻ったイベント運営担当者の報告で興味深かったのは、
「上海で青空が見えた」ということ。これは地元の人も驚いていたとか。
万博のために、工場や交通を規制することで、空気が断然きれいになって
いたそうです。

なお、このパネルは、日本語、中国語、それぞれ次のページで見ることが
できます。

日本語 http://www.aozora.jpn.org/ecomuse/%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%a1%88%e5%86%85/パネル貸出/

中国語 http://www.aozora.or.jp/tsutaeru/kougai_panel_c.htm



鎗山善理子(あおぞら財団)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-08-03 20:32 | 国際交流
<< 環境フロンティア講座2期第3回... 国際教育セミナーワークショップ... >>