東日本大震災の被災地視察 1日目 葛巻

16日(土)「葛巻町・NPO森と風の学校へ」
藤江・林・南は午前中に飛行機で大阪伊丹→いわて花巻空港への移動。
飛行機は満席で、ほとんどを日本赤十字の救援隊で占められている。
残りの乗客も見るからに救援と報道といった感じで、被災地に関係した人たち。
レンタカーを借りてから、盛岡に移動。高速道路では、何台か自衛隊車両とすれ違うがそれほど多いわけではなく、一般車の方が多い。
写真は、到着した盛岡駅周辺ですが、盛岡駅周辺はなにも影響がないように見える。
e0024067_19193583.jpg


その後、自然エネルギーに取り組む葛巻町の森と風のがっこうを訪問しました。
e0024067_1922188.jpg

内陸部に位置する葛巻町では、地震当日は揺れたそうですが、被害は少ないとのこと。まだ雪が残る山奥に位置する同施設では、太陽光発電やコンポストトイレ・バイオガスプラントを導入し、楽しみながらエコロジカルな暮らしを実践し、子ども達を受け入れて環境教育などをされています。そうした経験を踏まえた支援として、①被災した地域の子ども達に関わり続ける(被災地への継続的な訪問やアニメーションキャラバンなど)、②仮設住宅や保育園などの施設への自然エネルギーの導入支援、③「風と森のがっこう」をさらに充実させ、子ども達に来てもらい自然の力で元気になってもらう、といったことを考えておられるとのことでした。さらに、葛巻町では山の尾根に沿って建てられた風力発電も見学しました。真下まで行きましたが、羽が回っている真下に行くと、はっきり言って怖い。
e0024067_19222135.jpg


[全日程]
訪問地と趣旨を記しています

[日程] 各日ごとの記事とリンクしています
16日(土) 葛巻町 森と風のがっこう 訪問 
17日(日) 岩手県立大学山本克彦先生からヒアリング 岩手県ボランティアセンター訪問
18日(月) 遠野山・里・暮らしネットワーク 訪問 
        npo法人 ねおす 活動参加

19日(火) 大槌(町会議員の方) 
       遠野まごころネットの会議に参加

20日(水) 陸前高田 市会議員の方と合流   
        バイオディーぜルアドベンチャー 山田周生氏と相談    
      
21日(木) 遠野山・里・暮らしネットワーク 訪問 視察後の打ち合わせ 
        岩手大学・三宅諭氏(都市計画・村づくり)からヒアリング

[PR]
by aozorafoundation | 2011-04-27 09:58 | 東日本大震災
<< 東日本大震災の被災地視察 3日... はじめての「月イチ会」27人参加 >>