カテゴリ:資料館(エコミューズ)( 107 )

starQの皆様が見学に来てくれました

2011年3月26日(土)10:00~11:30

シニア自然大学のサークル「starQ」のみなさんがエコミューズに見学に来てくれました。
e0024067_19421723.jpg

資料館で説明した後、屋上に上って西淀川区の説明をしました
e0024067_19425973.jpg

とっても意欲的なシニアの方々で
原発事故とデータの読み方の話になった時に
公害運動の中でデータを読む力が重要だったということを述べたところ
「公害の経験が今回の震災に生きると思う」
との言葉を頂きました。
また、あおぞら財団初期のころにシンポジウムに来てくれたという方もいました。
現在の活動内容を見て感心してくださり、
とてもうれしくなりました。
(林)
[PR]
by aozorafoundation | 2011-04-01 19:47 | 資料館(エコミューズ)

【中止のお知らせ】自治体文書館が目ざすべき道

先日お知らせした
自治体文書館が目ざすべき道―公文書管理法施行をひかえて―
は昨日の「東北地方太平洋沖地震」のため、開催を中止いたします。
____________________________

あおぞら財団も参画している地域資料シンポ実行委員会のシンポジウムを開催します。

■地域資料シンポ拡大研究会(通算第2回)■
(地域資料研究会2010年度第2回と共催)

自治体文書館が目ざすべき道
―公文書管理法施行をひかえて―

 地域資料シンポ実行委員会では、本年4月の公文書管理法施行とここ数年取り組んできた大阪府・市公文書館問題をにらんで、今回、下記の拡大研究会を企画しました。
 今回は、神奈川県立公文書館の石原一則さん(内閣府の公文書管理委員会のメンバーでもあります)をお招きして、神奈川県での長年の経験、公文書管理法の内容や課題、現在進行中の国による公文書管理・公開体制の準備状況などもふまえ、今後、自治体文書館が目ざすべき方向性について論じていただきます。
 あわせて実行委員会からの問題提起では、大阪府・市公文書館問題の最新の状況についても紹介し、大阪地域における今後の課題について議論したいと思います。
 ふるってのご参加をお待ちしています。

日時 2011年3月12日(土) 17:30~20:00ごろ (*開始時間にご注意ください)
 場所 キャンパスポート大阪(大学コンソーシアム大阪)(電話:06-6344-9560)
    (地下鉄梅田駅またはJR北新地駅下車、大阪駅前第2ビル4階) 右下の地図参照
        URL→http://www.consortium-osaka.gr.jp/about/access.html
 内容
   ・問題提起:地域資料シンポ実行委員会事務局
        「大阪府市公文書館問題の到達点と課題」
   ・メイン報告:石原一則氏 (神奈川県立公文書館・公文書管理委員会委員)
       「公文書管理法と神奈川県立公文書館」

    *終了後、ささやかな懇親の場をもちます。

 主催 地域資料シンポ実行委員会
    (構成団体:あおぞら財団、大阪歴史科学協議会、大阪歴史学会、西山夘三記念すまい・まちづくり文庫、地域資料研究会)


 連絡・問い合わせ先:
地域資料シンポ実行委員会事務局
    〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
    大阪市立大学大学院文学研究科 日本史学教室
    (大阪歴科協研究委員、佐賀 朝、06-6605-2398)
[PR]
by aozorafoundation | 2011-03-12 00:28 | 資料館(エコミューズ)

自治体文書館が目ざすべき道

あおぞら財団も参画している地域資料シンポ実行委員会のシンポジウムを開催します。

■地域資料シンポ拡大研究会(通算第2回)■
(地域資料研究会2010年度第2回と共催)

自治体文書館が目ざすべき道
―公文書管理法施行をひかえて―

 地域資料シンポ実行委員会では、本年4月の公文書管理法施行とここ数年取り組んできた大阪府・市公文書館問題をにらんで、今回、下記の拡大研究会を企画しました。
 今回は、神奈川県立公文書館の石原一則さん(内閣府の公文書管理委員会のメンバーでもあります)をお招きして、神奈川県での長年の経験、公文書管理法の内容や課題、現在進行中の国による公文書管理・公開体制の準備状況などもふまえ、今後、自治体文書館が目ざすべき方向性について論じていただきます。
 あわせて実行委員会からの問題提起では、大阪府・市公文書館問題の最新の状況についても紹介し、大阪地域における今後の課題について議論したいと思います。
 ふるってのご参加をお待ちしています。

日時 2011年3月12日(土) 17:30~20:00ごろ (*開始時間にご注意ください)
 場所 キャンパスポート大阪(大学コンソーシアム大阪)(電話:06-6344-9560)
    (地下鉄梅田駅またはJR北新地駅下車、大阪駅前第2ビル4階) 右下の地図参照
        URL→http://www.consortium-osaka.gr.jp/about/access.html
 内容
   ・問題提起:地域資料シンポ実行委員会事務局
        「大阪府市公文書館問題の到達点と課題」
   ・メイン報告:石原一則氏 (神奈川県立公文書館・公文書管理委員会委員)
       「公文書管理法と神奈川県立公文書館」

    *終了後、ささやかな懇親の場をもちます。

 主催 地域資料シンポ実行委員会
    (構成団体:あおぞら財団、大阪歴史科学協議会、大阪歴史学会、西山夘三記念すまい・まちづくり文庫、地域資料研究会)


 連絡・問い合わせ先:
地域資料シンポ実行委員会事務局
    〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
    大阪市立大学大学院文学研究科 日本史学教室
    (大阪歴科協研究委員、佐賀 朝、06-6605-2398)
[PR]
by aozorafoundation | 2011-02-25 11:49 | 資料館(エコミューズ)

環境省環境問題史現地研修 受入

日にち:2011年2月9日(水)~10日(木)
テーマ:大気汚染公害被害の現場とあおぞら財団の見学
参加者:環境省、近畿地方環境事務所、(独法)環境再生保全機構の職員
    1日目12人/2日目9人
e0024067_1941279.jpg

環境省職員の環境問題史現地研修の受入れを2日間にわたって
おこないました。昨年に引き続き、1泊2日のコースです。

1日目(9日)
13:00  あおぞら財団集合
13:00~ 西淀川公害の概要を説明
     DVD「西淀川公害裁判をたたかう」「公害経験を語り継ぐ」視聴
13:30~ 公害患者の話:和田美頭子さん
13:45~ 森脇君雄理事の話「公害反対運動から地域再生へ」
     あおぞら財団活動紹介
15:30~ 西淀川高等学校にて環境教育、菜の花プロジェクトについて紹介
17:00~ 感想、ふりかえりワークショップ

2日目(10日)
9:30   あおぞら財団集合
9:30~  村松昭夫弁護士(財団理事長)「西淀川公害訴訟と現在の活動」
11:30~ デイサービスセンター「あおぞら苑」見学、昼食
13:30~ 自転車で西淀川区内フィールドワーク
15:30~ まとめ、成果発表
17:00  解散

e0024067_19415042.jpg

香川出身の和田美頭子さん(西淀川公害患者と家族の会)は、
まさか自分が公害病になるなんて思いもしなかったこと、
ぜん息の発作が出たときは不安と恐怖でいっぱいになることなどを語り、
「公害は人間がつくりだしたもの。自然に出てきたわけじゃない。
であれば、人間が努力して、無くさなければならない」と述べました。

自身も公害患者で西淀川で公害反対運動のリーダーとして活動
してきた森脇君雄理事は、公害健康被害補償法がつくられたときの
いきさつなどを話しました。

e0024067_19422666.jpg

その後、西淀川高校に移動し、高校生や教員から、同校での環境教育や
菜の花プロジェクトについて紹介がありました。
また、BDF精製機や菜の花畑を見学しました。

e0024067_19424574.jpg

夕方、あおぞら財団に戻ってきて、それぞれ、1日目の感想をポストイットに
記入し、出し合いました。

e0024067_19431541.jpg

2日目は、財団理事長の村松昭夫弁護士の話からはじまりました。
村松理事長からは、裁判では運動班を作り世論を動かしていったこと、
裁判が終わった後の取り組み(あおぞら財団)などの話がありました。
また質疑応答では、弁護士を志した出発点などについて答えました。

e0024067_19434587.jpg

次に、自転車でデイサービスセンター「あおぞら苑」に移動しました。
同苑は、あおぞら財団と同じく、西淀川公害裁判における企業との和解金
の一部をもとに4年前につくられた施設で、元・西淀川公害患者と家族の会
事務局長の辰巳致さんが施設長です。
約15年前、当時、旅行社に勤めていた辰巳さんが森脇さんと偶然出会い、
辰巳さんにとっては地元である西淀川の地域再生・まちづくりにかかわって
いった経過や、あおぞら苑を「西淀川のオアシス」にしようと信念をもって、
あきらめずに活動している様子を聞きました。

患者会の会員で、現在、あおぞら苑を利用している塚口アキエさん(91歳)や
北村ヨシエさん(86歳)とおしゃべりし、次はいよいよ2チームに分かれて
自転車で区内のフィールドワークをおこないました。

e0024067_19442234.jpg

e0024067_19444679.jpg

e0024067_1945568.jpg

チームは、佃チームと矢倉チーム。
お天気は良いものの、寒いなか、約1時間半ほど走りました。
あおぞら財団に帰ったあとは、街を実際に見ての、感想や思うところ、
まちづくりのアイデアなどを出し合い、成果発表会をおこないました。

最後に研修生のみなさんが一人ひとり、2日間の感想を述べて終了
しました。
「現場を見て、わたったこと、学んだことを仕事にいかしていきたい」
「公害は過去のものではないことがわかった」
「また、来年も来ます!」
といった言葉が聞かれました。

このように、研修生の方々が、西淀川公害や地域再生に関して、
いろんな立場の人たちの話を聞き、区内をまわった上で、
感じたこと、わかったこと、アイデアなどを発表すると、
それを聞く私たち財団スタッフにとっては、外からの目で見た、
西淀川区やあおぞら財団の姿を感じることができます。

自転車で区内をまわったとき、
国道43号線沿いや、工場集積地では、排ガスや臭いで自転車で
走ることがつらくなった、といった感想がありました。
確かにそのとおりだと思います。
数字や文字だけではわからない現場での体験を、環境省のみなさんと
共有できてよかったと思います。


鎗山善理子(あおぞら財団スタッフ)
[PR]
by aozorafoundation | 2011-02-11 19:49 | 資料館(エコミューズ)

来館者が1,800人を突破しました

エコミューズの来館者が2010年12月17日現在、1,814人となりました (2006年3月18日開館以降)。

e0024067_1315395.jpg


今回は1,800人目の当館の利用者・生駒和也さん(大阪大学工学部4回生)にインタビューさせていただきました。生駒さんは当館の資料を活用して、卒業論文に取り組んでいます。


Q.卒業論文はどんなテーマですか?
―西淀川公害を解決するために、住民・行政・企業が、それぞれどんな思いで何をしたか、また、どのように連携したか、ということに関心があります。

Q.当館の、どんな資料を利用していますか?
―西淀川地域の歴史、患者会の活動や裁判の記録などです。エコミューズには資料が山ほどあって、しかも全部卒論のテーマに関係したものなので、読むのは大変ですが、順調に完成に近づいています。

Q.これからの抱負をお願いします。
―卒論提出まで残り1ヶ月、寒さに負けず頑張ります。


生駒さん、ありがとうございました。卒業論文、楽しみです!

エコミューズでは、所蔵資料の閲覧利用はもちろんのこと、さまざまな見学・研修プログラムも提供しています。大気汚染公害の歴史、西淀川地域の歴史や文化、自然環境など、さまざまなテーマを学ぶことが出来ます。

当館の見学・研修プログラムの例はこちら

ぜひエコミューズに足をお運び下さい。

(エコミューズ資料整理スタッフ 森本)
[PR]
by aozorafoundation | 2011-01-06 10:58 | 資料館(エコミューズ)

大阪大学工学部地球総合工学科学生受け入れ

2010年12月15日
大阪大学工学部地球総合工学科14名を受け入れました。

大阪大学工学部の新田保次先生はあおぞら財団の理事で、
自転車や福祉交通、エコドライブを産官民の連携で進めていることや
松村暢彦先生とフードマイレージや大気汚染ブロックなど教材作成を一緒にしていることなど
NPOと大学がどのように連携しているか、
NPOとはどういうところなのかということをお話しました。
e0024067_1443205.jpg

話をしても、なかなかわからないかなと思い、
アイスブレーク(「環境」ということで連想する言葉を1分間で書き出す)や
e0024067_14433750.jpg

自分の故郷の地域の課題と改善したい点などを書き出して発表したり、
まちづくりや環境についてNPOができることは何かを伝えました。
e0024067_14435363.jpg

1時間という短い時間だったので、どれだけ理解してもらえたかわかりませんが、
一緒に活動する人が増えればうれしいなぁと感じます。
(林美帆)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-12-16 14:43 | 資料館(エコミューズ)

ポスターセッションしました。全国歴史資料保存利用機関連絡協議会京都大会

2010年11月24~25日
京都テルサにて、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会京都大会が開催されました。
エコミューズの鎗山、林も資料館の情報を得るために参加してきました。

24日の午前中は京都府立総合資料館の見学があり
国宝の東寺百合文書を見せてもらいました。
e0024067_959013.jpg

本物を見ると感動します。
資料は、文字情報だけが大切ではなくて、保存されている状態も情報として重要だということを体感しました。

ポスターセッションはこんな感じです
e0024067_1001918.jpg

昨年の福島大会で報告させてもらったこともあり、
声をかけてくださる方が沢山おり、とてもうれしかったです。
資料を保存することの重要性を理解してもらうのはとても苦労が多く
その苦労話を聞いたり、活用方法などを聞いたりして
全国に仲間がいるんだなぁと心強く感じました。
e0024067_103292.jpg

(林美帆)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-12-06 10:03 | 資料館(エコミューズ)

『阿賀野川え~とこだより』第3号でスタディツアーが紹介されています

「公害地域の今を伝えるスタディツアー2010~新潟・水俣病の地を訪ねて~」でお世話になった「阿賀野川え~とこだプロジェクト」(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業」)の情報紙『阿賀野川え~とこだより』最新号(第3号、2010/11/10)で、スタディツアーのようすが紹介されています。
いよいよ来年からスタートする環境学習プログラム「阿賀野川え~とこだ!環境学習」の試行版を、私たちは体験させていただきました。
公式サイトにアップされていますので、ぜひチェックしてみて下さい。

・『阿賀野川え~とこだより』第3号(発行:新潟県、企画編集:阿賀野川え~とこだプロジェクト、2010/11/10)はこちら↓
http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1288904499105.html

e0024067_14494877.jpg

――――――――――――――――
・「阿賀野川え~とこだプロジェクト」についてはこちら↓(新潟県公式サイト内)
http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1259784295164.html

・「阿賀野川え~とこだ!ブログ」はこちら↓
http://www.aganogawa.info/

・スタディツアーのようすはこちら↓
http://studytoura.exblog.jp/14473019/

(エコミューズ資料整理スタッフ 森本)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-11-19 14:50 | 資料館(エコミューズ)

大阪歴史学会 近世・近代史部会合同見学会の受入れ

日 時:2010年11月7日(日)14:50~16:10
見学者:18人

e0024067_17244867.jpg

大阪歴史学会の近世および近代史部会のメンバー、
18人が西淀川・公害と環境資料館(エコミューズ)に
来館しました。

大阪歴史博物館の淀川展や、西淀川区内の池永邸を見学
したあと、エコミューズに来られました。

あおぞら財団やエコミューズの紹介、西淀川公害の
解説などのあと、資料閲覧室や書庫を見学していただきました。

こうやって、他の施設見学とあわせて、エコミューズを
ご覧いただけると、それぞれの特徴をより一層、感じて
いただけるかと思います。


(鎗山善理子)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-11-07 17:08 | 資料館(エコミューズ)

スタディツアーブログ更新中、新企画スタート!

スタディツアーブログで新企画をスタートしました。
題して、
公害地域の今を伝えるスタディツアー2009~富山・イタイイタイ病の地を訪ねて~
リレーエッセイ企画〈参加者の今〉

昨年実施したスタディツアーの参加者が綴って繋ぐ、リレーエッセイです。

スタディツアーブログはこちら↓
http://studytoura.exblog.jp/

あれから1年あまりが経ち、イ病の地で共に学び、語り合ったメンバーの近況、考えていること、実践していることなどを情報交換し合える機会にしたいと思います。
ぜひチェックして下さい。

(エコミューズ資料整理スタッフ 森本)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-11-01 13:38 | 資料館(エコミューズ)