カテゴリ:エコドライブ( 13 )

池田でエコ・安全ドライブ講習会を開催しました

日 時:2011年2月5日(土) 18:00~
会 場:池田市民文化会館
参加者:19名

トラック協会河北支部淀川運輸協議会の主催で
「エコ・安全ドライブ講習会」を開催しました。

講習会では藤本健二先生(藤本経営研究所)による
講義とワークショップを行いました。

e0024067_15542666.jpg



講習会の内容を一部をご紹介します。

ドライバーの4つの役割

○お客さまの信頼を高める

印象的な話をご紹介します。
藤本先生のお宅にある運送業者(○○運送)が荷物を運んできました。
奥様が玄関の扉を開けると同時に
「今、外はものすごい夕立です。私はここで待たせていただきますので、
洗濯物を取り込んでください。」とドライバーは言うのです。
その出来事があってから、奥様は
「荷物を送るなら○○運送にしようね」とその運送業者を薦めるそうです。

このドライバー1人の気遣いが○○運送全体のイメージを向上させたのです。


○効率を考えた頭脳運転

固定費を削減する
・車齢を延ばす
・事故を減らす
変動費を削減する
・ダラリ運転を防止する
 ※ダラリ運転とは無駄(ダ)・むら(ラ)・無理(リ)な運転
 →そこでアイドリングストップや定速運転などエコドライブが必要となるのです。


○安全を考えまもりぬく

トラックビジネスを向上させた4つの功績
1.GPS
2.デジタルタコグラフ
3.ドライブレコーダー
4.環境対応車


○人間性あふれた職場づくり

ここでワークショップ
「隣の人の良い点を3つ褒めてください。」

e0024067_15583382.jpg



照れくさそうでしたが、
みなさん真剣に取り組んでいました。
[PR]
by aozorafoundation | 2011-03-15 15:59 | エコドライブ

西淀川でエコ・安全ドライブ講習会

西淀川でエコ・安全ドライブ講習会
ワークショップで安全目標
11月5日 18時~20時
 トラック協会河北支部西淀川運輸協議会主催のエコ・安全ドライブ講習会に参加させて頂きました。
 日頃、運行管理に携わっておられる20名程の参加者が集まり、安全について、堀内武徳先生の講義を交えてワークショップがありました。

〈ワークショップの中身〉
・点呼チェック
・自社運送会社の良い点・悪い点(安全について)
・各グループにて安全に関する会社の目標作り

e0024067_12244520.jpg

エコドライブについて講義する堀内先生

e0024067_12263078.jpg

ワークショップで話し合った内容を発表する参加者

私の参加したグループの目標は、「来年11月まで1年間無事故」でした。
みなさん、ドライバー様と話す時間を持つ等、すべての会社がコミュニケーションの時間を取り、安全に関して取り組んでおられました。ひとつ残念だった事があります。ドライブレコ−ダーを導入された会社のドライバー様が、信号が赤に変わる時、信号手前で急ブレーキを踏むと画像に残ってしまうので、赤信号で通り過ぎてしまうことがあるということでした。赤信号で事故が起これば大惨事になるので、大変危険です。決して無理をせず、ヒヤリハットの蓄積など、安全運転に取り組んで頂きたいと思いました。
嬉しかったのは、参加者の中には、既にデジタコを導入して「事故が減って安全運転が定着した」というお話を伺い、お役に立てて良かったと思いました。(矢崎総業 高田瞳)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-11-24 11:13 | エコドライブ

エコ・安全ドライブ講習会ワークショップ

 2月6日、北摂運輸協議会主催で「北摂地区研修会」が開かれました。
 地区から事業主・運行管理者・乗務員ら、およそ25名が参加しました。
 前年に引き続き、エコドライブをテーマに、堀内武徳氏(堀内経営研究所事務所所長)を講師に、今回は、ワークショップの形で研修会を進めました。
 テーブルを囲んで、参加者の生の声が飛び交うワークショップは、初めての試みでしたが、日ごろの考えや思いをどんどん出し合うことで、お互いにできている事、できていない事を認識できたのではないかと思います。
e0024067_15363732.jpg
e0024067_1537022.jpg

 ワークショップは3ステップに分かれています。
ステップ1 「点呼のとき乗務員にどんな声をかけていますか?」
普段の点呼について現状を話し合うことで、点呼の重要性を再認識できました。

ステップ2 「今できていることは?まだ、できていないことは?」
エコ・安全ドライブについて、それぞれの企業努力を話し合うことで、それぞれの課題を発見できました。

ステップ3 「何を?いつまでに?どこまでするのか?」
ステップ2で出てきた共通の課題を、具体的に目標値、期日を決めることで、これからの目標が明確になりました。
e0024067_15422837.jpg

 以上のワークショップをふまえて、堀内氏は、模範的な点呼と、それによる環境負荷・コストの削減効果について語りました。

 コメント
 企業によって、また、乗務員によって積荷や車両、運搬行程が異なり、適切な点呼をとることが難しいという声が多く上がりました。確かにそのとおりだと思います。この課題の解決には、企業の努力に加え、荷主の協力が欠かせないのだと思いました。
 しかし、適切な点呼、日報の工夫などの企業努力が、エコ・安全ドライブに与える影響は小さくありません。皆さんの、エコ・安全運転の一層の向上に少しでもお役に立てるよう、私も協力したいと思います。

大阪経済大学経済学部4年
森井 隆二
[PR]
by aozorafoundation | 2010-02-12 15:43 | エコドライブ

事業所訪問

エコ・安全ドライブの「現場」39社を訪問
~NEDO事業おつかれさまでした~
*NEDO事業
 2005年に大阪トラック協会河北北支部傘下の39事業所にご協力をいただいてすすめてきた、「中小運送事業者へのデジタルタコグラフの組織導入によるエコドライブ推進事業」
 地球温暖化防止活動環境大臣表彰(2006年)、朝日新聞社「明日への環境賞」(2007年)、全国トラック協会「鈴木賞」(2007年)を受賞するなど大きな評価を得る

e0024067_15105647.gif

<事業所訪問参加者> 
あおぞら財団:上田敏幸
          森井隆二(大阪経済大学経済学部4年)
矢崎総業   :高田瞳
浅羽計器   :浅羽信宏

訪問日程
■5月1日
株式会社イシダカーゴ
昭和運輸株式会社
平成運輸倉庫株式会社
シンヨウ倉庫運輸株式会社
近畿いずみ運輸株式会社
株式会社高槻小型運送
大阪高速乳配株式会社
株式会社シンワアクティブ
佃運輸
■5月8日
大阪航空燃料運輸株式会社
関西郵便逓送株式会社
田中運送店株式会社
豊能運送株式会社・(豊能梱包株式会社合併)
シンハン株式会社
株式会社エヌティロジスティクス
阪神石油運送株式会社・有限会社阪神商事
テック物流株式会社
中越テック
■5月11日
株式会社つばめ急便
■5月14日
大和運送株式会社
西元運輸株式会社
西村梱包倉庫株式会社
大阪第一作業株式会社
株式会社エルライン
株式会社北部市場運送
千里運輸株式会社
豊新運輸株式会社
近畿運送株式会社
東豊運輸株式会社
城南産業株式会社
共同運輸倉庫株式会社
■5月15日
東光サービス株式会社
吉田運送株式会社
松川運輸株式会社
山佐運送株式会社
ジャパントラック大阪株式会社
三協運輸株式会社

事業者さんの声
「エコドライブのシステム、デジタルタコグラフの性能が、どれだけ優れていても、それを利用するのは人、ドライバーだ。これからは、人の育成が重要視される。」
「10台デジタコを導入しているが、みんなほぼ100点を取るのが習慣となった。おかげで燃費が明らかに向上しているし、何より、小さな接触も5年間1件もない。」
「燃料費が高い時期に本当に助かった。」
「取引先との関係づくりも大事だ。」
「取引先の環境報告義務に必要なデータ収集にデジタコは役に立つ。」
「ドライバーに自分で日報を出してもらい、データを張り出し、見せることで、意識を維持させている。」
「今までの取り組みをわかりやすくまとめて、取引先にアピールしたい。」
「年始から荷物が無い。荷物が動かない。」
「基幹産業の元がしんどい、先が見えない。」
「こういった取り組みをしていない事業所を、変えないと本当の意味での成果は出ないだろう。」

e0024067_1515832.jpg

    ジャパントラックにて
e0024067_1523057.jpg

    山佐運送株式会社の寺田社長
e0024067_1525430.jpg

     安全運転日報を打ち出すパソコン
e0024067_1531858.jpg

e0024067_1533230.jpg

     事務所の壁には安全運転ランキングが張り出されています

「苦労を重ねエコドライブ」
39か所すべて周らせて頂きました。
事業所の皆さん、突然の訪問にも関わらず、丁寧なご対応を頂き、有難うございました。
実際に、デジタコを導入された事業所の生の声を聞いて、感じたことを少し挙げたいと思います。
やはり、デジタコ導入の成果は、燃費の向上という面で大きく表れるようです。しかし、デジタコが燃費を直接コントロールしている訳ではありません。燃費の向上を実際に成し遂げたのは、各事業所のドライバーです。大きな成果を残している事業所の多くは、デジタコでの管理に加え、ドライバーと親密な関係を築く努力をされていたように思います。
また、事業所にとって、最も回避したいのが事故です。これも燃費と同じく、デジタコでの管理に加え、無事故キャンペーンを定期的に行うなど、それぞれの状況に見合った努力が実を結んでいるように思われました。トラックの安全は、取引先の安心にも繋がります。エコドライブが生み出すものには、様々な形があるようです。
さて、各事業所とも、苦労を重ね、エコドライブを実現されている訳ですが、この取り組みを、取引先、あるいは、社会全体に情報発信していかなければ、ならないのではないでしょうか。
私は、このエコドライブ推進事業に関わって、まだ日が浅いのですが、デジタコ普及による、エコドライブの推進に、少しでも協力できたらと思っています。
森井隆二(大阪経済大学経済学部4年)

>> エコドラ ホームページ
[PR]
by aozorafoundation | 2009-05-18 15:03 | エコドライブ

「エコ・安全ドライブ講習会」を開催しました

10月8日(水)に大阪府トラック総合会館で「エコ・安全ドライブ講習会」を開催しました(主催:河北地域エコドライブ推進研究会)。
e0024067_12101612.gif

講師としてお迎えしたのは堀内武徳氏。大手物流会社で安全管理の業務に長年従事され、安全運転研修所「クレフィール湖東」の専務取締役としても活躍されていた方です。ドライバーが主体となって安全運転に取り組むことによって、事故防止・コスト削減・燃費向上などを達成できるということ、またいかにそういった取り組みを経営者や運行管理者がサポートすべきかということを、データや動画などを用いて非常に具体的に説明して頂きました。講義の構成は次のとおりです。

Ⅰ 企業をとりまく環境の厳しさを読む
Ⅱ エコドライブで収益改善
Ⅲ エコドライブ実践指導ポイント
Ⅳ エコドライブ(安全)ステップアップ計画の策定と目標設定

e0024067_121032100.gif

参加者は運行管理者の方などおよそ40名。日々の業務に直結するお話とあって、熱心に耳を傾けていました。終了後に記入して頂いたアンケートでは、「エコドライブのことだけに限定するのではなく、安全面や運行管理者の管理面とも結びつけて時間かけてわかりやすくお話しして下さったので、すごく勉強になりました」、「エコ運転が、いかに会社および本人らに目に見えぬ相乗効果を出しているのかが、講義の中で解りました」、「ミーティング等、業務に活かしていきます」など、肯定的な感想を多くいただきました。堀尾先生、参加者の皆さま、どうもありがとうございました。
[PR]
by aozorafoundation | 2008-10-15 12:29 | エコドライブ

環境NGOと市民の集い 近畿ブロック

2008年10月11日(土)

e0024067_1434046.jpg

関西の環境NGOが一堂に会するこの集い。
あおぞら財団も「エコドライブ」と「フードマイレージ」を報告しました。

感想では
「公害について60~70年代の空が汚かったと聞いても85年生まれの私にはピンときませんでしたが、今日納得できました。」
「学校の先生と一緒にプログラムを作っているのが良いと思います。内容だけでなく実施の際の広がりができているのがすばらしいです」

などなど、うれしいコメントをいただきました。

環境NGOとして各地でがんばっている皆さんの報告を聞くと、私達もがんばろうと元気をもらいます。
みなさんとつながって、みんなで発展できればいいなぁと感じました。(林)
[PR]
by aozorafoundation | 2008-10-14 14:14 | エコドライブ

エコ安全ドライブで講習会

 大阪市東部地域を中心に病院、診療所、介護施設などを展開している「ヘルスコープおおさか」。病院と診療所を結ぶ送迎車など自家用車50台のドライバーを対象にした運転業務者研修会が9月6日、同本部会議室で開かれ38人が参加しました。研修会では、はじめに池田憲専務理事が「基調報告」。医療・介護の現場がおかれている厳しい状況、命と向き合う仕事とヘルスコープおおさかの役割などについて明らかにするとともに、「安心して利用してもらうためのサービス」向上のためにも、エコ安全ドライブに取り組む意義を強調しました。
 つづいて「エコ安全ドライブの実践」と題して、あおぞら財団の上田敏幸氏が講義。トラック事業者とドライバーとともに取り組んだエコドライブの成果をふまえて、①コスト削減②安全運転③環境対策④ドライバーとしての誇りの「一石四鳥」効果、エコ安全ドライブを支えるコミュニケーションの重要性について語りかけました。参加者からは「エコドライブの目的や効果がよくわかった」「観念的には解っているつもりだってが、より具体的に理解できた」「これはすぐに実践すべきだと思う」などの感想が寄せられました。

e0024067_1951276.jpg

[PR]
by aozorafoundation | 2008-09-10 19:51 | エコドライブ

エコドライブの成果発表会(3/14金)

転送歓迎!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
燃費向上! 事故激減!
   全部見せます!エコドライブの成果発表会  
    日時 : 3月14日(金) 13:30~16:00
    場所 : 大阪府トラック総合会館
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1)燃料費削減!
2)環境良くなる!
3)安全運転につながる!
4)プロドライバーとしての誇りにつながる!
一石四鳥の効果が実証された、エコドライブの取り組みは、

1)「平成18年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」(2006.12)
   ※河北地域エコドライブ推進研究会の活動
2)朝日新聞社「第8回 明日への環境賞」(2007.9)
   ※エコドライブをはじめ、あおぞら財団の10年間の活動
3)全日本トラック協会「鈴木賞」(07.4)
   ※大阪府トラック協会河北支部のエコドライブの取り組み
と、高い評価を頂いております。

トラック事業所、企業、行政、NPOなど、一体となって取組んだ
エコドライブ推進事業が生み出す感動を、みなさん一緒に共有しましょう!
成果発表会へのご来場、心よりお待ちしています。

【プログラム】
●報告 
・エコドライブの未来~これからの取り組み
 新田保次氏(大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻教授)
・環境対策と安全運転に寄与するエコドライブ
 藤岡太造氏(大阪大学大学院)
・運行管理者交流会の報告
・パネルディスカッション
●表彰:NEDO事業参加39事業所への感謝状、記念品の贈呈

【日時】
平成20年3月14日(金) 13:30~16:00

【場所】
大阪府トラック総合会館
※大阪市城東区鴨野西2-11-2 TEL 06-6965-9999(代)

【定員】
100名 入場無料 定員になり次第、締切

【申しこみ方法】
①名前(フリガナ) 
②住所〒
③電話
④ファックス

をご記入の上、あおぞら財団 まで、
メール webmaster@aozora.or.jp 
又は、
ファックス 06-6478-5885
にてお申し込みください。

【主催】
河北地域エコドライブ推進研究会

【問合・申込先】
(財)公害地域再生センター(あおぞら財団)
TEL:06-6475-8885  FAX:06-6478-5885
〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4階

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
転送ココマデ
[PR]
by aozorafoundation | 2008-02-20 15:48 | エコドライブ

安全運転・燃費向上・コミュニケーションが広がる「お試しエコドライブ」ただいま発進中!

e0024067_10192016.jpg平成18年度地球環境基金を活用した「お試しエコドライブ」が好評発進中です。
2006年秋にスタートした「お試し」事業。「いいとはわかっていても初期投資が大きい」「話だけではピンとこない」という中小事業者、エコドライブに関心を寄せる市民のみなさんを対象にエコドライブの効果を実際に体感してもらおうというもので、すでに3社で実施、今も大阪星友運輸様で実施中です。

●取り組み支えるコミニケーション
2007年4月から始まった星友運輸様では、ドライバーさん2人、運行管理者さんが参加して5月23日、「エコドライブ交流会」(ワークショップ)を開催しました。

■苦労しました。腹が立つこと、困ること
では、ドライバーさんの日頃のご苦労が一気に噴出しました。

■エコドライブの効用
では、「身体が楽になった」「スピードを上げると視野が狭くなるので危ない」とさすがはプロドライバー。

■安全運転への思い
を聞かれてFさんは、「車内に家族の写真をおいている。中学生2人、2歳、生まれたばかりの子ども4人。写真を見ると落ち着く。土産を買って帰ると~パパの元気な顔が一番!と言われる」と熱~い答えが返ってきました。

●星友運輸・石田信行社長から一言
「今回の取り組みで、今まで見えなかったものが見えるようになった。僕らだけではできなかったことをやって頂いて感謝している」
ご苦労をかけたお二人のドラーバーさんには、あおぞら財団と社長の連名で表彰状をお贈りすることにしました。
[PR]
by aozorafoundation | 2007-06-15 10:20 | エコドライブ

エコドライブシンポジウムを開催 「エコドラ新年会 ~発表します!2年目の成果~」(1/31)

e0024067_18164453.jpg平成15年からスタートしたあおぞら財団のエコドライブ(環境にやさしい運転)推進事業は、平成18年度地球温暖化防止活動環境大臣賞に選ばれました。その成果を確認し、問題点や課題などを共有するためのシンポジウムを2007年1月31日に開催しました。
シンポジウムには、事業者・行政関係者・市民など130名の方に参加いただきました。

e0024067_18234768.jpg当日は、新田保次氏(大阪大学教授)や吉田雄亮氏(大阪大学修士)から研究結果が報告(燃費が1割程度向上など)されるとともに、実際にエコドライブを実践している運行管理者やドライバーの方々から、「後ろの車に追い越されるのがうっとおしいなと思っていたが、今は慣れた」、「スピードオーバーで捕まる心配がなくなった」、「子どもに誇れる運転を続けていきたい」など、現場での苦労や成果を発言いただきました。

当日の参加者からの意見を紹介しますと、「エコドライブが、燃費の向上だけでなく、事故も減るというのは重要だ」、「継続していくのが大変だ」、「エコドライブを実行するのは人であり、人のつながりが大切だと感じた」、「地球環境保全も我々一人一人の行動によって変えていけると感じた」などでした。
e0024067_18215474.jpg

少しずつ、取り組みの輪が拡がってきています。今後も、取り組みを継続し、自家用車も含め、地域全体に拡がっていくようにしていきたいと思います。
[PR]
by aozorafoundation | 2007-03-02 17:13 | エコドライブ