カテゴリ:環境アセスメント( 11 )

市民活動のための環境アセスメント講座in川崎

3日目「アセスを活かす」

1月24日(日)はアセス講座3日目、アセスをどのように「活かす」かを勉強しました。3日目は皆さんお疲れになって、来られる方が減るのでは…との心配もありましたが、いざ始まってみるとスタッフを含めて16人の受講者が集まりました。みなさん、最終日も変わらず熱心に取り組んでいました!

3時間の講座のうち、初めの半分は傘木宏夫先生(NPO地域づくり工房)に、参加型アセスメントについて御講演いただきました。受講者から「この人は信頼できそうだと思った」とのコメントが出ましたが、本当に優しそうな先生で、理論だけでなくご自身が実際に関わってきた参加事例を交えつつ丁寧でわかりやすい説明をしていただきました。意見書の提出だけではなく、行政との協働でアセスに取り組んでいくという発想が新鮮でした。

e0024067_15321496.jpg



傘木先生の話を聞く受講生


e0024067_15332829.jpg



グループワークでアセスの方法書を読みました


中身の濃い講義を受けた後は、いよいよ頭と一緒に手を動かすワークショップで、参加型アセスメントのエッセンスを体験しました。アセスの知識、地元川崎についての知識でばらつきが出ないよう2つのグループに分け、グループごとに模造紙を囲んでアセスの方法書をじっくり読みました。短い時間の議論にも関わらず多くの意見が出され、多くの気づきがあったように思います。注意深く読まないと、ことばのあやに気づかないものですね!また、アセス書は難しいだけの役に立たない文書ではなく、実に多くの情報を含んだ文書であることも知ることができました。まさに、これからもいろいろな意味でアセスを「活かす」ことができることを実感できました!

傘木先生、スタッフの皆様、そして受講者の皆様、ありがとうございました!

多島 良(東京工業大学大学院総合理工学研究科)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-01-28 15:35 | 環境アセスメント

市民活動のための環境アセスメント講座in川崎

2日目「アセスを見る」

「市民活動のための環境アセスメント講座」2日目、川崎市臨海部の現地見学が天候にも恵まれ実施されました。

1月23日(土)9:45頃、スタッフも含め14人で川崎駅西口をバスで出発。
川崎のアセス対象事業である川崎天然ガス発電所に向かいました。

川崎天然ガス発電所に到着すると、まず、会議室で技術部部長の中島秀明さんと業務部部長の原田益至さんに施設概要と会社設立から事業開始までの諸手続きなど、環境アセス関連の内容を中心にお話を伺いました。
その後、屋上からの見学とバスでの構内巡回で施設を案内していただきました。

e0024067_14452868.jpg


アセスを通じて営巣が確認されたコチドリ。コチドリに配慮しつくった砂礫地を見学。


バスで再び産業道路を通り、川崎市内でも大気汚染がひどい(二酸化窒素濃度が高い)とされる池上新田交差点を通過。車中からその付近の環境を確認しました。

次に訪れたのは多摩川河口に近い大師河原干潟館。はじめに、ボランティアの運営委員の方々に干潟を案内していただきました。干潟がはっきり現れる時間には少し早かったものの、干潟にも色んな砂質があることを確認し、小さなケフサイソガニなども見ることができました。

e0024067_14465267.jpg



干潟館内部。多摩川の自然を愛するボランティアの方々が運営をしています。


e0024067_14471924.jpg



同じ干潟でも場所によって泥が違い生物にも違いが。左は砂質、右は泥質。



川崎市在住で電車の車窓などから多摩川を日常的に見ている私ですが、多摩川の河口付近に来たのははじめてで、海浜に近い砂質と水の予想以上の透明度に驚くとともに、臨海部にこんな自然が残っていたことに感激しました。

e0024067_14564793.jpg



ハゼやカニなど様々な生き物を観察。


大師河原干潟館の会議室で昼食を取りながら、運営委員の方に干潟に生きている生物のお話を伺いました。干潟とそこに生きる生物たちを大切に思い、その活動を子どもたちなど、人々へ伝えていこうという熱意を感じました。

館内の展示を見てから再びバスで出発。午後の講義・ワークショップの会場である川崎マリエンへ向かいました。

川崎マリエン展望台に登り、臨海部工業地帯を一望してから会場の研修室へ。

はじめに、除本理史先生(東京経済大学教授・日本環境会議常務理事・日本環境学会幹事)より「川崎市の開発と公害市民運動の歴史」の講義があり、江戸時代末から現在までの川崎の臨海部の環境の変化と公害との関係をわかりやすく解説していただきました。

e0024067_15113450.jpg



講師の除本先生。


その後、川崎公害病患者と家族の会の相沢きく枝さん、鈴木八重子さんのお二方から、川崎区に住み始めてから公害病を発症するまでの経緯とそれからの闘病の様子など、生々しいお話を伺いました。

e0024067_1513348.jpg



大気汚染公害の患者さん。


実際に長年公害病で苦しんでこられた方々からのお話で、環境を守り、あるいは改善することが、人やその他の生物の命を守るために必要なことだということを実感できたと思います。

最後に、参画はぐくみ工房の竹迫和代さんのファシリテートにより、1日のプログラムを振り返るまとめのワークショップが2グループに分かれて行われました。
一人ひとりが「今日の見学で感じたこと」「私にとって大切な環境」をカードに書き出し、発表することで、参加者の皆さんの環境に関するいろんな視点・関心事を確認することができました。
e0024067_1522658.jpg



コーディネーターの竹迫さん。


e0024067_15244137.jpg



グループに分かれて感想を共有。


e0024067_1526684.jpg



グループで出た意見を発表。



ワークショップ終了後、川崎公害病患者と家族の会の方々、除本先生もご一緒にバスで川崎駅戻り、解散しました。

長い1日でしたが、実際に五感で体感することもでき、とても充実した内容だったと思います。
皆さん、お疲れさまでした!

斎藤 千恵 (コミュニティ サポート ネット)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-01-28 15:04 | 環境アセスメント

環境アセスメント講座

市民活動のための環境アセスメント講座in川崎
1日目「アセスを知る」
e0024067_146297.jpg

「市民活動のための環境アセスメント講座」が、神奈川県川崎市で開催されました。
1月16日土曜、晴天!
20名が集まりました。(スタッフ込)
男性が多かったのですが、大学生など若手の参加者もちらほらいらっしゃって、会場は熱気ムンムン。


午前は、柳 憲一郎先生(明治大学法科大学院法務研究科教授)より、「参加型アセスへの道」と題してお話がありました。
事業者、行政、NPO各主体の、環境アセスメントについての「勘違い」が、とてもわかりやすく聞けました。
また、環境アセスメントを実際に活かしていこうということで、
環境アセスの実施のポイントを、非常に細やかにステップをふんでお話いただきました。
柳先生の穏やかな語り口もあって、質疑応答も活発に手が挙がっていました。


午後は、沖山文敏氏((株)オオバ環境本部本部長)より、「アセスを牽引した自治体の役割」と題して、川崎市アセス条例の誕生秘話とその特徴についてお話がありました。
沖山氏は、元川崎市環境局公害部部長として長年、川崎市の公害問題の第一線にいらした方ですので、当時の住民とのやりとりも生々しく教えてくだいました。
昭和40年代の川崎市の臨海部の写真は衝撃的で、大きな煙突からモクモクと立ちこめる煙が写っており、当時は住宅の中も煙で真っ白だったそうです。
日本初のアセス条例制定へむけての御苦労と、立場は変わられてもなお、情熱を傾けて環境アセスメントの普及に努めていらっしゃる様子が伝わってくる時間でした。

両先生、ありがとうございました!

環境アセス講座、今週の土日も続きます。
23日(土)は、川崎市臨海部の現地見学を行います。晴天でありますように!!

竹迫 和代(参画はぐくみ工房)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-01-21 14:13 | 環境アセスメント

市民活動のための環境アセスメント講座in 川崎(2010年1月開催)

転送歓迎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アセスを知れば 地域が見える
市民活動のための 環境アセスメント講座 in 川崎
-2010年 1月16日(土)、23日(土)、24日(日)-
--------------------------------------------------------------------
チラシ(PDF版877kb)
http://www.erca.go.jp/jfge/training/h21/pdf/assh21_o.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

道路や発電所、廃棄物処分場や大型商業施設等一定規模以上の開発事業に対し、
事業者は事前に環境に与える影響を調査・予測・評価し公開することが法律や
条例で義務付けられています。

事業が環境に与える影響に対し、市民は意見を伝えることができます。
環境アセスメント制度は、事業者と市民がやりとりしながら事業が環境に与える
影響を回避・軽減させていく制度です。

キーワードは
知る・見る・活かす・交流する 
~講座の主人公は参加するみなさんです~ 

みなさまのご参加をおまちしています。


■スケジュールとプログラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1/16(土) アセスを知る  【会場】 川崎日航ホテル 水晶の間
--------------------------------------------------------------------
講義① 
参加型アセスへの道
~事業者・行政・市民・NPO…各主体の勘違い~

○環境アセスメントのいろは
○アセスをめぐる勘違い…事業者・行政・市民・NPOの場合
○質疑応答・意見交換

【時間】10:20~12:00
【講師】柳 憲一郎 氏 
(明治大学大学法科大学院法務研究科教授/同大学環境法センター長
 環境アセスメント学会副会長理事)
 
--------------------------------------------------------------------
講義② 
アセスを牽引した自治体の役割
~日本初・川崎市のアセス条例の特徴~
 
○川崎市のアセス条例とその特徴
○川崎市・アセス条例の移りかわり
 ~アセス法制定との関連~
○自治体およびコンサル、それぞれの立場のアセスについて
○質疑応答・意見交換

【時間】13:30~15:00
【講師】沖山 文敏 氏
((株)オオバ環境本部本部長/環境アセスメント学会理事
 元川崎市環境局公害部部長)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1/23(土) アセスを見る   【集合・解散】 JR川崎駅周辺 *詳細は後日
--------------------------------------------------------------------
現地見学
川崎市臨海部の開発とアセス
                      
○見学先:川崎天然ガス発電所/池上新田交差点/東京湾アクアライン等
○講議:川崎市の開発と公害・市民運動の歴史
○ふりかえりとまとめのワークショップ

【時間】9:30~16:30
【講師】除本 理史 氏
(東京経済大学経済学部教授/日本環境会議常務理事/日本環境学会幹事)
【話題提供】大気汚染公害患者による昔のお話
【コーディネータ-】竹迫 和代 氏(参画はぐくみ工房代表兼ファシリテーター)
           渡辺 章 氏(環境アセスメント問題都民連絡会事務局長)

*1/23土の講座終了後、懇親会を予定しています。(別料金)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1/24(日) アセスを活かす  【会場】 川崎日航ホテル 水晶の間
--------------------------------------------------------------------
ワークショップ
アセス図書で検証する川崎臨海部開発

○話題提供:「参加型アセス」で行こう!
○演習:アセス図書で検証する川崎臨海部開発

【時間】13:00~16:30
【話題提供・コーディネーター】傘木 宏夫 氏
(NPO地域づくり工房代表/環境アセスメント学会理事)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■会場(23土以外)
川崎日航ホテル
TEL:044-244-4441 住所:川崎市川崎区日進町一番地 
アクセス:JR川崎駅東口より徒歩1分 京急川崎駅より徒歩5分 
http://www.kawasaki-nikko-hotel.com/access/index.html

■受講料 1000円(全回通して)

■定員 25人(定員になり次第、締切)

■対象 NPO・NGO関係者、一般市民、学生、行政、企業関係者など

■問合せ・申込み
あおぞら財団(担当:小平・上田) までご連絡ください。
TEL:06-6475-8885 FAX:06-6478-5885
〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4階
Eメール: webmaster[at]aozora.or.jp
*[at]を@に変えて下さい。


■申込票(下記1~5をお知らせ下さい)==================
〈1〉氏名(ふりがな)
〈2〉住所 〒
〈3〉電話
〈4〉所属(職場、学校名等)
〈5〉参加する日程(原則全回参加。全回参加できる方を優先。)
  【 】に○印をつけてください。
   ・1/16(土) 講座①【  】、講座②【  】
   ・1/23(土) 現地見学
   ・1/24(日) ワークショップ【  】
==================================
*個人に関する情報は、本講座開催の目的以外には使用いたしません。
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■主催 独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金
〒212-8554 神奈川県川崎市幸区大宮町1310番 ミューザ川崎セントラルタワー8F
TEL 044-520-9501 HP http://www.erca.go.jp/jfge/

■後援 川崎市

--------------------------------------------------------------------
■企画協力≪問合・申込先≫
あおぞら財団((財)公害地域再生センター)
〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1丁目1番1号あおぞらビル4階
TEL 06-6475-8885 FAX 06-6478-5885
HP www.aozora.or.jp
E-mail webmaster[at]aozora.or.jp

■開催協力
環境アセスメント問題都民連絡会
〒555-0055 東京都北区赤羽西6-29-15
TEL 03-3909-6591
E-mail vakira[at]d5.dion.ne.jp
HPHP www.h3.dion.ne.jp/~vakira/

参画はぐくみ工房

(有)コミュニティ サポート ネット
HPHP http://homepage2.nifty.com/csn7/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
転送ここまで
[PR]
by aozorafoundation | 2009-10-15 15:02 | 環境アセスメント

西淀川子どもセンターで廃油回収

2009年4月4日
西淀川子どもセンターにて、「よっしゃバザー」が
ひらかれました。
e0024067_174746100.jpg
僕はバザーの手伝いをしました。
バザーでは、廃油回収の手伝いをしました。
バザーで皿とか本とかCDとか売っていたので
僕は服と自転車につけるザブトンを買いました。
廃油は、6リットルあつまりました
e0024067_1438832.jpg
こういう、イベントはいろんな人が来たり
e0024067_17482755.jpg

e0024067_17585954.jpg
いろんな物が売ってて、楽しかったからまたやってみたい、
と思いました。
西淀川高校ECC前田浩輔
[PR]
by aozorafoundation | 2009-04-08 14:38 | 環境アセスメント

今年も開催「市民活動のための環境アセスメント講座~アセスメント制度と市民の役割を考える~」

環境アセスメントという制度をご存じでしょうか。
環境アセスメント制度とは、事業者が道路建設や発電所など大規模開発事業による環境への影響を事前に調査、予測、評価をするとともに、市民とのコミュニケーションを通じ、環境保全の観点からよりよい事業計画をつくり上げるしくみです。
制度が生まれて10年たちますが、多くの市民へ制度への理解と参加を広げるために連続講座を開催しました。
2月14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)の4日間、岡山で開催された今回のアセス講座には、定員の30人をはるかに超える、50名以上の方にお申し込み頂きました。
制度への興味・関心の高さが伺われます。

=====================
2月14日(土)
【会場】ピュアリティまきび2階会議室
――――――――――――――――

講義① 環境アセスメントと市民の役割
 【時間】13:00~15:00
 【講師】浅野直人 氏 (福岡大学法学部教授)
 【報告】西平強 氏 (岡山県生活環境部環境政策課参事)
 【参加者(スタッフ含む)】 46人

浅野氏
e0024067_18414975.jpg

西平氏
e0024067_18422084.jpg
           


――――――――――――――――
講義② 風力発電所計画とアセス
 【時間】15:10~16:40
 【講師】馬場健司 氏 (財団法人電力中央研究所社会経済研究所主任研究員)
 【参加者(スタッフ含む)】 45人

馬場氏
e0024067_1843362.jpg



=====================
2月15日(日)
【会場】岡山国際交流センター研修室
――――――――――――――――
ワークショップ 市民意見の形成
 【時間】13:00~16:30
 【講師】傘木宏夫 氏 (NPO地域づくり工房代表理事)
 【参加者(スタッフ含む)】 32人

傘木氏
e0024067_1844922.jpg

ワークショップの様子
e0024067_18443637.jpg

グループ毎に発表
e0024067_18452362.jpg



=====================
2月21日(土)
 【集合・解散】林原モータープール

現地見学 海から見学アセスの現場
 【時間】集合13:00~解散17:00
 【案内】みずしま財団研究員 塩飽敏史 氏
     中川直巳氏((財)岡山県環境保全事業団水島管理事務所業務課 主査)
 【参加者(スタッフ含む)】 30人

参加者の自己紹介と講義に参加した感想を発表し共有
e0024067_1847680.jpg

船で、海上から水島コンビナート見学
e0024067_18495043.jpg

案内をする塩飽氏
e0024067_1850113.jpg

船内の様子
e0024067_18503840.jpg

瀬戸大橋の開通で騒音被害が問題になった集落
e0024067_185117.jpg

海上からみる水島コンビナート
e0024067_1851462.jpg

満杯になったゴミ処理場を埋立ててつくられたゴルフ場
e0024067_185217.jpg

説明する中川氏
e0024067_18522449.jpg

ゴミ処理場予定地を見学
e0024067_1853589.jpg



=====================
2月22日(日)
【会場】岡山国際交流センター会議室(1)

――――――――――――――――
講義③ 廃棄物処理場とアセス
 【時間】13:00~14:30
 【講師】田中勝 氏 (岡山大学大学院教授、株式会社廃棄物工学研究所代表)
 【参加者(スタッフ含む)】 42人

田中氏
e0024067_18541341.jpg



――――――――――――――――
講義④ 都市再開発とアセス
 【時間】14:40~16:20
 【講師】梶谷修 氏 (株式会社ポリテック・エイディディ常務取締役)
 【参加者(スタッフ含む)】 40人

梶谷氏
e0024067_18551598.jpg




講座終了後に修了式を行い、全回参加をした14名に修了証を渡しました。


=====================
今回、運営などにご協力を頂いた、環瀬戸内海会議の松本さんとみずしま財団の塩飽さんの感想を紹介します。

――――――――――――――――
環境アセスはアワスメントという認識がこれまでずっと、頭にこびりついていました。ダム建設問題、廃棄物処分場、ゴルフ場開発、原発建設、公有水面埋立て問題と、民間事業、公共事業に関らずこれまで関ってきた問題では、事業者は全てお手盛りのアセスに終始し開発を食い止める手立てにはなりませんでした。常に歯がゆい思いをさせられ通しでした。
今後もよほど住民がパワーを結集してしっかり取り組まなくては、開発の波には抗し切れないだろうと思っていました。アセス講座に参加させていただいて、環境アセス法により、少し光明が見えてきたのかなという認識を持てるようになったように思います。
 振り返ると、講座の最後に講師をされた傘木さんのお話を聞いて、環境アセスメントへの取り組みの方向性が、光明となったように思います。そこには、傘木さんのこれまでの取り組みでアセスへの住民のパワーの結集に心血を注いでこられた熱意が感じられたからなのだと思います。
 とはいえ、一方で九州環境管理協会の方のアセスの現場を踏まえた話からすれば、アセス自体極めて定量的なものにならざるを得ないのではないか、とすれば一定期間の一時期を捉えた「数値」が環境評価の基準になるのではないか。それがその地に暮らす住民の経験や実感といかにかけ離れないものにしていくにはどうすればよいのかという思いがつきまとうのが現実です。たぶん今後の課題として残る問題ではないかと思っています。
 1999年に環境影響評価法の施行で、環境影響評価方法書への意見書の提出ができることになったことは、恥ずかしながら全く知りませんでした。それ程に私ども環瀬戸内海会議が直面した「開発」現場は「アワスメント」が横行していたとしかいえません。むしろ、法制定・施行前に事業計画を許認可してしまっている「開発」計画と直面したといえましょう。当然、法の適用は施行以前の事業計画許認可には遡及しませんから。
 アセスメント講座に参加させてもらい、今後そして将来にわたって、アセス法が手立てとなって、アセス法に基づく意見書の書き方、方法書への意見書の提出には大いに学ばせてもらいました。
 しかし、課題は残っているように思います。なぜなら事業計画の策定のイニシアチブは事業者であり、計画策定の段階では住民の参加は現実のところ不可能であり、事業計画の概要すら公開されないのが現状です。計画段階にまで住民参加の保障し、あらゆるデータを公開した上での議論の場を担保していくことが、とりわけ「公共事業」を主導する自治体には求められていると思われてなりません。

環瀬戸内海会議事務局 松本宣崇

――――――――――――――――
環境アセスメント講座に参加して

 今回、「市民のための環境アセスメント講座」に参加して、印象に残ったのは、「アセスメントは、事業に反対したり、中止させるための手段ではなく、事業をより良いものにしていくための事業者と市民とのコミュニケーションツール」ということでした。
 確かに、これまでの大規模開発事業などでは、事業者側が一方的に計画を立て、周辺地域への影響はほとんど考慮されることなく進められ、そのために公害のように大きな社会問題や多くの被害者を出すことにつながったという歴史があります。それに対して、アセス法ができたことにより、少なくとも事業着工前に事業者と市民が意見交換をできる仕組みが整備されたことは、前進であると言えるでしょう。
 しかし、アセス法にもまだまだ課題は多く、最も大きな問題は、「まず事業ありき」でその中で環境への影響を評価するということ、そして評価するのが事業者であるということだと思います。講義の中でもありましたが、事業の計画段階から市民が参画し、環境への影響については第3者的な立場から分析をすることで、その事業の妥当性、環境への影響の大きさを評価し、ときには事業の中止・代替計画への変更も担保されてこそ初めてアセスメントの意義があると言えるのではないでしょうか。そのためにも、今年行われるというアセス法改正に向けたパブリックコメントの募集には、ぜひ意見を出したいと思いました。

みずしま財団 塩飽敏史
[PR]
by aozorafoundation | 2009-04-02 18:55 | 環境アセスメント

岡山アセスの現場・訪問記

アセス現場 岡山市御津町虎倉地区 
産業廃棄物処理施設計画の現場を行く


1月17日(土)、岡山市御津町虎倉地区の産業廃棄物処理施設計画の現場へ見学へ行きました。24.5haもの大規模な産業廃棄物の最終処分場が予定されています。

虎倉地区は谷間の小さな集落。ホタルが飛び交う美しい川、大野川も流れています。大野川は岡山三大河川、旭川の源流です。

e0024067_18373934.jpg
e0024067_1837551.jpg
e0024067_18381063.jpg


処理施設には丈夫なシートが張られるので廃棄しても浸透の危険がないというのが事業者側の言い分。未来永劫保障はできるものではないし、運搬するトラックを通すための道路建設による環境破壊も懸念されます。

e0024067_18392399.jpg

この山の先の谷が産廃施設計画地

計画地の他にも、既に産業廃棄物の処理場が周辺にはたくさんあります。処理場と言っても、谷へゴミを捨てているだけ。捨てても安全なゴミだと説明されても、心配は尽きません。

e0024067_18383320.jpg
e0024067_1838463.jpg



見学の後は、虎倉地区の集会場で住民約40人の方と昼食をとりながらの意見交換会。猪汁とおにぎりを準備してくださいました。

このままでは「産廃銀座」となってしまう、何とか未来に美しい環境を残したい・・・住民の方々の思いは切実です。

e0024067_18393786.jpg
e0024067_18394776.jpg



交流会の第2回 石井亨さんに
わが国最大の不法投棄事件、豊島事件の話を聞く

夜は、岡山開催に向けての実行委員(?)的な交流会の第2回が開催され、10人が集まりました。会場となった「喫茶ラグリマ」のおいしいコーヒーを頂きながらの交流会です。まず他己紹介をしてお互いに打ち解けた後、スペシャルゲストの石井亨さんに「わが国最大の不法投棄事件」豊島事件についてお話をしていただきました。

e0024067_184048.jpg


参加された方は、各地でアセスメントに関する仕事や活動をされている方が多く、それぞれが感じている、アセスの現状や課題について意見を出し合いました。環境教育、国の施策、歴史を伝える必要性、戦略的アセス・・・様々なキーワードが出されましたが、アセスメント講座を通じて学習し、議論を深めていきたいです。
[PR]
by aozorafoundation | 2009-01-30 18:41 | 環境アセスメント

「市民活動のためのアセスメント講座」岡山開催に向けての実行委員会(?)的な交流会

11月29日、岡山市の喫茶店ラグリマで開かれた「市民活動のためのアセスメント講座」岡山開催に向けての実行委員会(?)的な交流会には、NPOで活動する人、行政関係者、市会議員、環境問題に関心を持つ市民ら11人が参加。

2009年2月、岡山県で初の開催となる「市民活動のための環境アセスメント講座」(環境再生保全機構主催)に向けて交流しました。

ワークショップでは、環境への関心を自己紹介したあと、あおぞら財団の上田から、環境アセスメントとは、身近な環境をマップにする活動紹介などの話題提供。

「こんなマップを作ってみたい」を出し合い交流しました。

ワークショップの感想を紹介します。

=====================
環境アセスの実行委員会的交流会に参加して

「アセスメントの会・・・どんな会なんだろう?」とマリンライナーの中で不安半分、興味半分でしたが、いざ会場に着いてみると和気あいあいとした雰囲気でほっとしました。

自己紹介ではいろいろな立場の方がそれぞれの思いを持って参加されており、まず最初に思ったのは「アセスメントは様々な主体が関わるものなんだなぁ。」ということでした。

続いて行われたワークショップではアセスメントをとても分かり易く、身近に感じることができました。
「アセスメントをテーマにワークショップ」というと難解に聞こえますが、上田さんの進行に参加者の気持ちがどんどん引き出され、多くの意見を聞くことができました。

「アセスメント」は難しくてなかなか理解しずらいもののように思えます。
けれども今回参加して、アセスは私たちが社会生活を営んでいく上で避けては通れないもの、住民参加があって初めて生かされるものだということを痛感しました。
参加者の1人が「アセスメントはみんなが主役」とお話されていましたが、まさにその通りだと思います。(実は勢いで2月の講座に申し込みました!)

まだまだアセスメント初心者ですが、「もっと知りたい」と思える、そんな会に参加できたことに感謝しています。

=====================
e0024067_17235362.jpg
e0024067_17241132.jpg

[PR]
by aozorafoundation | 2008-12-09 17:24 | 環境アセスメント

市民活動のための「環境アセスメント講座」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
岡山初開催!
市民活動のための「環境アセスメント講座」
 ~アセスメント制度と市民の役割を考える~
  2009年2月14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)
   ■チラシ(PDF版) http://www.erca.go.jp/jfge/col/pdf/assh20_o.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 環境アセスメント制度とは、道路建設や発電所など大規模開発事業による
環境への影響を事前に調査、予測、評価をするとともに、市民とのコミュニケーションを
通じ、環境保全の観点からよりよい事業計画をつくり上げようとするしくみです。

この講座では、次の6点を大切にしています。
 ①制度のそもそも、市民の役割がわかる
 ②アセスの「いま」がわかる
 ③アセスの「実際」から学ぶ
 ④アセスの「現場」に立つ
 ⑤アセスを「体験」するワークショップ
 ⑥市民団体、NGO・NPO、参加者が元気になる

アセス制度が生まれて10年。市民の制度への理解と参加を広げるための連続講座です。

皆様ぜひご参加下さい。


■スケジュールとプログラム
--------------------------------------------------------------------
2月14日(土)開催 【会場】ピュアリティまきび2階会議室
------------------------------------
講義① 環境アセスメントと市民の役割
 【時間】13:00~15:00
 【講師】浅野 直人 氏 (福岡大学法学部教授)
 【報告】岡山県生活環境部環境政策課
------------------------------------
講義② 風力発電所計画とアセス
 【時間】15:10~16:40
 【講師】馬場 健司 氏 (財団法人電力中央研究所社会経済研究所主任研究員)

--------------------------------------------------------------------
2月15日(日)開催 【会場】岡山国際交流センター研修室
------------------------------------
ワークショップ 市民意見の形成
 【時間】13:00~16:30
 【講師】傘木 宏夫 氏 (NPO地域づくり工房代表理事)

--------------------------------------------------------------------
2月21日(土)開催 【集合・解散】林原モータープール
------------------------------------
現地見学 海から見学アセスの現場
 【時間】集合13:00~解散17:00
 【案内】みずしま財団

--------------------------------------------------------------------
2月22日(日)開催 【会場】岡山国際交流センター会議室(1)
------------------------------------ 
講義③ 廃棄物処理場とアセス
 【時間】13:00~14:30
 【講師】田中 勝 氏 (岡山大学大学院教授、株式会社廃棄物工学研究所代表)
------------------------------------
講義④ 都市再開発とアセス
 【時間】14:40~16:20
 【講師】梶谷 修 氏 (株式会社ポリテック・エイディディ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■受講料 1000円(全回通して)

■定員 30人(定員になり次第、締切)

■対象 NPO・NGO関係者、一般市民、学生、行政、企業関係者など

■問合せ・申込方法
 環瀬戸内海会議 (松本 宣嵩 宛て)
  TEL:090-3638-0187  FAX:086-243-2927
  〒700-0973 岡山市下中野318-114
  Eメール: webmaster@aozora.or.jp

次の事項を、ご連絡下さい。
  (個人に関する情報は、本講座開催の目的以外には使用いたしません。)
〈1〉氏名(ふりがな)
〈2〉住所 〒
〈3〉電話
〈4〉所属(職場、学校名等)
〈5〉参加する日程(原則全回参加。全日参加できる方を優先。)
  *【 】に○印をつけてください。
   ・2/14土 講座①【  】、講座②【  】
   ・2/15日 ワークショップ【  】
   ・2/21土 現地見学
   ・2/22日 講座③【 】、講座④【 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■主催 
 独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金
    http://www.erca.go.jp/jfge/
------------------------------------
■協力 
 みずしま財団 (財団法人 水島地域環境再生財団)
    http://www.mizushima-f.or.jp/ 
環瀬戸内海会議
 あおぞら財団 (財団法人 公害地域再生センター)
    http://www.aozora.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by aozorafoundation | 2008-11-28 16:02 | 環境アセスメント

九州地区のラジオ番組、出演(環境アセスメント講座)

九州初の「環境アセスメント講座」が、2/15金~17日、3日間開催されます。

広報もかねて、協力団体の門司の環境を考える会 会長 森下宏人さん、八記久美子さんと、あおぞら財団 上田が、FMKITAQ(九州地区)のラジオ番組「ガイアの風」に出演して、アセスメント講座についてお話をしました。

そのときのようすが、番組ブログ「ガイアの風 ラジオ番組の舞台裏」にも紹介されています。

ガイアの風 ラジオ番組の舞台裏 HP

門司の環境を守る会の取り組みなども紹介されています。

みなさんどうぞ、ご覧ください。
[PR]
by aozorafoundation | 2008-02-01 16:42 | 環境アセスメント