カテゴリ:環境フロンティア講座( 15 )

第3期環境フロンティア講座(4回)を行ないました

12月17日(金)東京農業大学の元学長の進士五十八先生を講師にお迎えし、
「都市にみどりはなぜ必要か」というテーマでお話していただきました。

これまでの3回の講座で、景観や生物多様性、それから農地についてお話していただきましたが、今回はその総まとめのようなお話になりました。
e0024067_21174977.jpg

進士先生が東京や他の地域で取組んでいることも紹介していただきました。
横浜にはみどり税というのがあるそうです。ご存知でしたか?
1人あたり年間900円支払っていて、使い道は協議会で決めるそうですが、
主に緑地や農地を買うんだそうです。それはきちんと決めて使って欲しいですね。


進士先生曰く、“みどり”というのは手段なのだということ、
“緑化”というのは灰色の土地をみどりいろに化かすという言葉で、
本来、緑化するのが目的ではなく、良い環境・風景にするのが目的なはずで、
手段が目的になってしまっているとのこと。

言われてみると、緑化してあると“良い”とすぐ思ってしまいがちですが、
本来、それによりどのような環境・風景になったのか、ということが大切なんだった、と気づかされました。
サボテンとか多肉植物を植えても、見た目が緑なだけで、水分は蓄えちゃうので
地球温暖化・環境問題に関して言えば効果は殆どないのだそう。
確かに、見た目に癒されるぐらいですかね。(それも大事でしょうが)

それから、知性・理屈だけではなく、感性で、物の価値に気づく必要があるし、
知性と感性のトータルバランスがとれた考え方をする必要がある。
風景を感じるということ、住んでる人が自分たちの風景を大切にすることが大事なのだとお話されました。

風景を感じるというのはなんだか難しそうではありますが、
大阪らしい風景ってどんなのでしょうか。みなさんはどう思いますか?

お話を聞いてて面白いなぁと思ったのは、砂漠の緑化のお話。
砂漠の緑化のために石油燃料を使って水を作り、その水でみどりを育てるという計画があるらしいのですが、それではあまり意味がないので、先生たちは砂漠に石を置いておき、そうすると朝に石が結露するので水が出来る。その石の下に種をまくことでその水を利用し植物を育てる、という取り組みを行なっているそうです。

すごい最小限のエネルギーで出来る取り組みですよね。なるほどなぁと思いました。

ただ、今は何にでもエコがつく、ビジネスにまで。
そのせいで余計なエネルギーまで費やしている。

そんな問題点も提起されました。

最後に進士先生から、
家の前のプランターの花からでもなんでもいいから始めて、ちょっとずつ、都市そして地球社会へと視野を広げていって欲しい。どういう形であれ自分の持つ能力を生かして環境と関わり、意味を持って生きていって欲しい。
とメッセージをいただきました。

予定していた時間では先生も話足りないっ、受講生ももっと聴きたいっといった
盛りだくさんの内容で、あっと言う間に時間が過ぎました。
書ききれないこともたくさんあります。
また進士先生には大阪まで来ていただき、お話していただけたら嬉しいです。


参加者の感想(一部抜粋)

・理論より行動を重視したお話しは参考になりました。
数字を重視する余り、現実を見れない話しは面白い。

・まず考えるということではなく、行動ということの重要性を語られていて本当にそうだなぁ、と感じれたことは良かったです。

・都市に緑が必要と言える、その必要性を知ってもらうための方法は感性をみがく=体験しかない、ということが確認できた。
しかし、行動力につなげるむずかしさも感じた。

講座の最後には、村松塾長から第3期の講座を4回とも受講された方に修了証をお渡しいたしました。
e0024067_2118219.jpg
みなさんご参加ありがとうございました&お疲れさまでした。

次回第4期はまた3月、4月頃から始める予定です。
次回は実践編、実際に実際にみなさんが、色んな方々と環境問題に取組む時に、
役立つスキルをご提供できればと考えています。

乞うご期待!
[PR]
by aozorafoundation | 2011-01-20 21:38 | 環境フロンティア講座

第3期環境フロンティア講座(第3回)を開催しました

12月3日(金)に第3期環境フロンティア講座の第3回を開催しました

第3回目は「都市と農村のあり方~都市に農地は必要か~」というテーマで、
神戸大学大学院 農学研究科 地域連携センター 地域連携研究員の
内平隆之先生にお話していただきました

みなさんは「都市に農地は必要」だと思いますか?
この日の受講生は30人ほど。そのうち、”NO”と答えた方が5名いました
e0024067_18484416.jpg

では、ちょっと考えてみましょう、ということで、以下の内容でお話していただきました

1.都市(マチ)と農村(ムラ)の関係
2.都市農地不要論
3.都市農地必要論
4.課題と展望

聞いていて面白かったのは、都市農地不要論。
虫の発生や騒音、異臭や景観問題など、農家の方も色々悩みながら農業をしているんだなぁと思いました
かつ、
生物多様性に大きな貢献をしているといわれている水田(稲作)では特に儲からないらしく、
自給の分として農業をしている方が多いということでした。(食べれない分は廃棄したりもするそうです)
なので、大阪は食料自給率は2%と言われていますが、実際大阪にある農地が作った農作物を市場に流せば、2%ということはないのでは、ということを言っておられました。

そういえば我が家の横にも水田がありますが、おそらくご自宅分しか作っていないのだろうなぁと思いました
と、なってくると、一言で”農地”と言っていると、マズイのではないかと感じました

私はなぜ、農地が必要だと考えるのか、そこをはっきりさせないといけないなと思いました

そこで、都市農地必要論の話です
先ほども出ましたが、一つは生物多様性の問題
それからやっぱり、近くで採れたものを旬の時期に食べるということは大切(権利としても挙げられていました)
それから防災などの機能やヒートアイランドの緩和などなど 農地には様々な役割があるんですね

ただ、今挙げた必要な面での役割は、広く一般に対するものが多いので、その部分をモチベーションとして、どれだけの農家さんが農業を続けようと思う原動力になるのか、ということは問題だと思いました

e0024067_1850585.jpg

そこで先生からも問いかけられたのが、「あなたは援農をしますか?」ということ
やはりこれからは”援農”がないと、農家の方もしんどいのではないでしょうか

では、私たちに出来る”援農”とは?
ある人は実際に農地に行って作業を手伝う、
またある人は、地元産の野菜をなるべく買うようにする、色々あるかと思います

生物多様性やヒートアイランド、防災の点で見れば、小さめの農地で自給分だったとしても、そういったものが増えるのはいいこと。
だけど、食料供給の問題で言えば、もう少し大きい農地で、一定量を確保できる農家・農地が必要。
この両者に対しての支援は、決して同じではないのでは?
やはり私はなぜ、農地が必要だと考えるのか、そこをはっきりさせないといけないなと思いました

今回は時間がなかったので無理でしたが、”都市に農地は必要ない”と答えた5名の方に、
色々お話を聞きたかったです

受講生からの質問(一部)
・ファーマーズマーケットを自分たちの町に呼ぶにはどうすればいいのか
・援農は実際の作業以外にはどんなものがあるのか
・行政が埋め立てたところを農地へ貸し出したり出来るのか


受講生の感想(一部)
・非常に面白かった。地域の農地を残したければ、地域住民が動くべきやということ、その通りやと思いました。
農家と地域住民のネットワーク作りが大事やと思います。どう動くべきか・・・考えさせられました。
・農地を周囲の目からどう見ているかや、農地の多面的な機能整理されていてよかった。農家の意欲や意義がどうか、社会としてのあるべき論も知りたかった。
・とてもおもしろかったです。
都市計画を学ぶ学生ですが、農地に関しては学ぶことは無かったので、とても勉強になりました。自分でもいろいろ勉強をはじめてみたいと思います。


次回(最終回)は12月17日(金)19:00~20:30
「まちに緑はなぜ必要か~都市の中の自然の重要性・役割~」というテーマで、
東京農業大学名誉教授・前学長の進士五十八先生にお話していただきます

最終回だけの受講も大丈夫ですので、みなさんぜひお越し下さい
[PR]
by aozorafoundation | 2010-12-10 18:54 | 環境フロンティア講座

第3期環境フロンティア講座(第2回)を開催しました

11月12日(金)に第3期環境フロンティア講座の第2回目
生物多様性・自然環境の危機~あなたは何をすべき?~」を、
大阪自然環境保全協会事務局長の岡秀郎先生を講師にお迎えしてお話していただきました

まず最初に、よく聞く言葉ですが「生物多様性」という言葉を説明できる人?
という質問が先生から出され、参加者に手を挙げていただきましたが、
皆さんなんとなく自信なさげで、はっきり手を挙げた方は2人ほどでした
言われてみれば、なんとなくは解っているけど…はっきり説明はできないなと思いました

その後は日本や大阪の自然についてのクイズが出されました
意外と緑の量は知らないものです
なかでも日本の森林は60~90%ですが自然植生のものは国土の20%で、残りは人工林だそうです
e0024067_15371238.jpg


今起こっている生物多様性の危機というのは、大きく分けて4つあり、
①開発や乱獲
②人的かく乱の縮小・放置や経済的価値の減少…森林の荒廃
③移入種、化学物質汚染
④地球温暖化

が挙げられるそうです

私がお話を伺っていて特に印象に残っているのは
②放置の問題
昔からずっと使われてきた里山や林が今はほったらかしにされていて、
はた目には木は増えているように見えても、多様性は減って単純化しているということ
適度に人の手が入って、太陽光なども入って、の方が様々な動植物が暮らせるということ
木があるだけでは自然豊かとは言わないんだということを知って驚きました

ということは、普段私達が生活しているところはどうなんだろうか
みどりはあるように思っていたけど…
その「質」までは考えたことがないということに気づかされました

他にも、アライグマなどの移入種の問題などもお話していただきました
アライグマ、可愛く見えて強いんですね


◆参加者からの質問◆
・ナラ枯れが大阪の方まで来だしているが、どういう分布でおしよせているのか
・市民やNPOなどの協働による取り組みについて、例えばどのようなものがあるのか
・繁殖力の強い竹林を刈ったとして、その後他の種が勝手に生えてくるものなのか
・自然に対して手を加えることはいけないのではという意見もあるがどう考えるか
・材木自給率や食料自給率を大阪でどう上げていくか
などなど、たくさんの質問が出されました

◆参加者の感想(一部)◆
・人が森林に手を加えることの大切さがわかりました。 
 「環境林」という言葉、またしらべてみようと思います。
・大阪府内の内容について、詳細に説明していただき、楽しい、面白い内容でした。
・自分が思っていたよりも環境、森が危機的な状況にあることが分かり、ショックでした。
 でも、だまっていても悪化するばかりなので、自分ができることを考え、行動に移したいと思いました。
・生物多様性基本法がいかに他の法律に反映されるべきか教えてほしいです。

e0024067_15374754.jpg

里山の放置など、社会的な背景なども複雑に絡んで起こる問題もたくさんありますが、
私達にできることは何なんだろうと考える良いきっかけになりました
まずは、近所の公園などの自然を見直すところから始めたいです


次回の環境フロンティア講座(第3回目)は12月3日(金)19:00~20:30 
ドーンセンター5階セミナー室2
都市と農村のあり方~都市に農地は必要か~」を
内平隆之先生(神戸大学大学院 農学研究科 地域連携センター 地域連携研究員)を講師にお招きしてお話していただきます

食料自給率2%の大阪に農地を作ることは必要なのか、
必要だとすれば何が障害となっているのか
などをお話していただきます

みなさん是非ご参加下さい☆
[PR]
by aozorafoundation | 2010-11-24 15:52 | 環境フロンティア講座

第3期環境フロンティア講座始まる!

今年から始まった環境フロンティア講座の第3期「都市における”みどり”と私たち」が
スタートしました。
第1回目は「まちの景観~地域の生活文化と歴史の持続から~」というテーマで、大阪大学工学研究科准教授の小浦久子先生にお話していただきました。(10月29日金)

お話は「景観とは何か」というところから始まりました。
・景観は人間をとりまく環境のながめ
・「見える環境」はいいかえれば景観 とのこと

漠然と、目に見えるもの・私たちを取りまくものすべてが景観であると思っていましたが、
私たちを取りまく環境が目に見える形となって現れているものが、景観なんだということ。
また、「風景」というものの概念自体が、近年(といっても17世紀ですが)発見されたものだということも驚きでした。
風景には、地域の特性が現れている、
逆に言えば、その景観に地域性を見出すことが出来れば、
その土地にあった”まちづくり”というものを考える一歩を
踏み出すことができるのではと感じました。

また景観計画と都市計画をいかに連動させるか、またその重要性なども
お話いただきました。

e0024067_2040685.jpg

会場からは、
・景観法に強制力はあるのか
・住民の思いを行政・まちづくりに生かすにはどうすればよいのか
・まちづくりと連動して景観計画をつくった具体的な例はあるのか

などなどの質問が出されました。

e0024067_20402612.jpg

<参加者の感想>(一部)
・歴史やみどりだけでなく、身近な生活に密着したものが景観ということを改めて感じた。
・今、良いと思うのは、50.100年前につくられたもので、現在のものは、そのように先見しているのかの問いかけに印象が残った。
・身近な環境を対象とする、意識化するというところがおもしろかった。景観計画をまちづくりに活かしていくことが大事だと思いました。大阪には計画的歴史都市のなごりが京都よりあると知って驚きました。

次回は11月12日(金)19:00~20:30
「生物多様性・自然環境の危機~あなたは何をすべき?~」を
大阪自然環境保全協会 事務局長の岡秀郎氏を講師にお迎えして開催します
(会場:ドーンセンター)

みなさまのご参加お待ちしています
[PR]
by aozorafoundation | 2010-11-04 17:38 | 環境フロンティア講座

☆第3期環境フロンティア講座受講生募集中です☆

あおぞら財団で企画をしている、環境フロンティア講座第3期をご案内します。
「都市における”みどり”と私たち」というテーマで4回開催します。

【転送歓迎】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 環境フロンティア講座
《第3期》
 都市における”みどり”と私たち
--------------------------------
 主催:(財)公害地域再生センター(愛称:あおぞら財団)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10月11日から名古屋で、「生物多様性条約締結国会議(COP10)」が始まりました。
環境問題が叫ばれて久しい今日、実際の私たちの生活を取りまく自然環境はどうなっている
のか、身近な都市において、"みどり"はどのような役割を果たしているのか、また私たちはど
のように"みどり"と関わり、再生していったらよいのか、ご一緒に学び、考えませんか?
 環境フロンティア講座(第3期)では、「都市における"みどり"と私たち」と題して生物多様
性や自然環境の大切さを、私たちに身近なみどりに視点をあてながら考えていきます。

環境問題に関心がある方、仕事で環境問題に関わっている方、その他ちょっと聞いてみようかな…などなど少しでも興味をもたれた方、みなさまのご参加を心よりお待ちしています。

■日程と内容

○第1回:10月29日(金)
 「まちの景観~地域の生活文化と歴史の持続から~」
 小浦 久子 先生(大阪大学工学研究科地球総合工学専攻准教授)

○第2回:11月12日(金) 
 「生物多様性・自然環境の危機~あなたは何をすべき?~」
 岡 秀郎 先生(大阪自然環境保全協会事務局長) 

○第3回:12月 3日(金) 
 「都市と農村のあり方~都市に農地は必要か~」
 内平 隆之 先生(神戸大学大学院農学研究科地域連携センター 地域連携研究員)

○第4回:12月17日(金) 
 「まちに緑はなぜ必要か~都市の中の自然の重要性・役割~」
 進士 五十八 先生(東京農業大学名誉教授/前学長)

[時間]
 各回19時~20時30分(受付開始18時30分)

[資料代]
 1期4回/4000円(1回1000円)、学生2000円(1回500円)

[会場]
 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)5階セミナー室(2) TEL 06-6910-8500
 ☆アクセス http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
 ☆地下鉄谷町線「天満橋」駅下車。1番出口より東へ約350m。

*過去の環境フロンティア講座の様子はこちら
 
■参加申込みについて
☆どなたでもご参加いただけます。
☆末尾の参加申込事項をメールまたはFAXにて事務局までお申し込み下さい。

[定員]
 50名(先着順)
 ☆1期4回を通しての受講を原則としますが、各回ごとの参加も可能です。
   
■参加申込事項
①参加講座:全4回 第1回 第2回  第3回  第4回
(参加を希望される講座のみ記載して下さい)
②氏名(よみがな) ③住所 ④所属 ⑤電話 ⑥FAX ⑦E-mail
* お申し込みいただいた方には受付完了のご連絡を差し上げますので、連絡先も忘れずにご記入下さい。また、申し込み後、変更がありましたらご連絡下さい。
■主催/申込・問合わせ先(財)公害地域再生センター(愛称:あおぞら財団)
〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1-1-1 あおぞらビル4階
TEL:06-6475-8885  FAX:06-6478-5885 E-mail: webmaster@aozora.or.jp 
担当:眞鍋・北中

チラシはこちらから
[PR]
by aozorafoundation | 2010-09-27 16:10 | 環境フロンティア講座

環境フロンティア講座2期 第4回目 「顔の見えるネットワークづくり」

 環境フロンティア講座第Ⅱ期
―実践編―市民参加の実践例から学ぶ!私からはじめる環境活動
第4回
「顔が見えるネットワークづくり」
講師:高田 研先生(都留文科大学教授 あおぞら財団理事)
7月16日(金)に開催しました。(参加者19名)

e0024067_10504473.jpg


岩手県の葛巻町の話を中心に、「顔の見えるネットワークづくり」について話がありました。
葛巻は、今でこそ自然エネルギーの町として有名になっていますが、「日本のチベット」と言われていた時代があります。

今回は、その自然エネルギーの町としての葛巻ではなく、表立っては見えない、歴史ある生活文化が残っている上外川地区のお話が中心でした。

モノとカネだけを追い求める生活を立て替えて、風土に根ざした原日本人の心根、魂の世界をまもり、築き上げる必要があると認識し、単に観光やレクリエーションンの場としてではなく、大自然の偉大さ、山林の役割を大自然に抱かれながら生きる生き方を学習する場とし、この厳しい台地の中に息づいたきた先人の生き方を学ぶ必要がある。との久慈 力 氏の話が現実のものになってきたということでした。

今こそ、価値がないものを見ないのではなく、再評価する作業が必要ということでした。

参加者の声
再評価が大切というだけではなく、市民による再評価が大切なんだと分かりました。
価値がないもの(現在不明なものも含む)を、見ないのではなく、再評価してみるということをしてみたいと思う。
都市計画、土木から見たまちづくりではなく、他の分野からみたまちづくりは、興味深かった。他にも、地理学などの様々な分野の先生方のお話を聞きたいと思う。

などの声がありました。

関連サイト
都留フィールドミュージアム

第二期は、この4回目で終了となりました。
次回、第三期 理論編 10月から開催の予定です。


あおぞら財団スタッフ
山本 元
[PR]
by aozorafoundation | 2010-08-05 10:19 | 環境フロンティア講座

環境フロンティア講座2期第3回目 「まちの資源を活かして市民が進めるまちづくり」

環境フロンティア講座第Ⅱ期
―実践編―市民参加の実践例から学ぶ!私からはじめる環境活動
第3回
「まちの資源を活かして市民が進めるまちづくり」
講師:西村 仁志(同志社大学政策部・大学院総合政策科 准教授)
7月2日(金)に開催しました。(参加者22名)

e0024067_120767.jpg

西村先生は、YMCAの活動をしているうちに、環境教育というウィルス??が頭に入ったそうで、80年代末~90年代初頭の環境教育の波がやってきた際に、日本の環境教育を実体化していかなければならないと感じ、YMCAを退職され個人事務所を開設されました。

主に、同志社だいがく大学院総合政策科学研究科ソーシャルイノベーション研究コースにおける取組で、学外社会実験施設(京町屋、農家)など持続可能な社会を形成するための実践拠点のお話が中心でした。

集中講義「自立・自給型生活論」では、長崎県の五島で自給率90%の暮らしを実践している方から、味噌・醤油・どぶろく・芋焼酎・ビール・納豆の6つを実際に作る実習で、お金で買う→自分でつくる暮らしの体験などが行われています。

また、地域の休耕田を耕作して野菜作りや、自然を満喫できるあそびの達人教室、食育ファームin大原、町屋でネイル講座など、楽しい事例の紹介がありました。

参加者の方からは、先生の取り組みの具体例があったので分かりやすかった。
楽しそうで、社会への関わり方が見えてきたような気がする。
という声がありました。

関連サイト
食育ファームin大原
環境教育事務所カラーズ
京町屋 さいりん館

あおぞら財団スタッフ
山本 元
[PR]
by aozorafoundation | 2010-08-04 17:36 | 環境フロンティア講座

環境フロンティア講座2期2回目 「市民が取り組む水辺の再生」

 環境フロンティア講座第Ⅱ期
―実践編―市民参加の実践例から学ぶ!私からはじめる環境活動
第2回
「市民が取り組む水辺の再生」
講師:中西 敬先生(NPO法人「人と自然とまちづくりと」副代表理事)
6月18日(金)に開催しました。(参加者23名)

中西先生は、水辺の再生についての取組み、特に「海」が抱えている問題点を人間の体に例えるとメタボであること、海の信号は青も危険ということを教えていただきました。

e0024067_17312751.jpg


冒頭に、中西先生からクイズがありました。

水道が2
灘が7
ワンが2
せとが1

いったいなんでしょうか??
これは、瀬戸内海に位置する水道、灘、湾、瀬戸の数です。
陸は、明確な住所が存在するが、海は明確な住所が存在しない。海は、公共財でありながら、人々の意識が薄く、海の環境について取り組めていないので、海の現状を知ってほしいということから始まりました。

また、赤潮、青潮などが発生する仕組みを分かりやすく教えていただきました。
昔は工場排水が海の富栄養化を引き起こす原因だったが、現在では一般家庭の排水が富栄養化を引き起こす主な原因となっているそうです。

下水処理場の整備は進み、家庭でジャブジャブ流して大丈夫♪と思いきや、下水処理場でも窒素を完全には除去していない状態で川から海へ流れているそうで、海は窒素過多になっているとのことでした。

その現状を知り。会場からは、日常の生活から見直すことで海の環境を守っていきたいなどの意見もありました。

次回は、第3回
「まちの資源を活かして市民が進めるまちづくり」
講師:西村 仁志先生(同志社大学政策学部・大学院総合政策科学研究科 准教授)
7月2日(金)19:00~20:30
キャンパスポート大阪(大阪駅前第2ビル4階)

ぜひ、ご参加ください。

あおぞら財団スタッフ
山本 元
[PR]
by aozorafoundation | 2010-06-21 17:31 | 環境フロンティア講座

環境フロンティア講座

 環境フロンティア講座第Ⅱ期
―実践編―市民参加の実践例から学ぶ!私からはじめる環境活動
第1回
「市民から始める交通まちづくり」
講師:松村 暢彦先生(大阪大学大学院工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻)
6月11日(金)に開催しました。(参加者23名)
e0024067_13421779.jpg


 今年、1月から3月にかけて開催された環境フロンティア講座、理論編に続く実践編が始まりました。
 松村先生は、交通における社会的ジレンマを解決するためのアプローチについて、これまで取り組んでこられた事例を引きながら教えてくださいました。

 「そこに住む人に、自分の地域が良くなったと言ってもらえる仕組みを作らなければ取組は続かない、交通においてもそれは重要なことである。一人ひとりのモビリティを社会全体で良い方向へ導く為にはコミュニケーションが重要な役割を果たす。」など、交通まちづくりとは、まず地元の人や土地に関わることが大切なのだと教わりました。

 「人間の最大の武器は信頼と習慣」、自分の意識と行動を変えること、それを共有し行動することの意です。まずは自分の意識を変えることから始めていきたいと思います。

会場からは、行政の担当者にも、この講習を受けてもらいたい等の声が上がりました。

その後の懇親会では松村先生のご家族の話題など、普段では伺えない貴重なお話を伺いました。


第2回
「市民が取り組む水辺の再生」
講師:中西 敬先生(NPO法人「人と自然とまちづくりと」副代表理事)
6月18日(金)19:00~20:30
大阪市立生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)

ぜひ、ご参加ください。
(森井)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-06-16 13:44 | 環境フロンティア講座

第2期環境フロンティア講座参加者募集!!

第1期が好評に終わった環境フロンティア講座の第2期が6月から始まります!
第1期の内容はこちら

第2期は実践編です
市民の中に入って活動されている多彩な顔ぶれの先生方のお話から、
自分達に出来ること…考えてみませんか?
第1期は参加しなかったけど、今回は参加してみようかなという方、
また、第1期に引き続き第2期も参加したい!という方、みなさん大歓迎です!
第1期では定員を30名としていましたが、第2期は50名にしました
たくさんの方に受講していただきたいと思いますので、みなさんどしどしご応募下さいね
お知り合いの方にも是非声をおかけ下さい

第2期環境フロンティア講座  ※全日程金曜日の開講になっていますのでご注意下さい
◆第1回 6月11日(金)19:00-20:30
 「市民から始める交通まちづくり」
 松村暢彦先生(大阪大学大学院工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻)

◆第2回 6月18日(金)19:00-20:30
 「市民が取り組む水辺の再生」
 中西敬先生(NPO法人 人と自然とまちづくりと 副理事長)

◆第3回 7月 2日(金)19:00-20:30
 「まちの資源を活かして市民が進めるまちづくり」
 西村仁志先生(同志社大学政策学部・大学院総合政策科学研究科 准教授)

◆第4回 7月16日(金)19:00-20:30
 「顔の見えるネットワークづくり」
 高田研先生(都留文科大学教授 あおぞら財団理事)

e0024067_13365297.jpg
e0024067_1337599.jpg


受講ご希望の方は上記用紙に必要事項を記入してFAXかメールでお申込みください
お申込みいただいた方にはこちらから確認のご連絡を差し上げます


みなさんのご応募お待ちしています☆ ( 担当:眞鍋)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-05-13 13:53 | 環境フロンティア講座