カテゴリ:Green(環境住宅研究会)( 3 )

第2回西淀川から住まいと暮らしを考える環境住宅研究会を開きました!

第2回西淀川から住まいと暮らしを考える環境住宅研究会を開きました。
e0024067_12213249.jpg

 
日 時:2011年4月14日(木)、18:30~21:00
場 所:地域交流スペース「あおぞらイコバ」
参加者:13人  

まず4月10日に行われた豊崎長屋見学会の様子を写真などを交えながら振り返りました。
今回は山本博工務店から山本容子さんが参加されたので、細かい説明も入りながらの振り返りになりました。
e0024067_12213590.jpg

豊崎長屋の事例をどう西淀川のまちに活かすのかについて議論がなされ、これからの取り組みに関する意見が出されました。

次に研究会のメンバーであり、建築資材を扱う(株)樫野に努めている貞方さんの方から、(株)樫野が取り扱う環境に配慮した漆喰の紹介がありました。
この漆喰は〈カシヌール〉という商品で、消石灰でできており消臭効果が大きく、住宅施工において乾式施工できるものでした。ローラー塗りで簡単施工でき、施工実績としてもお城やグループホーム、幼稚園などにも使われているものでした。
e0024067_12213766.jpg

実物を触ったりして、カシヌールを体感しました。
e0024067_12214070.jpg


そして研究会のこれからについて話し合いました。
この研究会の最終目標は「西淀で家を建てる!!」ということを確認し、そのためにまず西淀川の現状やイメージなどについて意見を出し合いました。工場がなくなり分譲地が増え、一戸建て、マンションが増加したことで人口も増えているということでした。
e0024067_12214380.jpg


東日本大震災を受けて、東南海地震対策は考える必要があるという意見が挙がりました。

次回5月22日(日)は実際にまち歩きをし、西淀川のまち並みを見るということで、姫島と福を重点的にまわることになりました。
e0024067_1221456.jpg

参加者の姫島へのイメージとしては
・居酒屋が多い地域
・旧街道があり、お寺が多い
・道がごちゃごちゃしていて迷う
・建て直しが始まっている
・淀川沿い:工場が多い。ニオイが気になる。堤防改修中

というものが挙がり、次回のまち歩きをするポイントになると思います。

最後に参加者の戸田さんから「環境配慮的な建築-若手建築家アンケート集計」の報告を受けました。
「女性は男性に比べ環境意識が高い」「設計では環境意識は高いが、実生活では取り組み意識は低い」などの結果が出ていました。

最後に「西淀川から住まいと暮らしを考える環境住宅研究会」のグループ名が決定しました!!
グループ名は「Green(Good renovation for ee(ええ)Nishiyodogawa)」になりました。
e0024067_12212926.jpg


Greenは今後も住みよい西淀川を目指して活動していきます。

次回の「Green」会議は、5月22日(日)、9時30分からまち歩きをします。
集合場所は阪神姫島駅改札前です。



相澤翔平
[PR]
by aozorafoundation | 2011-04-18 12:27 | Green(環境住宅研究会)

豊崎長屋の見学会に行ってきました

4月10日13時半から環境住宅研究会で、大阪市北区にあります豊崎長屋の見学会に行ってきました。
e0024067_10284418.jpg

豊崎長屋とは築80年以上の長屋群で、2007年から改修・耐震補強プロジェクトが行われてる長屋で、主屋・銀舎長屋、東長屋と西長屋から合計5つの住戸を中心に改修・耐震補強されています。約3.6mの路地空間を挟んで建ち並ぶ長屋群は、登録有形文化財にも登録された家屋も含まれており、長屋文化を使いながら残すという試みがなされている場所です。
e0024067_10285424.jpg

e0024067_10282191.jpg

今回はそんな豊崎長屋の改修等の様子を見られるということで、環境住宅研究会から7名(財団職員3名)が見学会に参加しました。今回の見学会は山本博工務店(http://himawari-home.com/index.html)主催で行われ、参加者は20名ほどでした。

大阪の一等地に時代のギャップを感じる長屋風景があります。
e0024067_10285669.jpg

e0024067_10285998.jpg

高層マンションが後ろにそびえ立つ、おもしろい情景が見られました。

改修の最中の長屋では、長屋の歴史が感じられ、この長屋が生まれ変わるのかと思うとわくわくしました。
e0024067_1028523.jpg

e0024067_10284911.jpg


実際に改修された長屋で、工事の様子などのスライドショーを見て、今回の見学会は終了しました。
e0024067_10284715.jpg


今後環境住宅を考える上で非常に参考になる取り組みでした。
少し歩けば豊崎長屋のような魅力に溢れる古いまち並みがまだあるのではないでしょうか?
e0024067_10352110.jpg


今回の見学会の様子は山本博工務店のブログ(http://blog.livedoor.jp/himawarihome88/archives/65673552.html)にも掲載されていますので、ご覧ください。



(研究員 相澤翔平)
[PR]
by aozorafoundation | 2011-04-12 10:37 | Green(環境住宅研究会)

Greenプロジェクト・スタート

3月14日(月)に、「西淀川から住まいと暮らしを考える環境住宅研究会(第一回)」を開催しました(10名参加)。
区内には、緑豊かな大野川緑陰道路、歴史ある神社、味わい深い路地のある街並み、いろんなモノづくりの工場など魅力的な空間がたくさんあります。
一方で、近年は、工場が移転し、その跡地がマンションや一戸建群に変わり、見慣れた風景があっという間に変わってきています。
また、昨年、地域交流スペース「あおぞらイコバ」を近所の方や学生さんに協力してもらいながら、セルフビルド(自力建設)でつくりました。
そのつながりの中で、改めて、住まいやまちの変化を読み解きながら、「西淀川らしい環境と住まい方」を考えてみようということになったわけです。

第一回ということで、まずはメンバーの顔合わせ。なんの会議がよく分らないうちに参加した方が大半です。互いに、これまでの住宅や建築との関わりなどについて語っていただきました。出てきたキーワードは、長屋、お年寄り、学生、減築、太陽光発電、庭・緑化、自力建設、木造、西淀川での住まい歴、家を買う、環境って何?など。
e0024067_18395347.jpg

ついで、代表の松富謙一さん(CASE/まちづくり研究所※1)が、これまでの経験をもとに、コーポラティブ住宅について報告されました。いろんな人が集まって共同で家を建てるそうで、そのメリットやデメリットを話してもらい、出来上がった素敵な住宅の写真も見せていただきました。
e0024067_1840997.jpg

続いて、姫島在住の戸田都生男さん(戸田環境企画研究所主宰※2)から、木匠塾の活動について報告いただきました。建築系の学生を中心に、各地の林業地域(川上村・六甲山・美山など)で林業体験や建築制作などを行い、木や山について学ぶとともに、山村の方々との交流なども行っておられます。お薦めの本も紹介してもらいました。

最後に、今後について意見交換しました。実態把握調査や住まい方についての聞き取りをして、研究会も定期的に開きつつ、まち歩きのイベント・講演会などをやりつつ、将来的には事業を立ち上げたいな、ということになりました。

ちなみに、このプロジェクトはGreenプロジェクトと名づけました。英語の頭文字をつなぎあわせていますが、さて何でしょうか?
ぼちぼちやっていきたいと思いますが、参加者募集してます。興味のある方、是非どうぞ。

※1CASE/まちづくり研究所
※2戸田都生男さんブログ
[PR]
by aozorafoundation | 2011-03-25 18:40 | Green(環境住宅研究会)