カテゴリ:にしよどnote( 28 )

第14回道路連絡会が行われました

日時:2010年11月2日(火)14:00-16:00
場所:西淀川区民ホール
参加人数:98名

 11月2日に、西淀川地区道路沿道環境に関する連絡会(第14回)が行われました。

 道路連絡会は、大阪・西淀川公害裁判において、原告(公害病患者ら)・国・公団との間に交わされた和解条項に基づいて設置されました。原告である公害病患者らは地裁判決で勝訴した際の損害賠償金を放棄しました。その代わりに、国は西淀川区の道路環境対策を約束し、道路連絡会はその具体的な意見交換の場として設置されました。西淀川地域の道路における環境施策の円滑かつ効率的な実施に資することを目的とし、国土交通省近畿地方整備局、阪神高速道路公団、原告団との間で開催されています。

e0024067_10182571.jpg

写真 道路連絡会の様子


 まず、国土交通省近畿地方整備局から、国土交通省および阪神高速道路株式会社が西淀川区において取り組んでいる環境対策について資料説明がありました。

 次に、あおぞら財団の藤江から、原告からの提案として、「大型車と交通量の削減」、「歩行者・自転車にやさしい沿道対策・交通環境対策」、「PM2.5の環境基準設定の早期達成に向けた対策」、「歌島橋交差点の提案 歩車分離型のスクランブル交差点など」を説明しました。

 また、患者会の岡崎さん、酒井さんから、ぜん息患者の苦痛や未認定患者の困難な現状を訴え、交通量・大型車混入率の改善やPM2.5 の削減、歌島橋交差点の横断歩道の再設置など西淀川の環境改善を要求しました。

 その後の意見交換では、国土交通省側からは、現状の対策を継続していくとの返答のみで、環境ロードプライシングのさらなる拡充や歌島橋交差点のスクランブル交差点化などに対する具体的な返答はもらえませんでした。

 あおぞら財団および患者会は、この意見交換を連絡会の場だけで終わらすのではなく、西淀川地域の道路沿道環境の改善に具体的につなげるために、国土交通省との交渉を継続して行く予定です。

参考:
道路連絡会 資料(あおぞら財団ホームページ)
歌島橋交差点の横断歩道が消えた!(あおぞら財団blog 2009年5月8日)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-11-09 17:41 | にしよどnote

西淀川道路連絡会がおこなわれます

早く梅雨が明けないかなと思う今日このごろ
夏が待ち遠しいですね

さて、来る7月30日に
西淀川道路沿道環境に関する連絡会がおこなわれます
年に1度の連絡会ですので、この機会に日頃思っていることや
意見を交換しませんか
詳しくはこちら↓のチラシをご覧ください

e0024067_11285632.jpg

みなさんの参加をお待ちしています
(眞鍋)
[PR]
by aozorafoundation | 2009-06-24 11:32 | にしよどnote

歌島橋交差点の横断歩道が消えた!

 2009年4月1日、国道2号の歌島橋交差点(大阪市西淀川区)の改良工事・地下道整備の完了に伴い、地上の横断歩道が撤去されました。
 同交差点の改良工事については国(国土交通省)、公団(阪神高速道路公団=当時)を被告に争われた西淀川公害裁判の和解により設置(1998年10月)した、「西淀川地区道路環境沿道に関する連絡会」(以下連絡会)で1999年以来、再三協議してきた事項であり、西淀川公害訴訟原告団では一貫して「人や弱者を地上から排除する」横断歩道の撤去には反対してきました。
→歌島橋交差点の工事について国が示した完成イメージ図(国が当初示したイメージ図では、横断歩道が描かれています。2003.10)
e0024067_16352049.jpg


 2005年春、国交省が第1期工事(地下道の一部開通)完了に伴う横断歩道撤去の意向を示したことに対して、「まちづくりを考える会」と共同して「歌島橋交差点の横断歩道に関して、区民や利用者の尾件を幅広く集めた上で撤去の是非を検討するよう求める署名」をよびかけ、1225筆の署名を集めて、西淀川区役所、西淀川警察署、国土交通省近畿地方整備局の3者に提出しました。(2005年8月5日)
署名を提出する様子(2005.8.5)
第一期工事後の様子(2005.8.5)

 同連絡会を通じて、原告団は①横断歩道の撤去は「住民合意」とはいえない②第2期工事までに住民合意のもと、横断歩道撤去の是非を検討するべき③(連絡会で)原告団と約束した「歌島交差点の緑化」を行うこと、を提案するとともに「住民合意の進め方の方向性」についても示しました。
 しかし、国交省は、こうした意見・提案に対しては「聞き置く」だけの対応で、「改良工事・地下道整備後の横断歩道撤去」という自らの既定路線に「理解」を求めることに終始しました。
撤去前の様子(2009.3.31)
撤去後の様子(2009.4.6)

 こうした一連の動きは、「そこのけそこのけクルマが通る」とクルマ優先で道路建設を推進してきた国交省の姿勢は、公害を巻き起こした従来の姿勢と変わらぬものであり、「安全と環境」を唱えてはいるものの、決して人間(利用者・市民)の方に「顔」を向けていないことは明らかです。
原告団では、このたび強行された横断歩道の撤去に対して強く抗議するとともに、引き続き「人にも環境にもやさしい」道路行政実現のために市民・利用者のみなさまとともに活動を進めることを表明し、抗議文を提出しました。

 抗議文(2009.4.1)

その後、地下道内の案内板についての修正が行われましたが、横断歩道の復活に向けて、今後も話し合いを続けて行きたいと思います。

記 藤江 徹(あおぞら財団) 
[PR]
by aozorafoundation | 2009-05-08 16:33 | にしよどnote

西淀川高校菜の花プロジェクト展開中です!!



あおぞら財団 インターン 奈良女子大学 小寺寛子

2007年8月27日 晴天◎ 13:30~15:00


西淀川高校で菜の花プロジェクトのための畑の雑草刈りをしました!!

 そもそも「菜の花プロジェクト」とはドイツで石油などの化石燃料に頼らずに、しかもCO2を出さない代替エネルギーとして、菜種油の燃料化計画として始まりました。
ドイツでは98年の時点ですでに菜種の作付け面積は100万ヘクタールにも達し、菜種油から精製した燃料をおくガソリンスタンドがドイツ全国に800ヶ所も設置されているという発展ぶりです。
 日本でも菜の花プロジェクトが展開しており、西淀川高校でも環境教育・地域との関わりを目的に取り組みが進められています。
また、ここでは廃食用油の活用も検討しています。
総じて、菜の花天ぷら油バイオエネルギーで地域と学校を結び、人と自然を結ぼうというのです。
これらは、大阪経済大学や生協、あおぞら財団も参加する「ECOまちネットワーク・よどがわ」と連携しながら進めています。

ECOまちネットワーク・よどがわのHP
菜の花プロジェクトネットワークのHP

でも暑い日に草刈りは大変そう?
確かにそうかもしれませんが、皆さん結構楽しんでらっしゃいましたよ(笑)

この日集まったのは、西淀川高校から先生二名、生徒さん三名、大阪経済大学から先生二名、現代GP委員会から生徒さん二名で、我があおぞら財団からは職員一名とインターンの私が参加して総勢十一名になりました。

e0024067_17333955.jpg

午後1時半に集合、皆さんお互いに気合いをいれています!
ただし熱中症にはご注意を…。

e0024067_17342024.jpg


いよいよ作業開始です!
クワやスコップを手に果敢に立ち向かいます!

e0024067_17355055.jpg

午後三時に終了。
こんなにキレイになりました。

e0024067_17364760.jpg

e0024067_1737018.jpg

最後に皆で集合写真をパチリ。

菜の花プロジェクトでは今後、環境の授業で、家庭で出る廃食用油の活用菜種油のアピール運動を展開します。
生徒さんの手によって近隣の方々から廃食用油を回収しバイオディーゼルを生成します。
一方で菜の花は9月に種まき、来春に開花、搾油予定です。

こんなふうにして菜の花畑がどんどん広がって行き、菜種油の燃料が日本中、世界中で使われたらどんなに素敵なんだろう、と夢は広がります…。
[PR]
by aozorafoundation | 2007-08-28 17:38 | にしよどnote

アスベスト国賠訴訟第5回弁論(5/30) 感想

あおぞら財団
大阪府立大学 看護学部
原田 慶子


5月30日に開かれた「アスベスト国賠訴訟」の法廷傍聴に参加するため、大阪地方裁判所に行ってきました。大阪泉南地域の石綿工場の元労働者や周辺住民、アスベスト被害者など8名が国家賠償を求めている訴訟で、今回で5回目になります。弁論が終了した後、中之島公会堂会議室にて、「報告集会」が開かれました。弁論では話が難しく分からない部分もありましたが、報告集会ではポイントなど分かりやすく解説していただきました。

イギリスでは1930年に大規模な調査を行い、翌年の1931年にはアスベストに対して規制を行っていました。次いで、ドイツやフランス、アメリカもそれぞれ対策を行っています。日本でも国自身の調査として1983年には助川らにより泉南地域における石綿被害の実態調査が行われていました。この調査により、アスベストの危険性が明らかになり、また法規制の必要性も訴えられていたにもかかわらず、国は対策を行いませんでした。イギリスの文献などからもアスベストの危険性や対策の方法などの情報を得ており、対策をできたのに行わなかった日本政府の責任は重いと考えられます。今回の訴訟で、アスベストの危険性を認知しながら放置してきた国の無責任さが明らかになったと思います。

今回、国賠訴訟や報告集会に行って、参加している人々が熱心に話を聞いたりメモを取る姿を見て、この問題の重要性や「国の責任を追及する」という皆さんの強い気持ちを感じました。
国は「国民の命や健康を守る」という重要な義務を怠っています。アスベストによって引き起こされる健康被害は、20~40年という非常に長い期間を経て発症します。よって被害者はこれからも増えると考えられます。そして、その被害者のほとんどは高齢の方です。アスベスト被害により亡くなった方々の命や、現在アスベスト被害により苦しんでいる人々の思いを無駄にするのは許せないことです。病気を抱えながら訴訟に参加している人も多く、国は一刻も早く責任を認め、被害者の早期救済をして欲しいと思いました。
[PR]
by aozorafoundation | 2007-06-20 16:50 | にしよどnote

大阪公害患者の会連合会 大阪市との懇談会(5/31) 感想

あおぞら財団
大阪府立大学 看護学部
原田 慶子


今回の懇談会に参加して、患者会の人々と大阪市環境局・保健所の人々との、懇談会に対する意識の強さの違いがあったように感じました。患者会の人々にとってこの懇談会は、これからの生活を快適に安心して過ごせるかどうかを左右する切実な問題であると思います。全体的に、大阪市は理想を述べている印象を受け、患者会の方では具体策、実現できるという確証を求めている印象を受けました。特に、大気汚染の改善について30年間経っても未だ達成されていないのにあと3年で達成するというのは、なかなか納得できません。

対策や計画を考える上で大切なことは、被害者の方々の気持ちを考えることだと思います。しかし実際それは難しいことだと感じました。特にそう感じたのは、NO₂、SPMなどの測定結果の捉え方でした。測定結果では、数値が少し上がっているところがありましたが、大阪市はほぼ同様と捉えていました。しかし患者会の人々にとってその差はとても大きいものでした。わずかな数値の違いでどれだけの影響があるのかということは、実際に経験した人でなければなかなか分かりにくいことのように感じました。実際に経験できない人にわかってもらうには、被害の現状を話して知ってもらう必要があると思います。だからこそ、被害者の言葉で伝えることができるこの懇談会はとても有意義なものであったと思います。

またアメリカのPM2.5の調査について分からないということなどから、大阪市の環境に対する意識がまだ低いと思われても仕方ないように感じられました。そのことは患者会の人々の不安をさらに増していると思います。患者の立場に立って考え、目標に向けて努力するという姿勢が求められています。「環境に関して、他人事でなく、どれだけ自分のこととして考えられるか」。これがとても重要なことに感じました。
[PR]
by aozorafoundation | 2007-06-20 16:40 | にしよどnote

大阪公害患者の会連合会(5/31) 感想

あおぞら財団
インターン
SUNY ESF 
内藤 雄仁


普段の車に頼る生活に慣れているせいか、車から出る排気ガスによる温暖化や気管の病気などの問題を知っていながらも、その問題の重大さを感じた事はありませんでした。昨日と同じように大気汚染公害によって苦しんでいる患者さん達や、その家族の方達を直接目撃する亊ができ、この人達は大気汚染政策が実地されるかされない事が命に関わる事なのだと実感し、自分自身が大気汚染に関連してしまったことに罪の意識を感じました。
去年の資料を見て、今年の環境局からの質問への応答を見て比べてみると、たいした行進はしていないのではないかと思いました。実際に自分達に悪影響が及ばない担当者達は一刻も早く問題を解決しようという想いが無いのでしょう。1970年代から約30年間かけても大気汚染を改善することが出来なかったのに、後わずか3年で目的の大気汚染政策に応じられるのかと疑問に思いました。

大阪環境局の担当者の方達は公害患者の方達、森脇さん、和久利さん達からの質問に対して、大半の場合は戸惑っているようでした。自分自身は詳しい状況を知らないので質問のレベルを把握する事は出来ませんでしたが、中には簡単な質問もあったと思います。しかし、一番印象に残っているのが、担当者の方達は常にどの質問にも遠回りに答え、あいまいな応答をしていました。本当に大気汚染の改善のために対策をとっていれば応答は簡単に出来ていたはずです。又、ある担当者の方は担当者という立場で知っておかなければいけない情報にも関わらず分からなかった、知らなかったなどという態度を示す事もありました。担当者が環境局を指導しなければならないのに、その実の担当者がきちんと情報を頭に入れておかなかったら被害者達は不安が高まり、環境局への信頼感が薄まるだけです。

経済を保ちながら公害を防ぐ、というのは多分とてつもなく難しい事ですが、30年間あればある程度の目標を達成するには十分な時間だと思います。今まではある時期までにはある程度の目標を達成するという事が何やらの理由で何回も延長されてきましたが、患者さん達や不満を持つ市民が増えるに連れ、その様な事はもう許されなくなるでしょう。今回の会議に出席して、よく担当者の方々から聞いた言葉が「務める」でしたが、結果(データ)がその言葉をサポートしているとは思えませんでした。やる気と根性があれば多分達成出来る目標も結局意思が弱い為、市民と大阪市の対立の理由になるとは残念です。
[PR]
by aozorafoundation | 2007-06-20 13:52 | にしよどnote

外島保養院慰霊祭

外島保養院慰霊祭
あおぞら財団インターン 稲嶺愛子(奈良女子大学)

e0024067_19363955.jpg 9月26日、外島保養院慰霊祭で、出席しました。外島保養院とは、大阪にあったハンセン病の療養所です。1907年に隔離収容施設として開設されました。1934年の室戸台風により施設が破壊され、187人の人が犠牲になったそうです。あおぞら財団から自転車をとばして30分弱、現在の中島工業団地の端の外島保養院跡に、慰霊碑がありました。
慰霊祭には、外島保養院の後身である岡山の邑久光明園の方々をはじめ、府や市の職員の方など、関係者の方々が参加されていました。

e0024067_193783.jpg
正直、私は、ハンセン病の歴史についてほとんど、というか全く知りませんでした。慰霊祭に参加したことをきっかけに、このような無知や無関心が病気に対する偏見や差別につながるということを自覚しました。ハンセン病の歴史から学ぶことは、ハンセン病のことだけではなく人権問題にも及びます。今は、80代や90代の元入所者の方々の笑顔を見て、私たちの世代の「責任」について考えさせられました。
e0024067_19373321.jpg

[PR]
by aozorafoundation | 2006-10-05 19:49 | にしよどnote

あおぞら苑お披露目会

インターン 稲嶺 愛子(奈良女子大学)

e0024067_15295540.jpg
  あおぞら苑のお披露目会が9月21日に行われました。あおぞら苑は、在宅で生活をされている介護や支援を必要とする方に、日帰りで利用できる入浴や食事、機能訓練などのサービスを提供するデイサービス施設です。 
住宅街の中にあるあおぞら苑は、一見すると普通の住宅のようで、私が予想していたデイサービス施設とは違い、誰かの家に遊びに来た、という感じのすごくアットホームな雰囲気でした。
e0024067_16153230.jpg 
正面には、大きな木に「あおぞら苑」と書かれた素敵な表札がありますが、これ、なんとあおぞら財団理事長の森脇さんが書かれたそうです。

 中に入ると、大勢の人!食堂や和室では近所の方や公害患者会の方々が、楽しそうに話していて、このあおぞら苑の誕生をみんなが喜んでいるんだなと感じました。

 理事長の辰巳さんの話によると、あおぞら苑は木の暖かさを感じられる木造で、床には床暖房が施されており、家庭的な雰囲気を大切にしたそうです。また、看護師や介護士を含め4人のスタッフが、健康チェックから食事の用意などのお世話をしてくれ、喘息等の呼吸器疾患を持った患者さんも安心して利用できるような配慮がなされていました。そして、あおぞら苑の自慢は、なんと言っても岩風呂です!手すりもついていて、広々とした岩風呂は、誰でもゆったりと気持ちよく入れると思います。
e0024067_1671421.jpg 
 お披露目会の後には、公害闘争記念碑の除幕式が行われました。記念碑には「公害と闘い環境再生の夢を」という滋賀大学前学長の宮本憲一先生の文字と、公害裁判についての文面が記されています。除幕式で、隣に立っていたおばあちゃんが、「私が小さかった頃は底が見えるくらいにきれいだった川が、私の娘が小さい頃には汚染されて、川がぐつぐつと湧きだっているようだった。今の若い子はもう知らないだろうね。」と、公害の様子を私に話してくれました。この記念碑には、公害患者や西淀川の人たちの願いや、地域への想いがつまっているのだと感じました。また、「家がすぐ近くなので、これからは近所の友達を誘ってあおぞら苑に来たい。」とも話していました。あおぞら苑は、デイサービス施設というだけではなく、世代から世代へ公害についての情報やネットワークを広げていく拠点となればいいなと思いました。
e0024067_16405343.jpg


あおぞら苑〒555-0032  大阪市西淀川区大和田5丁目7番14号
Tel:06-6475-0111
Fax:06-6475-0114
[PR]
by aozorafoundation | 2006-09-26 16:43 | にしよどnote

韓国における環境訴訟の実態

昨年の10月、あおぞら財団に韓国のMBS文化放送が
取材にきたことをこのブログで紹介して約8ヶ月が経過しました。

この度、無事に放送されたということで、
放映されたビデオ2本(約50分)を送っていただきました!

メインタイトル:環境訴訟
「第1巻 環境訴訟が世の中を変える」
「第2巻 自然の権利訴訟」

第1巻の後半で、
日本における環境政策の変化や新しい兆候として、
裁判後に、公害激甚地域の環境再生をめざして、
あおぞら財団が設立され、取り組みを進めていること、
公害訴訟の資料を保存し、活用していること、
患者会としても、役員さんを中心に引き続き
道路環境改善を求めて、国・公団と連絡会を開催
していること、そのための会議が開催されていることなどが紹介されています。

韓国の事例としては、
温山、ウルサンの公害がいわゆる韓国のイタイイタイ病として
早くから問題になったこと、
国立公園における温泉開発やゴルフ場開発、
トンネル工事の問題が取り上げられています。

日本の事例として、他に下記の
各訴訟の内容とデモの様子、弁護団のインタビューなどが
紹介されています。

・熊本水俣病
・富山イタイイタイ病
・尼崎大気汚染公害訴訟
・奄美自然の権利訴訟
・諌早湾自然の権利訴訟
・オオヒシクイ自然の権利訴訟 

2005年8月には、第2回日韓公害・環境交流シンポジウム
が開催され、その時の調査の模様も少しですが、
放映されています。
(公害弁連、環境法律家連盟、グリーンコリア環境訴訟センター、
韓国環境運動連合法律センター、「民主化のための弁護士の集い(民弁)」環境委員会
との共催)

韓国語ですが、興味のある方はあおぞら財団までご連絡下さい。
[PR]
by aozorafoundation | 2006-06-19 16:50 | にしよどnote