<   2006年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

佃中学校職業体験

あおぞら財団 インターン 宮本弥生 龍谷大学


9月22日、佃中学校2年生の5名が、あおぞら財団で一日職業体験しました。
私たちインターン(稲嶺、宮本)は、中学生の職業体験をサポートさせてもらいました。


e0024067_11581360.jpg中学生には、去年、こどもエコクラブで西淀川のいろんな場所の二酸化窒素(NO2)濃度を調べてでた結果を、パソコンにいれてまとめてもらう仕事や、自転車マップつくりの準備や、財団で使う封筒の作成などの仕事をしてもらいました。
パソコン入力はエクセルを使って、文字や数値を入力してもらったのですが、パソコンの使い方を教えなくてもほとんど使えていたので、すごいなあと驚きました。
また、作業が早く、しかもきれいに仕上げてくれたので、とても助かりました。

e0024067_1244911.jpg
最後にみんなで、現在、あおぞら財団で開発しているフードマイレージゲームをしました。フードマイレージというゲームは食材の輸送時に排出される二酸化炭素(CO2)の量を計算して、環境負荷を考えるゲームです。
まず、2006年チームと1970年チームに分かれて、それぞれ予算内で食材を選んで献立を考えます。そして、使用した食材の産地を調べて、CO2排出量の合計を出しました。

結果を見てみると、2006年チームの方がCO2の排出量が少し多かったです。
昔よりも近年の方が、いろんなところから食品がきていることが分かりました。また、アメリカ産のグレープフルーツなどの外国産は輸送時のCO2量がとても多いことが分かりました。

その他にも、買い物に行くときは、なるべく近くの店に自転車や、徒歩で行くほうが、環境負荷が少ないことを学びました。

e0024067_13512267.jpgゲームを通して、中学生のみなさんも輸送時の環境負荷について学んでくれたと思います。
今回の職業体験で環境のことに興味をもってくれたら嬉しいです。
他にも何か興味や知りたいことがあったら、あおぞら財団にいつでも来てほしいと思います。

                      1970年代チーム                       
e0024067_13462891.jpg

                      2006年チーム
e0024067_13471027.jpg

[PR]
by aozorafoundation | 2006-09-27 12:20 | あおぞらプラン

あおぞら苑お披露目会

インターン 稲嶺 愛子(奈良女子大学)

e0024067_15295540.jpg
  あおぞら苑のお披露目会が9月21日に行われました。あおぞら苑は、在宅で生活をされている介護や支援を必要とする方に、日帰りで利用できる入浴や食事、機能訓練などのサービスを提供するデイサービス施設です。 
住宅街の中にあるあおぞら苑は、一見すると普通の住宅のようで、私が予想していたデイサービス施設とは違い、誰かの家に遊びに来た、という感じのすごくアットホームな雰囲気でした。
e0024067_16153230.jpg 
正面には、大きな木に「あおぞら苑」と書かれた素敵な表札がありますが、これ、なんとあおぞら財団理事長の森脇さんが書かれたそうです。

 中に入ると、大勢の人!食堂や和室では近所の方や公害患者会の方々が、楽しそうに話していて、このあおぞら苑の誕生をみんなが喜んでいるんだなと感じました。

 理事長の辰巳さんの話によると、あおぞら苑は木の暖かさを感じられる木造で、床には床暖房が施されており、家庭的な雰囲気を大切にしたそうです。また、看護師や介護士を含め4人のスタッフが、健康チェックから食事の用意などのお世話をしてくれ、喘息等の呼吸器疾患を持った患者さんも安心して利用できるような配慮がなされていました。そして、あおぞら苑の自慢は、なんと言っても岩風呂です!手すりもついていて、広々とした岩風呂は、誰でもゆったりと気持ちよく入れると思います。
e0024067_1671421.jpg 
 お披露目会の後には、公害闘争記念碑の除幕式が行われました。記念碑には「公害と闘い環境再生の夢を」という滋賀大学前学長の宮本憲一先生の文字と、公害裁判についての文面が記されています。除幕式で、隣に立っていたおばあちゃんが、「私が小さかった頃は底が見えるくらいにきれいだった川が、私の娘が小さい頃には汚染されて、川がぐつぐつと湧きだっているようだった。今の若い子はもう知らないだろうね。」と、公害の様子を私に話してくれました。この記念碑には、公害患者や西淀川の人たちの願いや、地域への想いがつまっているのだと感じました。また、「家がすぐ近くなので、これからは近所の友達を誘ってあおぞら苑に来たい。」とも話していました。あおぞら苑は、デイサービス施設というだけではなく、世代から世代へ公害についての情報やネットワークを広げていく拠点となればいいなと思いました。
e0024067_16405343.jpg


あおぞら苑〒555-0032  大阪市西淀川区大和田5丁目7番14号
Tel:06-6475-0111
Fax:06-6475-0114
[PR]
by aozorafoundation | 2006-09-26 16:43 | にしよどnote

女工さん遭難の碑(佃)

佃の堂見敏雄氏から「尼崎から佃への渡し舟が沈没して家路に向かう女工さんたちが亡くなったんやけど、その慰霊碑が佃墓地にあるよ。」ということを教えていただきました。
それでは、早速見に行こうと、堂見さんの案内で佃墓地に向かいました。
場所は、阪神「千船」駅そばにあります。
e0024067_16121223.jpg

慰霊碑は、墓地中央部にあります。
碑文によれば大正2年11月2日に
大阪合同紡績株式会社神崎支店工場の31人の男女工手が佃津に向かう途中
渡し舟が沈没して女性のみ18名が亡くなりました。
新聞紙上で工手の母が義捐金をつのり、
その集まったお金の一部を使って碑を建てたとのこと。

工業が発達した尼崎に西淀川から働きに行っていたこと、
当時は渡し舟だったこと、
いろいろなことがこの碑文からわかります。
義捐金を募った新聞記事や、遭難の様子を掲載した新聞記事があるはずです。
機会を見て、探してみたいと思います。(林)

★西淀川・公害と環境資料館(エコミューズ)のホームページはこちら
[PR]
by aozorafoundation | 2006-09-20 16:12 | 資料館(エコミューズ)

「大阪から公害をなくす会」から搬出した資料の整理

あおぞら財団 インターン 宮本弥生 龍谷大学

9月15日に、前回(9月11日)「大阪から公害をなくす会」から受け取った資料の整理を行いました。今回の作業は、前回ダンボールに詰めた莫大な資料に、一つ一つ番号をつけて資料内容をパソコンに保存することでした。これによって、どの資料がどこにあるのか管理しやすくなります。
e0024067_13104669.jpg

まず、資料を段ボールから出してほこりをはらいます。もちろん資料の中も確認!


e0024067_1311447.jpg


資料に番号札をはさみます。


e0024067_13113577.jpg

資料の行列。
パソコンに登録されるのを待ってます。





今回は、前回の作業と違って資料の中まで確認したので、中には資料を見続けてしまい、作業が止まってしまうこともしばしばありました。

今回の作業中に、小学校低学年ぐらいのかわいらしい女の子の写真が数枚出てきました。写真の女の子は南竹照代さんという人で、西淀川公害の被害者だと知りました。南竹さんは小学生の時に喘息の症状が出始めて、以来、中学、高校卒業後と症状は重くなっていき、24歳の若さで亡くなったそうです。喘息の発作は、吸った息が100%吐き出せないため新たに空気が吸えず、とても苦しく、時には意識がなくなってしまうそうです。南竹さんも発作に苦しみ入退院を繰り返しながら、それでも大好きな学校に通い、高校を卒業したそうです。今回発見した写真には、遊園地で南竹さんがにこにこ笑ってる写真や、友達と写っている写真など、南竹さんのとても元気な姿をみることができます。元気でかわいらしい女の子なのに、このあと喘息を発病し、発作で苦しんだことを思うと、とても悲しくなりました。
公害がこんな子どもまでも苦しめたことを知り、公害の恐ろしさを実感しました。

今回の作業で、資料の約4分の1の整理が終わりました。まだまだ、すごい資料が出てくると思います。作業の途中で西淀川公害などの事を財団の林さんに教えてもらい、生の資料を見ながらなので、いろんなことが学べました。
e0024067_1313205.jpg


★西淀川・公害と環境資料館(エコミューズ)のホームページはこちら
[PR]
by aozorafoundation | 2006-09-20 13:29 | 資料館(エコミューズ)

尼崎市南部地域道路沿道環境改善に関する連絡会

あおぞら財団 インターン 恒成亜弥佳 桃山学院大学

9月13日に開催された、「尼崎市南部地域道路沿道環境改善に関する連絡会 第19回」を見学しに行きました。
e0024067_15353568.jpg

尼崎市では、国道43号や阪神高速道路の大気汚染被害があり、国に対して訴訟を起こし、2000年12月に和解が成立しました。
その時の和解条項で「大型車の交通量の低減」というのがありました。その為に尼崎地域で、平成18年6月12日から8月11日まである社会実験が行われました。
それは、「環境ロードプライシング」といって、国道43の大型車交通量を減らす為に、阪神高速湾岸線の料金を大幅に値下げして、国道43号を通る大型車を誘導するというものです。これは、尼崎公害訴訟の和解条項に基づいて連絡会で決定されたものです。

詳しくは、下のアドレスをご覧ください。
『国道43沿道環境改善に向けた社会実験』

e0024067_15355194.jpg

連絡会というのは、尼崎公害訴訟の原告側と国土交通省との話し合いの場です。
今回の連絡会では、その国道43号での社会実験の調査結果の報告が行われるはずでした。しかし、国土交通省が実験結果を連絡会に情報開示する前に記者発表してしまったということについての激しい質疑応答がされ、延期になってしまいました。

国土交通省が記者発表して、出された新聞記事には「連絡会」についての記述も無ければ、「なぜ実験が行われたか」の記述も無かったそうです。

国土交通省の記者発表は以下のアドレスで見られます。
『兵庫国道事務所』―記者発表(H18.9.8)

尼崎市の環境改善なのだから、実際に尼崎公害の被害を受けた原告側が関わる連絡会が軽視されたようになっては、怒りを感じるのも納得できます。結果的に原告側を軽視したと取れる態度を取った国土交通省は、今後そういう事の無い様、改めるべきと感じました。

熱い議論を見ることが出来た「連絡会」。次回は10月31日に開催されるそうです。
「連絡会」は公開されていて、市民やマスコミが自由に傍聴することが出来ます。
皆さんも一度訪れてみてはいかがでしょうか?
[PR]
by aozorafoundation | 2006-09-14 15:43 | 事務局より

「大阪から公害をなくす会」からの資料搬出

あおぞら財団 インターン 宮本弥生 龍谷大学

9月11日(月)、「大阪から公害をなくす会」の資料を受け入れて、その資料を西淀川高校へ搬入する作業を一日行いました。
朝、財団に集合してから、西九条にある「大阪から公害をなくす会」の事務所に行って、マスク、軍手、頭にはタオルを巻き、倉庫にあるたくさんの資料をダンボールに詰めました。倉庫の中は、古い資料がたくさんあって、ほこりがかぶっていたり、ネズミ(?)にかじられていたり。。。 マスクなしでは絶対無理でした!
e0024067_10391981.jpg

「大阪から公害をなくす会」は1971年に設立され、国・自治体への公害発生源規制要求運動や、条例規制の整備改善要求、公害反対運動の支援と連携などの活動を行っています。なので、倉庫のなかには、松原ジャンクション問題や、さまざまな公害訴訟の資料がありました。なかには、アサガオで酸性雨を調査した報告書など、面白いものもありました。ほかにも、アスベストに関する資料もあり、アスベストの問題は以前から言われ続けていたのだと分かりました。
紙の資料だけでなく、“団結”と書かれたハチマキや、“公害患者の生きる希望の灯 消すな”と書かれた筵旗(むしろばた)もあり、当時の運動の激しさが伝わってきました。
特に筵旗は、初めて見たので、迫力があるなぁ!と思いました。後から聞くと、この筵旗は、1982年12月に府庁玄関前でハンストを行ったときに使われたそうです。
このハンストは、1980年に大阪府がNO2の環境基準を緩和すると発言し、府民が抗議を行ったが、最終的には大阪府がいっさいの交渉を拒否したのに対して、行われたそうです。
e0024067_10402364.jpg
e0024067_10403780.jpg

今回搬出した資料は、全部で40箱分にもなりました。古い資料が多かったので、ほこりをかぶっているものが多かったけれど、どれも貴重な資料ばかりなのだろうなと思いました。同じ間違いを繰り返さないためにも、将来に伝えていくことは大切であり、そのためには当時の資料がとても重要なんだと思いました。
e0024067_10405419.jpg

<ちょこっとメモ>
作業の休憩中に事務所の隣にある、青汁バー(!?)で青汁を初体験しました。においは大根の葉っぱなどの青物のにおいがすごかったけれど、味は思っていたものより、飲みやすくておいしかったです。疲れが吹っ飛びました! 

★西淀川・公害と環境資料館(エコミューズ)のホームページはこちら
[PR]
by aozorafoundation | 2006-09-13 10:41 | 資料館(エコミューズ)

おおや高原野菜情報 (物流の現場をたどるツアー報告2)

第三回道路環境市民塾「物流の現場をたどるツアー」では、おおや高原の有機農業の現場を見学しましたが、おおや高原の野菜の販売の現場、を確認しました。

e0024067_167658.jpge0024067_16720100.jpg













コープこうべ事業所 シーア の売り場のみずなです。おおや高原の生産者の顔入りです。


e0024067_1691828.jpge0024067_1621047.jpg
 








コープ仁川の売り場です。ミズナ、ホウレンソウ、トマト、小松菜を販売していました。

しっかりとしたしゃきしゃき感を楽しめる水菜、味の濃いホウレンソウに小松菜、びっくりするくらい甘くておいしいミニトマト・・・

現場を直接見て生産者の話しを聞いたことで、ただ「おいしい」だけではなく、食べ物の安全、環境保全、生産者の思いなど、脳裏に浮かべながら味わうことができました。

安全で、おいしい食べ物を届けたい。環境保全・地域資源循環を軸とした、持続的な地域づくりを実践したい・・・おおや高原の方々の意欲や努力がつまった野菜の味を、皆さんもぜひご賞味ください!!
[PR]
by aozorafoundation | 2006-09-11 16:25 | 道路環境市民塾

西淀川高校版 自転車マップ Part 4

e0024067_19165071.jpg
9月6日(水)
夏休みが終わり2学期が始まりましたが、まだ今週は短縮授業。
学校の授業が終わってから、みんながあおぞら財団に集合しました。

本日の作業は、文化祭展示用のパネルの作成。
印象的な写真をピックアップして、地区紹介を完成させます。
そして、中央には巨大な西淀川の地図!
自転車の必要情報を書き込みます。
完成予定はたたみ二畳分の巨大パネル。
まだまだ、完成ではありませんが、11月11日の文化祭に向けて、
こつこつ作業を進めていきたいと思います。
[PR]
by aozorafoundation | 2006-09-07 19:16 | 自転車マップ

光化学スモッグ

あおぞら財団インターン 吉澤晴香 龍谷大学

前回(8月4日)、自転車マップ作成のために自転車に乗ってまちをまわっている時、途中で目が痛くなりました。…痛いというか、ヒリヒリして涙が出そうになる感じ。
これまで、光化学スモッグが出ている時に同じように目が痛くなることがあったので、「これはもしや光化学スモッグ??」くらいに思っていました。…でも、あの時のヒリヒリ感は今まで痛くなった時の中でも、結構きつかったですね。
後から聞くと、その日、私達がいた辺りでも光化学スモッグの注意報が発令されていたみたいでした。
ここで…
『光化学スモッグ』とは、
 自動車や工場の排出ガスに含まれる窒素酸化物や炭化水素などは、太陽の紫外線で反応し、「光化学オキシダント」を生成します。
 この「光化学オキシダント」は、窒素酸化物や炭化水素の大気中濃度が高く、紫外線の強いときに高濃度となり、白くモヤがかかったようになります。この状態を「光化学スモッグ」と呼んでいます。風が弱く、気温が高く、日差しが強い日に発生しやすい傾向にあります。
 「光化学オキシダント」は高濃度になると人や植物などへ影響を及ぼし、人体への影響としては、
目がチカチカする
のどが痛い
呼吸が苦しい

と、いうことです。
(大阪府 エコギャラリー )


そのことで、先日、大阪市都市環境局の方があおぞら財団に来られました。光化学スモッグについての現状や、行政がどんなっているふうに対応しているのかなど、いろいろな話が聞けましたが(例えば、今年は去年より注意報の発令回数が多くなっているらしいです!)、そこで一つ疑問に思ったことがありました。
 光化学スモッグの原因については、まだわからないことが多いみたいなのですが、一般の私たちはあまり光化学スモッグのことを知らないですよね。注意報が出ているとしても、学校に札が出るくらいで、他の場所ではいつ出ているのかもあまり分からないし…。
目がヒリヒリするのは、洗えば痛みはひくということみたいですが…それでも被害ですよね、症状の現れ方も人によってはいろいろあるだろうし。
お話を聞いていると、(私の印象では、ですが、)最終的に「しばらく見てみないとちょっとまだわからないことですね。」という感じでした。では、それまで(もっと詳しく実態がわかるまで)は、これ以上はどうしようもないということ??と思ってしまいました。
原因はわからなくても、注意報が発令された時にもっと一般の人みんなに知らせるということが必要なのではないかと思います。みんなが利用する場所で、何か目印で知らせるとか…そういうことなら出来るのでは??と思いました。私は、市のこととかも、詳しいことは全然わからなくて言っているわけなのですが、注意報が出たときに、学校以外の場所に情報を発信する仕組みとか、「知る」きっかけがあれば。。と、思いました。
[PR]
by aozorafoundation | 2006-09-07 12:04

「はがきをつくろう ~にしよど葉っぱアートコンテスト~」作品展@西淀川図書館・あおぞら財団1階

身近な西淀川の自然に目をむけよう。環境問題を考えよう。発信しよう!!

牛乳パックをリサイクルした紙に、にしよどの葉っぱをいれて大変身させたはがきを小学生から募集しました。応募総数65通。現在、西淀川図書館とあおぞら財団1階にて、展示を行っています。 
はがきをつくろう~にしよど葉っぱアートコンテスト~

工夫をこらした素敵な作品が勢ぞろい。
小学生の独創的な発想や、センスをお楽しみください!


◆期間◆
2006年9月1日~10月31日

◆場所◆
西淀川図書館
開館時間 火曜日~金曜日 10時~19時 土曜日・日曜日 10時~17時
休館日   月曜日、祝日、毎月末日
詳しくは 西淀川図書館HP
「見つけたよ!西淀川の自然」展も、同時開催しています。

あおぞら財団1階
開館時間 月曜日~金曜日 9時半~午後5時
休館日  土曜日、日曜日、祝日
*「大野川緑陰道路の歴史」を紹介したパネルも、展示しています。

ハガキ作品は、9月、10月、西淀川図書館分とあおぞら財団分はで入れ替えます。

e0024067_21583755.jpge0024067_21593539.jpg










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★
はがきづくり教室開催のお知らせ
「葉っぱアートではがきをつくろう」
場所:西淀川図書館
日時:10月28日(土) 午後2時~4時
*8月にあおぞら財団で行われた「葉っぱアートのはがきづくり教室」の様子は、こちら
[PR]
by aozorafoundation | 2006-09-05 22:03 | イベント案内