<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

西淀川図書館の展示について


e0024067_15395144.jpgあおぞら財団  同志社大学 吉川知里

あおぞら財団は今年も西淀川図書館にて展示を行います。
今年のテーマは、

西淀川の自然と交通をマップで診断
~セミのぬけがら&自転車マップ~


です。


西淀川には、緑のやすらぎに囲まれた自転車・歩行者専用道路である、大野川緑陰道路があります。
そこで、にしよどがわ子どもエコクラブの小学生たちと8月18日にセミのぬけがら調べを行いました。
セミは自然をはかるバロメーター(指標生物)であり、セミの種類によって、自然環境の豊かさの度合いをはかることができます。
さて、今回の結果はどうなったのでしょうか?

e0024067_15402350.jpg
また、環境に優しい乗り物である自転車を、西淀川で乗りやすくするためのマップを西淀
川高校で作成しています。どんな情報が集まっているのでしょうか。11月10日の西淀川高校の文化祭で完成予定ですが、作成中の情報を公開します。

●展示内容

・平ケース
  自転車マップの紹介
 ・縦ケース
  セミのぬけがら調べ、当日のスケジュール
  大阪府のセミの分布図
  セミクイズの答え
  ぬけがらからわかること
  4種のセミのぬけがら
 ・壁面
  子どもたちが作ったセミ新聞
  セミのぬけがらえときけんさく
  セミのぬけがら調べ地図つき結果
e0024067_15404722.jpg
 
◆期間◆2007年9月1日~10月31日

◆場所◆西淀川図書館
開館時間 火曜日~金曜日 10時~19時 土曜日・日曜日 10時~17時
休館日   月曜日、祝日、毎月末日
詳しくは 西淀川図書館HP


その他、図書館でイベントを行います。
10月に行われるものを2つ、御紹介します

●買物で温暖化防止! フードマイレージ買物ゲーム
・日時  10月20日(土)11:00~12:00
 ・内容 「フードマイレージ」とは、食べ物の生産地から消費される食卓までの「距離×重さ」を表しています。日本のフードマイレージは世界一です。生産地と食卓の距離が遠くなるほど輸送時に二酸化炭素(CO2)や二酸化窒素(NO2)などの温暖化ガスや大気汚染物質がたくさん排出され、環境に悪影響を及ぼします。食と交通と環境は、日々の買物でつながっています。日々の買物でフードマイレージを減らせます。フードマイレージを学ぶことをきっかけに、環境にやさしい暮らし方を考えてみませんか?
・定員  30名

●昔の西淀川を見てみよう ビデオ上映会
  「近代大阪の風景シリーズ 溝口歯車工場とその家族~昭和初期のフィルムより~」
  (大阪歴史博物館作成)
  「手渡したいのは青い空~未来からのメッセージ~」(環境教育ビデオ・あおぞら財団作成)上映会
・日時  10月20日(日)15:00~16:00
・内容  西淀川が舞台となったビデオがあります。昭和初期の西淀川を撮影したビデオ「近代大阪の風景シリーズ溝口歯車工場とその家族」です。また、環境教育ビデオ「手渡したいのは青い空~未来からのメッセージ~」もあります。西淀川を悩ましていた大気汚染公害を伝えるビデオです。小学生用としてドラマ仕立てになっています。あおぞら財団理事のアグネス・チャンからのメッセージもあります。
[PR]
by aozorafoundation | 2007-08-31 12:05

おおさか食育フェスタでフードマイレージ買物ゲームを行いました!

あおぞら財団  龍谷大学 宮本弥生   e0024067_1550719.jpg          

2007年8月28日(火) 10:00~18:00





 そごう心斎橋本店で「第一回 おおさか食育フェスタ」が開催されました。
 あおぞら財団は、大阪産品のPRを進めているおおさか食べ歩き推進協議会と協力してフードマイレージ買物ゲームを行いました。来場者の方に、近くでとれた食材の方が輸送の際、環境にかかる負荷が少ないことを知ってもらい、大阪産の野菜や魚などの紹介を行いました。

 当日は、私の予想以上の賑わいで、フードマイレージ買物ゲームも多くのお客様に体験してもらうことができました。なんと、ゲームをしてくれたお客さんは合計100組以上でした!!

e0024067_1613475.jpg


 多くの方が、ゲームをして食材輸送時の環境負荷のことに気づき、北海道産と大阪産のフードマイレージの違いなどに驚いていました。

 「普段、栄養面は考えているけれど、環境のことは考えてなかった」や、「値段だけ見て、産地は見てなかったわ~」という声を聞きました。
 みなさん、食材輸送時の環境負荷に気づいていただけたようです。
 大阪産品のものを食べる「地産地消」は、環境にも良いってことなんですね~

e0024067_16133439.jpg

e0024067_1611247.jpg
  みなさん真剣です









 実は、大阪は地方品種の種類数が全国3位で、大阪産品の食材はたくさんあるのです!(泉州の水なすはおいしい~!ほかにも、天王寺蕪田辺大根などがあります。)
しかし、昨日のフェスタで、「学校給食に大阪産を使いたいけど、生徒数だけの食材が確保できない」という声がありました。

大阪産品がもっと広まれば、もっと生産数も増えるのだろうな~と思いました。そのためにも、多くの方に、大阪産品の良さをしってもらう必要があるのだなと感じました。


今回の食育フェスタで、フードマイレージ買物ゲーム通して、食材の輸送時の環境負荷に気づいてもらい、今後の買い物で地産地消のことを思い出していただければ嬉しいです。
たくさんの方のご来場、ありがとうございました!
e0024067_16254465.jpg

[PR]
by aozorafoundation | 2007-08-29 16:33 | フードマイレージ

西淀川高校菜の花プロジェクト展開中です!!



あおぞら財団 インターン 奈良女子大学 小寺寛子

2007年8月27日 晴天◎ 13:30~15:00


西淀川高校で菜の花プロジェクトのための畑の雑草刈りをしました!!

 そもそも「菜の花プロジェクト」とはドイツで石油などの化石燃料に頼らずに、しかもCO2を出さない代替エネルギーとして、菜種油の燃料化計画として始まりました。
ドイツでは98年の時点ですでに菜種の作付け面積は100万ヘクタールにも達し、菜種油から精製した燃料をおくガソリンスタンドがドイツ全国に800ヶ所も設置されているという発展ぶりです。
 日本でも菜の花プロジェクトが展開しており、西淀川高校でも環境教育・地域との関わりを目的に取り組みが進められています。
また、ここでは廃食用油の活用も検討しています。
総じて、菜の花天ぷら油バイオエネルギーで地域と学校を結び、人と自然を結ぼうというのです。
これらは、大阪経済大学や生協、あおぞら財団も参加する「ECOまちネットワーク・よどがわ」と連携しながら進めています。

ECOまちネットワーク・よどがわのHP
菜の花プロジェクトネットワークのHP

でも暑い日に草刈りは大変そう?
確かにそうかもしれませんが、皆さん結構楽しんでらっしゃいましたよ(笑)

この日集まったのは、西淀川高校から先生二名、生徒さん三名、大阪経済大学から先生二名、現代GP委員会から生徒さん二名で、我があおぞら財団からは職員一名とインターンの私が参加して総勢十一名になりました。

e0024067_17333955.jpg

午後1時半に集合、皆さんお互いに気合いをいれています!
ただし熱中症にはご注意を…。

e0024067_17342024.jpg


いよいよ作業開始です!
クワやスコップを手に果敢に立ち向かいます!

e0024067_17355055.jpg

午後三時に終了。
こんなにキレイになりました。

e0024067_17364760.jpg

e0024067_1737018.jpg

最後に皆で集合写真をパチリ。

菜の花プロジェクトでは今後、環境の授業で、家庭で出る廃食用油の活用菜種油のアピール運動を展開します。
生徒さんの手によって近隣の方々から廃食用油を回収しバイオディーゼルを生成します。
一方で菜の花は9月に種まき、来春に開花、搾油予定です。

こんなふうにして菜の花畑がどんどん広がって行き、菜種油の燃料が日本中、世界中で使われたらどんなに素敵なんだろう、と夢は広がります…。
[PR]
by aozorafoundation | 2007-08-28 17:38 | にしよどnote

セミのぬけがら調べ

あおぞら財団 インターン 同志社大学 島中裕子

2007年8月18日(土) 晴天◎ 10:00~14:30
とっても良いお天気の中、にしよどがわ子どもエコクラブで、“セミのぬけがら調べ”が行われました!!
そもそも“セミのぬけがら調べ”とは、セミのぬけがらを調べることから、その場所の環境の状態を知ろう!というものです。セミは、種類によって生息する場所が異なるので、セミの種類と数から、その環境状態を探る指標となるのです。さらに、ぬけがらを扱うことで、生きている生物を殺したり傷つけたりすることなく調査が出来るという利点もあります。

当日は、なんと67人の小学生が参加してくれました!
e0024067_17533263.jpg
まず、10時に、会場の西淀川区民ホール(エルモ西淀川)に集合し、全体説明を受けた後、いよいよ、セミのぬけがら集めへ! 
今回は、大野川緑陰道路を、南(エルモ西淀川⇔43号線)と北(大島橋⇔エルモ西淀川)の二手に分けて調査を行いました。今年は猛暑で、日中は37度を超える暑さでしたが、子ども達は、本当に元気で、みんな積極的にセミのぬけがらを集めたり、オスかメスか見極めたり、おもしろいぬけがらを写真でとったり、本当に楽しそうでした。時間的に、ちょうどセミの鳴かない時間帯で、鳴き声があまり聞こえなかったのが少し残念でした。
e0024067_1755294.jpg

e0024067_17575960.jpg


下の表は、今回見つかったセミの種類と数、特徴をまとめたものです。
e0024067_1829406.jpg

e0024067_18295235.jpg


表2からも分かるように、クマゼミは乾燥した所を好むため、緑地の少ない都市化の進んだ場所でも生息することができます。これに対して、アブラゼミは里山などの地面の湿った所を好むため、アブラゼミが生息する方が、自然度(自然の豊かさの度合い)が高いことになります。
実は、これまで大野川緑陰道路で実施した調査結果と比べると、今回は、アブラゼミがやや多い方でした。この結果からだけだと、安易に環境が良くなったとは言い難いですが、もしかしたら良い兆候なのかもしれませんね!
また、道路には、所々にセミクイズが設置してあり、グループごとに答えを考えました。みんなで一緒に考えることで、初めて出会った子ども達の絆も深まったように感じました。
e0024067_1758315.jpg

採集は1時間ほどで引き上げて、エルモ西淀川に戻り、みんなで昼食をとりました。そしてその後、グループごとにセミ新聞を作り、みんなの前で発表してくれました。どのグループも、短い時間で、本当に素敵で個性的な新聞をつくってくれました。それから、クイズの答え合わせをして、最後のまとめをして、解散となりました。
e0024067_1759145.jpg
e0024067_17592396.jpg
e0024067_17593126.jpg

 ※子どもたちのつくったセミ新聞はコチラ

私は、今回の“セミのぬけがら調べ”を準備段階からお手伝いさせて頂きました。当日に参加してくれた子ども達への配布物の整理や、区民ホールに展示するものの作成、前日には、実際に、大野川緑陰道路に下調べにも行きました。私は、これまで、セミのぬけがらを集めるという体験したことがありませんでした。どちらかと言うと、昆虫が苦手なので、最初は正直、あまり乗り気ではありませんでした(笑) でも、今は、参加して本当に良かったと感じています。実際に、子ども達と触れ合うことで、色々な刺激をうけることができたし、とにかく子どもって、本当に本当にかわいいです!!
中には、生きているセミを捕まえて新聞に貼ろうとしている子もいました。でも、「自分がセミだったらどう思うか考えてごらん」と言われて、最後には、ちゃんと逃がしてあげていました。きっとその子にとっては、環境を学ぶ以上に、大切なものを学んだのではないでしょうか。
今回の“セミのぬけがら調べ”は、環境の自然度を知ることが目的でしたが、まだまだ子ども達にとっては、難しかったかもしれません。それでも、今回の経験が、彼らの記憶に残ることで、もう少し大きくなったとき、環境問題により多くの関心を持つ良いきっかけとなればなと感じました。
e0024067_17594567.jpg

[PR]
by aozorafoundation | 2007-08-20 18:02 | にしよどがわこどもエコクラブ

セミ新聞の展示について

セミの抜け殻調べで子ども達がまとめた
「セミ新聞」を西淀川図書館で展示します。


あおぞら財団 インターン   同志社大学 吉川知里

8月18日に小学生を対象とした「セミのぬけがら調査」が行われました。
そこで作成された「セミ新聞」が、西淀川図書館で展示されます。

◆期間◆2007年9月1日~10月31日

◆場所◆西淀川図書館
開館時間 火曜日~金曜日 10時~19時 土曜日・日曜日 10時~17時
休館日   月曜日、祝日、毎月末日
詳しくは 西淀川図書館HP

●ガールスカウト
e0024067_1785945.jpg

写真をたくさん貼ってくれました。色画用紙を折って立体的に作られています。

●たんぽぽ学童
e0024067_1795612.jpg

たった2人でここまで頑張ってくれました。文字がカラフルで楽しくなっています。

●なかよし学童
e0024067_1710946.jpg

セミが卵を産み付けた産卵痕を発見してくれました。新聞らしいデザインです。

●佃西学童1
e0024067_17104798.jpg

雑誌風に面白くまとめてくれました。みんなの写真が貼られています。

●佃西学童2
e0024067_1711867.jpg

色画用紙をめくると何が出てくるのでしょうか!?セミの絵を描いてくれました。

●かみの学童
e0024067_17111847.jpg

いろんな発見をわかりやすく書いてくれました。ふしぎ発見コーナーもあります

●イルカクラブ
e0024067_17112815.jpg

思ったこと、感じたことを書いてくれました。セミのいた場所が分かります。

●青チーム
e0024067_17114016.jpg

メスの木とオスの木をわけて、模造紙いっぱいに描いてくれました。

●赤チーム
e0024067_17115155.jpg

みんなが感じた事を絵と文字で元気よくまとめています。

●緑チーム
e0024067_1712521.jpg

アブラゼミを発見したことをまとめてくれました。木がたくさん描かれています。
[PR]
by aozorafoundation | 2007-08-20 17:19

韓国人高校生の訪問

あおぞら財団 インターン  同志社大学 島中裕子

8月3日 5名の高校生と1名の引率者の計6名の韓国の方々が、あおぞら財団に来られました。高校生たちは、ソウル市主催の“グローバルリーダー養成事業”に選ばれたButterfly Effect(バタフライ・エフェクト)という女性のチームで、“日本の大気汚染の対処方案研究及び考察”を目的に、来日されました。
日本では、東京都庁や市役所、企業や工場、財団など様々なところを見学され、このあおぞら財団にも来られました。あおぞら財団では、この高校生達6名と、理事の森脇さん、財団の方々、安達先生、西淀川高校の辻先生、西淀川高校生3名で交流会が行われました。ここでは主に、“大気汚染についての市民の努力”をテーマに、あおぞら財団の活動やその効果、政策への影響、大気の保護対策についての話し合いが行われました。公害裁判の歴史のビデオや財団の説明のためのスライドを用いて、森脇さんや、財団の方々からの説明があり、それについて高校生達が質問をするという形態でした。
e0024067_17465729.jpg

財団側からとしては、西淀川という区域は、周りの地区にある工場からの汚染物質が風に流されて大きな被害の出た区域であったため、その立証が難しかったことや、裁判に20年という長い年月がかかってしまったこと。また、大気汚染の原因には、主に2種類あり、自動車からの排ガスと工場からの煤煙であるため、西淀川では、道路・交通政策と工場に対する規制がなされてきたこと。例えば、西淀川では、特に、通過交通の大型車による排気ガスが大気に大きな影響を及ぼしていると言うことで、有害物質を吸収する壁にするだとか、住宅の密集している所にある道路ではなく、海に近く住宅の少ない道路を使ってもらうために、海に近い方の道路の使用料を安くするなどの様々な対策が取られていること。自動車の台数そのものを減らすという提言に対しては、まだまだ実現が難しいということ、などの説明がありました。当時の煙だらけの西淀川の写真を見て、高校生達は、本当に驚いた様子でした。私は、特に、“当時、工場からの煙を見れば、その色から、どういう物質を利用しているかが分かった”という森脇さんの話にとても驚きました。
また、森脇さんから高校生達へのアドバイスとして、“日本のことを学ぶことも大切だが、韓国での大気汚染の歴史や国の対策について学ぶことも大切だよ”とおっしゃっておられたことが、印象的でした。
高校生達から、西淀川高校生に対して、“自転車マップづくりのような環境学習には、生徒自ら、進んで取り組んでいるんですか?”という質問に対しては、西淀高生は“はいっ”と答えていました。
e0024067_17474320.jpg

とにかく、みなさん、日本語が本当に上手でした!!なんと、韓国では、高校から第二外国語があるようです!驚きでした・・・
高校生達が、大気汚染というテーマを選んだのは、彼女達の内の一人が、“綺麗な空気が吸いたい”と言ったからだそうです。みなさん、本当に好奇心旺盛で、意欲があり、次の世代を担う人として、頼もしいなと感じました。
e0024067_17453948.jpg
この交流会の後、みんなでお食事に行ったのですが、西淀川の高校生達とは、歳が近いこともあって、本当に仲良くなっていました!こういった国際交流の場は、なかなか体験出来ないことなので、お互いに良い経験になったのではないでしょうか。
e0024067_1745893.jpg

[PR]
by aozorafoundation | 2007-08-06 17:48 | 資料館(エコミューズ)

2007年度 手元版自転車マップづくりへの道

あおぞら財団 インターン  同志社大学 島中裕子

8月3日 午前:雨 午後:くもり、強風
やや微妙な天気の中、自転車マップづくりが行われました。今回は、これまでの大型の自転車マップを手元版にするために、もう一度、危険箇所やあやふやな点を調査し直すという目的での走向チェックを行いました。
今回のメンバーは、財団の林さん、西淀川高校の辻先生、西淀川高校生3名、私の計6名だったので、林班と辻班の2つに分かれて行いました。ちなみに、私は、辻班でした。
e0024067_1472461.jpg

私達の班は、主に、淀川の河川沿いの道を大阪湾に向かって走りました。天気も曇りであったため、風邪が気持ちいい~!! と最初は思ったのですが、それもつかの間でした。この日は、特になのかも知れませんが、とりあえず、ものすっごい強風でした!!河川沿いの道は、自転車道が狭い上に、坂道が多く、ガードレールがない所もあり、大型のトラックが横を通ると、とても怖かったです。
e0024067_1481754.jpg
また、砂やゴミが散乱していて、風でまいあがり、臭いがきつく、目にゴミが入ったり、喉がイガイガしました。
この日は、風が強かったこともあり、ウィンドサーフィンをしに来ている人が多かったため、路上駐車もひどかったです。
e0024067_14203155.jpg


その他にも踏切地点で、急に自転車道が無くなったり、e0024067_1430311.jpg






上に鉄道が走っているため、どう考えても通れない道があったり、
e0024067_14382021.jpg






通り抜けるのに困難な、道があったり、e0024067_14491727.jpg








自転車道のすぐ横が、崖のようになっていたり、

e0024067_14422566.jpg







と、危険なところが沢山ありました。
せっかくの素敵な景色が台無しでした。西淀川高校の辻先生は、河川沿いの道からの景色を見ながら、“景色だけ見てたら、マンハッタンみたいなのにな~”とつぶやいていました(笑)

私は、久々に自転車に乗ったのですが、意外と涼しくて気持ちよかったです!いつも電車の中から見ている淀川に、実際に行けたことは、良い思い出となりました。しかし、実際に自転車で走ってみることで、危険だなと感じる点も多くありました。西淀川の人々が、もっと快適に、そして安全に、自転車ライフを送るためにも、この自転車マップをどんどん進化させていって下さい!!
                  西淀川のマンハッタンを目指して!
e0024067_14213536.jpg

[PR]
by aozorafoundation | 2007-08-06 14:52 | 自転車マップ