<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2008年度 Eco Communication Clubに参加


財団 インターン 桃山学院大学 畠山貴子

8月26日くもり、13時半~16時
西淀川高校には環境のことを考えるエココミュニケーションクラブ(Eco Communication Club)、略してECCがあります。この日はECCの活動に参加をしました。

まず、ペットボトルをリサイクルして“風車”を作りました!!なぜ風車を作るのかというと、風力発電や自然エネルギーの仕組みを学ぶためです。
風車は500ccのペットボトルで作りました。はさみやカッターで一生懸命に切って作りました。


e0024067_1712239.jpg
できあがり!!!










またこの風車は、西淀川図書館のイベントでECCの生徒達が子ども達の前で作り方を説明して一緒に作る予定です。今日はそのための準備ということで、私も一緒に作ってみました。図工の授業みたいで楽しかったです。


e0024067_1714458.jpg

作った風車を回している所

次に菜の花の種を袋に入れて、菜の花プロジェクトの説明が書いてある紙にその袋をホッチキスで留める作業をしました。紙を折る人と袋に種を入れる人と袋を紙にホッチキスで留める人に分かれて作業をしました。

みんな真剣です。
e0024067_11534256.jpge0024067_1154761.jpge0024067_11543657.jpge0024067_11545864.jpg


みんなで作業をしたので、あっという間に終わりました。



e0024067_11562240.jpg完成!!!




この菜の花の種は明日、菜の花畑を耕す作業に参加する人たちなどに配布します。




e0024067_1203170.jpgその畑をみに行きましたが、雑草がたくさん茂っていました。














明日はこの畑の雑草などをぬいて耕し、菜の花の種を植える準備をします。私は参加できませんがみなさん、頑張って下さい。


最後に西淀川高校での体験の感想ですが、風車作りは楽しかったです。私の歳でも夢中になるので、子ども達はもっと熱心に作って、楽しんでくれるだろうと思います。風車を作ったり、畑を耕したり、私にはいっけん環境とは何の関係もないように思えましたがそれが地球のためになることに驚きました。またECCのようなクラブがあり、活動している高校生がいることにも驚きました。私ももっと環境のことを考えてできることから、温暖化対策を実行すべきだなと思いました。今日はとても勉強になりました。
[PR]
by aozorafoundation | 2008-08-29 17:26 | 西淀川ESD菜の花プロジェクト

生き生き地球館エコクラブへの紙芝居

8月23日(土)
コンソーシアム京都 京都外大インターン生 三回生 佐多一弘

大阪の鶴見緑地内にある生き生き地球館で、菜の花プロジェクトの活動がありました。菜の花プロジェクトは環境省のESD(持続可能な発展のための教育)の一環で、菜の花を育て、そこから採れた菜種油でBDFを精製し、車やバスの燃料に使います。そこで排出されたCO2は、菜の花を育てるときの光合成で回収します。このような循環を作り、地球に負担をかけないようにするというのが、菜の花プロジェクトの目的です。
西淀川はESDのモデル地域に選ばれ、あおぞら財団は菜の花プロジェクトを一人でも多くの人に知ってもらうために活動しています。

ESDについてはこちら↓
http://www.env.go.jp/policy/edu/esd/about/index.html

菜の花プロジェクト詳しくはこちら↓
http://nanohanany.blogspot.com/

この日は西淀川高校の生徒たちが、生き生き地球館エコクラブのこども達に紙芝居で菜の花プロジェクトの説明をして、実際に廃油をBDFに変える装置を使って実演もしました。
エコクラブのみなさんも様々なエコ活動を行っており、菜の花プロジェクトはその一つです。菜の花を育て、採れた菜種油で天ぷらを揚げて食べたそうです。そのときの廃油を持ってきてもらいました。この日は他の皆さんにも廃油を持ってきてもらい、それを使ってBDF作りを実演しました。

e0024067_16254788.jpg
生き生き地球館。

まず西淀川高校の生徒さんたちが、紙芝居で彼らの経験も踏まえて、菜の花プロジェクトの説明をしてくれました。

e0024067_16314654.jpg
自己紹介から緊張していました。


e0024067_16341319.jpg
紙芝居で説明をしてくれた古川さん。こどもたちの反応も良くて、楽しそうでした。

e0024067_1743392.jpg
                         BDF精製機

説明が終わると、次は西淀川高校の辻先生がBDFを作る過程を説明してくれました。BDF作りはまず、一番左のタンクに廃油を注ぎます。次に水酸化ナトリウムとメタノールを混ぜた溶液を同じタンクに注ぎます。このとき、ゆっくり入れることがポイントです。
そしてスイッチを入れます。スイッチを入れると廃油と溶液がよく混ぜられ、メチルエステルとグリセリンに分離されます。メチルエステルは燃料の元になりますが、BDF精製にグリセリンは不要物となります。しかしこれも捨てるわけではありません。ちゃんと畑の肥料として使用します。
使用できるBDFを作るには2日ほどかかるので、この日はここまでの作業をエコクラブのみなさんとやりました。

e0024067_16356100.jpg
「天ぷらおいしかった?」と尋ねる辻先生。

e0024067_16352079.jpg
積極的に手を挙げて参加してくれたこどもたち。

e0024067_16353294.jpg
エコクラブで作った菜種油の廃油を注いでいます。

e0024067_16354457.jpg
薬品が飛ばないように手袋、サングラスを装備して慎重に混ぜています。

e0024067_16355437.jpg
混ぜた溶液をタンクに注ぎます。こぼさないようにそっと…。

e0024067_1636722.jpg
スイッチを誰が入れるかで、木村くんと王様じゃんけんです。

BDFはこのあと水と混ぜられます。油、水と油が分離されていない液体、水の3つに分かれます。油は水や他の不純物と比べて軽いので、上に浮かび上がります。このとき浮かびあがったのが、使用できる油です。これを繰り返して良質の燃料を精製します。

この日は最後まで出来なかったので、出来上がったBDFを使って発電機を動かしました。みんな見慣れない物なので興味津々でした。こどもは本当にいろんなことに好奇心が働くので、驚かされます。

e0024067_16362626.jpg






発電機に集まるこどもたち。


発電した電気で何を動かすのかというと…











扇風機です!コンセントを入れ、羽が回った瞬間「おぉー!!」と歓声があがりました。みんなで育てた菜の花から採れた油から出来たBDFでもこうやって動くんですよ、という説明にみんな感心していました。天ぷらの臭いするかな?と言うこもいました。

e0024067_16375221.jpg
BDFで発電した電気で扇風機が回りました!!

扇風機だけでは面白くないよね?ということで、今度はテレビをつけることにしました。

e0024067_163855.jpg






さぁつくかな?



e0024067_16381756.jpg






つきました!!ここでも歓声があがりました!

BDFで発電した電気で、ビデオを見ました。「エコロ島」という環境のアニメを見ました。みんな最初はテレビじゃなくて「えぇー」と不満を言っていましたが、さすがこどもたち。見始めると画面に釘付けでした。
ビデオを見て、最後にみんなでちゃんと挨拶をして終わりました。

e0024067_16384260.jpg
地球には自然のサイクルがある、地球にいいことをしていると感じることが大切だということを、学びました。

e0024067_16385885.jpg
みんな良い勉強になりました!!


私の感想としては、こうやって環境活動は行われているのかぁと実感しました。今まで
こういった活動を聞いたことはあっても、見たことはなかったので実際に参加することができて、見ることができてよかったです。私自身学ぶ事、得るものが多々ありました。
こどもたちに考えさせる、考えてもらうことは本当に大切ですね。未来の担い手である彼らに環境のことを考える大切さを教え、環境のことを考えるクセ…といったら変ですが、習慣がつけば、きっと未来の地球は良くなるだろうなぁと思いました。そしてそんなこどもたちに伝えることができ、いろいろな人が出会える場を作ることは素敵なことだなぁとも思いました。私たち大人も負けていられませんね。

e0024067_16391112.jpg
お疲れ様でした。
[PR]
by aozorafoundation | 2008-08-26 17:00 | 西淀川ESD菜の花プロジェクト

フードマイレージ買い物ゲーム(いずみ市民生協)

*実施日     2008年7月14日
*実施場所   大阪いずみ市民生活協同組合(大阪府堺市)
*対象      生協組合員

  フードマイレージ買い物ゲームは食材の写真を用いて買い物を疑似体験し、食材が生産地から消費地に運ばれるまでに排出する二酸化炭素や二酸化窒素が環境にどのような影響を与えているかという事を、1970年代と現代の食生活を比較しながら実感し、学習するゲームです。 大阪いずみ市民生協で実施されたイベントにアシスタントとして参加させていただきました。
当日は7~8名のグループが8テーブルもあり、1970年代と現代の春夏秋冬、すべてのグループができました。 参加者が60名も集まったという事は生協が地域にいかに密接に結びついているかという事や、組合員の食に対する関心の高さを示していると思います。 参加者は殆どが知らない人同志で、始まる前は会話もあまりありませんでしたが、林さんの「今日はこのグループが家族になってもらいます。1970年代は現代と比べて品数は少ないですが、鯨など現代にはないものもあるし、旬のものは旬に食べたりして、時代を楽しんでくださいね!」という一言で一気に和やかな雰囲気になり、自己紹介の間、各テーブルから笑いがおこり、とても楽しくゲームが始まりました。
  私自身は昨年JICAの研修で、このゲームを体験しましたが、その時は殆どの参加者が学校教員だったので
今回のゲームでは主婦ならではのアイデアを聞くことができ、とても興味深かったです。 特に献立の豊富さや栄養面での配慮には見習うべきところが多くありました。「卵が少し余ったのでかきたま汁を作りました。」「大根が多すぎたので柿とナマスにしてみました。」「さばは安くて栄養があり、大家族で分け合うにはちょうど良い食材です。」「唐揚げが脂っぽいので、さっぱりとたこの酢の物を添えました。」「青みが足りないのでホウレンソウを足しました。」「調味料で食材にバラエティを付けました。」など家族の健康を預かる主婦の、家族への深い愛情を感じました。また「こんなにいらないから葱の本数を減らして。」とか「鶏肉を半分だけ買いたい。」とかいう質問もあり、
家庭の経済を預かる主婦ならではと思いました。
  ゲーム前のアンケートでは、このゲームを経験したことがある人は2人だけでしたが、「フードマイレージだから
近所で買い物するほうがいいよ。」という発言が出たり、全グループが交通手段に自転車を選んだりしたところを見ると、フードマイレージが昨今メディアに取り上げられ、研究者や学校関係者だけではなく、一般の方にも浸透しているのを感じました。
  一般的に1970年代より現代、旬より季節外れの食材がCO2排出量を表す星印が多くなるが、グループ数が
多くなると、献立の立て方によって、1970代の方が星印が多くなる可能性もあるということも新発見でした。
当日の星印は10~40個でしたが、小学生が食べたい物を優先させた献立では星の数が80個にもなると聞き
驚きました。 
もう一つ再確認したことはカードの威力です。 星の数を見て各テーブルから「すごい!」や「こわい!」という歓声が上がり、食材の写真、CO2の星印、道路網など視覚に訴える効果が絶大であると感じました。
  最後に林さんが「このゲームの目的は、豊かな生活をあきらめ、こうしたらダメ、ああしたらダメというのではなく、まず自分たちの食生活を考え直してみようということです。」と言うと、多くの人が深くうなずき、共感されていたのが印象的でした。 
  経済学者のランデスは「体重を増やさないことに多額の金を費やす国」「生きるために食べる国」「次の食事がどこで手に入るかもわからない国」という示唆に富む表現で、経済発展の勝者と敗者の存在を示しました。 フードマイレージ買い物ゲームは、経済発展の勝者である飽食の国日本で、人々がその食生活やライフスタイルが環境や健康に及ぼす影響を見直す事を、わかりやすく提示してくれる素晴らしいゲームだと感じました。 
(安田 万里)                                                      
[PR]
by aozorafoundation | 2008-08-25 11:38 | フードマイレージ

集めた廃油を業者にとりに来てもらいました

西淀川持続可能な交通市民会議(西淀川ESD)で、西淀川菜の花プロジェクトの一環として廃油回収をよびかけて2ヶ月がたち、ポリタンク1つ分の油があつまりました。そこで、油の回収業者にとりに来てもらいました。(8/7木)
集まった油は18ℓ。ガールスカウト26団のメンバーや、西淀川公害患者と家族の会の人たちが持ってきてくれました。
*ガールスカウト26団の廃油回収の様子はこちら 

e0024067_18551764.jpg
e0024067_18552676.jpg


回収した油はバイオディーゼル燃料(BDF)の原料としてリサイクルされます。軽油の代替燃料として使われ、車が動きます。
*回収業者、レボインターナショナルHPはこちら 
[PR]
by aozorafoundation | 2008-08-19 19:00 | 西淀川ESD菜の花プロジェクト

西淀川高校での中学・高校・大学学習・交流会

西淀川では環境省のモデル地域として持続可能な開発のための教育(ESD)への取り組みを展開してきましたが、そこでめざしてきたのは人と人とが「つながる」ということ。
7月23日・8月4日の両日に西淀川高校で開催された「西淀川高校 菜の花プロジェクト」を学習する会(大阪市中学校教育研究会特別活動部主催)は、地域の中学生・高校生・大学生が菜の花プロジェクトを通して「つながる」、そのきっかけの場となりました。見学させていただいた内容を以下に簡単にご報告しておきます。

7月23日

淀中学校・梅南中学校・菫中学校から合計15名が参加し、西淀川高校エココミュニケーションクラブ・生徒会の面々とともに菜の花プロジェクトについて学びました。
e0024067_15321879.jpg

まずは西淀川高校の辻先生から、西淀川の大気汚染と公害訴訟の歴史についての講義と、西淀川高校で実施されている環境の授業についての説明がありました。「ぜん息を患っている人はいますか?」という先生からの問いかけに対して参加者30名弱のうち4名が挙手。今でも大気汚染の問題はなくなっていません。
e0024067_15324136.jpg

ついでDVDを視聴し、菜の花プロジェクトの意義を学習。菜種油や使用済みの天ぷら油から環境にやさしい燃料ができるというはなしには、みな関心を持って熱心に耳を傾けていました。また西淀川高校生徒会が新しく取り組みはじめたペットボトルのキャップ集めについて説明を受けました。通常は捨てられているキャップを400個集めると10円になるとのこと。800個でポリオワクチン1本を途上国におくることができるといいます。
e0024067_15325850.jpg
 
e0024067_15332076.jpg

休憩をはさんで校内を見学。BDF精製機や菜の花畑、ビオトープ池を見てまわりました。とりわけBDF精製機に中学生は興味津々。「動かしてみて!」という声もあがっていました。
e0024067_15334954.jpg
 
e0024067_1534692.jpg

最後に教室に戻って質疑応答。なぜ菜の花プロジェクトを始めようと思ったのか、BDF精製機を購入することにしたのはなぜか、菜種はどのくらいとれたのか、菜の花畑をもう少し大きくすることは考えていないのか、といった質問が出ていました。

8月4日

第1回に引き続き淀中学校・梅南中学校・菫中学校から8名が来校。加えて大阪経済大学現代GP学生実行委員会から2名の参加をえるとともに、菜の花プロジェクトのお手伝いをしてくださっている地域在住の木村さんも来られ、にぎやかな会となりました。
e0024067_15344045.jpg
 
e0024067_1535012.jpg

座学中心だった前回とは異なり、今回は作業中心の内容です。まずは前回見るだけだったBDF精製機を実際に使ってみることに。中学生のみなさんがおうちから持参した廃油を精製機に入れ、水酸化ナトリウムとメチルアルコールを加えてスイッチオン。
e0024067_15352940.jpg
 
e0024067_1535441.jpg

攪拌するのに時間がかかるため、BDF精製作業は今日はとりあえずここまで。残りの時間をつかって、トウモロコシの収穫をしました。菜種を収穫した後、菜の花畑をトウモロコシ畑として活用していたのです。まだ十分に熟していない実が多かったのですが、なんとか一人一本は確保。最後に感想を書いて解散となりました。
e0024067_153634.jpg

このような中学・高校・大学が連携しての活動は、まだまだ手探りではありますが、このつながりが発展し広がってゆくとよいですね。
[PR]
by aozorafoundation | 2008-08-12 15:36 | 西淀川ESD菜の花プロジェクト

国際教育セミナー 

食と交通と環境を学ぶフードマイレージ買い物ゲーム
大阪経済大学 中原佳穂
e0024067_1645534.jpg
2008年8月2日、JICA大阪でJICA国際教育セミナーが開催されました。あおぞら財団では、「買い物から環境と交通を考える」をテーマとし、買い物ゲームを通してフードマイレージについて参加者の皆さんに学んでいただきました。
午前中の参加者は20名で、ほとんどの方が学校の先生でした。セミナーはまず、買い物ゲームから始まりました。現代の春チーム・夏チーム、1970年の春チーム・夏チーム、各5名ずつに分かれてゲームを行っていただきました。
メニューを決める際、皆さん普段通り自分の食べたいものから自由に楽しんで、メニューを決めていました。しかし、全てのチームに家庭科の先生がいらっしゃったことから、各チームのメニューは彩りや栄養価が計算されていたり、旬の素材にこだわるなど、とても素晴らしいものとなりました。中には、出来上がったメニューを模造紙に書く際、下書きをして料理の配置にまでこだわるといったチームもありました。
メニューを決め、各チームの発表が終わった後は、コック姿に扮したあおぞら財団林さんよりフードマイレージについての講義です。フードマイレージとは、食料が生産地から消費者に届くまでの、「食材の量×生産地から消費地までの距離」のことです。セミナーでは、分かりやすくするためにフードマイレージにCO2排出係数をかけることで食材が消費されるまでのCO2の量を☆の数で表しています。
各チーム、自分たちの使った食材の☆の数を確認して、驚きの声をあげていました。また、買い物手段として車を使用した現代夏チームは☆の数が合計142個となりダントツのトップとなりました。1970年春チームの10個が一番少なく現代夏チームはその10倍以上となってしまいました。この要因として挙げられるのは、食生活の変化により輸入量が増えたことと、国内での食材の輸送手段が鉄道から車へと変化したことです。
今回のセミナーを通して皆さんにはフードマイレージについて学んでいただきました。セミナーの最後にはまとめとして、フードマイレージを減らすためにはどうすればいいのか、参加者の方に政策を考えていただきました。農業政策に力を入れると考えた人、車のCO2排出量を減らすと考えた人、様々な意見が飛び交いました。何が正解というわけではありません。買い物ゲームを通してフードマイレージについて皆さんに考えるきっかけを作ることがあおぞら財団のねらいです。
今回、私の目的は自分でフードマイレージについて講義できるようになることです。そのためにボランティアとして参加させていただきました。林さんのフードマイレージについての講義を参加者の皆さんと一緒に受け、フードマイレージの基礎知識、日本の食の時代背景から環境への影響を学びました。また、座学だけでなく買い物ゲームを通し学ぶことで、参加者の皆さんは楽しく、フードマイレージ・環境問題について考えるきっかけが作れるんだと思いました。
[PR]
by aozorafoundation | 2008-08-11 16:45 | フードマイレージ