<   2008年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

もりもとまきのアーキビストの目 No.2

「みんなの力」で-西淀川公害患者と家族の会会報『青空』第10号-

あおぞら財団付属「西淀川・公害と環境資料館」(愛称「エコミューズ」)では、西淀川大気汚染公害に関する記録資料を中心に、公害・環境問題や、西淀川地域に関するさまざまな資料・文献などを収集・整理・保存しています。
ブログ版第1回の今日は、西淀川公害患者と家族の会会報『青空』第10号(1973年11月20日発行)をご紹介します。『青空』は同会の発足(1972年10月29日)以来、現在までに295号発行されています。
この号の一面トップ記事は、11月7日に行われた関西電力株式会社との直接交渉のもようを伝えています。この直接交渉には、会から代表120名が参加しました。
e0024067_15453035.jpg
この交渉が実現した理由を、「ワテはおにぎり 私は子守します みんなの力で」という見出しの記事で取り上げ、この交渉が、「交渉に参加する人の子供をあずかる組、ゼッケンをつくる組など、みんなが家の仕事や条件を出し合い、やれる事を手分けしてやることによって成功」したことを伝えています。
『青空』はエコミューズで所蔵分がすべて閲覧可能です。さまざまな問題と向き合い、地域の暮らしを改善するための活動を伝える、数多くの資料に触れてみませんか。ぜひご来館ください。
(もりもとまき・エコミューズ資料整理スタッフ)
[PR]
by aozorafoundation | 2008-10-31 16:12 | 資料館(エコミューズ)

もりもとまきのアーキビストの目 No.1

「もりもとまきのアーキビストの目」blog版スタート!
はじめまして、あおぞら財団付属「西淀川・公害と環境資料館」(愛称「エコミューズ」)資料整理スタッフの森本米紀(もりもとまき)です。
『資料館だより』第20号(隔月発行)から、「もりもとまきのアーキビストの目」の連載を始めました。
『資料館だより』第20号はこちら→http://www.aozora.jpn.org/pdf/dayori20.pdf

アーキビストとは、文書や資料の収集・整理・保存に関わる専門家のことです。
このたび、ブログ版をスタートします。ブログ上でも、エコミューズ所蔵資料のさまざまな顔をご紹介します。よろしくお願いします。
[PR]
by aozorafoundation | 2008-10-31 15:58 | 資料館(エコミューズ)

ならコープでフードマイレージ

2008年10月28日 コープみみなしにて

秋はフードマイレージの季節なのでしょうか?
毎週、フードマイレージの講義をしているような気がします。

さて、今日はならコープさんにお邪魔しまして、フードマイレージ買物ゲームを実施しました。
e0024067_18131878.jpg

沢山の方が集まってくださいました。
「難しそうかなぁと思ったけど、カードを見ると楽しそうな気がする」とのこと
フードマイレージってちょっと聞いただけだと、たしかに取っ掛かりにくそうですよね。

ゲームの結果は、環境担当の理事さんがいたチームが一番フードマイレージが少なかったです。おみごと!
e0024067_18145816.jpg

食べ盛りの息子2人がいる家庭を想定してのチームでは、ボリューム重視の為にフードマイレージが多くなってしまいました。

買物と環境のつながりを考えるきっかけとなってくれればうれしいです。(林)
[PR]
by aozorafoundation | 2008-10-28 18:16 | フードマイレージ

廃油回収inなかよし祭

2008年10月26日(日)

西淀川区子ども・子育てセンターのおまつり
「なかよし祭」に参加しました。
e0024067_18333099.jpg

廃油回収と石けんづくりを実践しました。
e0024067_1834010.jpg

チラシに「廃油回収してます」と書いてくれたので
持ってきてくれる人がぼちぼちいました。
e0024067_18341383.jpg

雨の中で大変でしたが、地域の人と触れ合うことができてよかったです。
西淀川高校ECCの前田君も大活躍です。
[PR]
by aozorafoundation | 2008-10-27 18:34 | 西淀川ESD菜の花プロジェクト

西淀川図書館イベント「ミニ風車で風を体験しよう」

10月25日(土)に西淀川図書館でイベント「ミニ風車で風を体験しよう」が開催されました。こどもたちにペットボトル風車づくりを体験してもらおうというものです。集まったのは13人のこどもたちと7人の保護者の方々。そして進行役と講師をつとめたのは西淀川高校エココミュニケーション同好会(ECC)のみなさんです。
e0024067_1242192.gif

e0024067_12425557.gif

はじめにECCのメンバーが作成した紙芝居を上演。ゴミのポイ捨てをやめて地球をきれいに、というメッセージをとても洗練された絵と感情のこもったナレーションとともに伝えてくれました。ECCのみなさんは定期的に学校周辺の清掃活動を行っています。こどもたちもみな熱心に見入っており、ECCのみなさんのメッセージが伝わったのではないでしょうか。
e0024067_12433517.gif

e0024067_12441578.gif

休憩をはさんでいよいよペットボトル風車づくりを開始。参加したこどもたちは説明をききながら、またECCのお兄さん・お姉さんたちや保護者の方々の手を借りながら着々と作業を進めてゆきます。とりわけ仕上げの色塗りにはみんな夢中。カラフルで個性的な風車ができあがりました。扇風機からの風にあててみるとみな勢いよく回り、つくったこどもたちもお手伝いをしたECCの面々もとてもうれしそう。
e0024067_12444525.gif

e0024067_12451075.gif

最後に菜の花プロジェクトのステッカーと菜種を手渡して無事に閉会となりました。これまでにも菜の花学会や生き生き地球館西淀川区民まつりでの発表などを通じて啓発活動に取り組んできたECCのみなさんですが、経験を積むたびにたくましく成長しているようすが伝わってきます。
e0024067_12494759.gif

おつかれさまでした。
[PR]
by aozorafoundation | 2008-10-27 12:52 | 西淀川ESD菜の花プロジェクト

福島県でもフードマイレージ

今年の2月に福島県地球温暖化防止活動推進センターにて
フードマイレージ買物ゲームを実践しました。
その時の様子はこちら

福島県の推進員の皆様の心をつかんだようで
「ぜひ福島版のフードマイレージ買物ゲームのキットを作成したいと
福島県地球温暖化防止活動推進センター白河青年会議所から依頼を受けました。

春からカードを作成したのですが
秋になりカードをようやく完成させることができました。

夏の終わりから、福島版温暖化防止活動推進員の方々を対象に
NPO法人 超学際的研究機構 福島県地球温暖化防止活動推進センター主催で
『福島版フードマイレージワークショップの講師になろう!』の講座が4回開かれています。

1回目は大阪版フードマイレージ買物ゲームの体験(8月31日)
2回目は福島版フードマイレージ買物ゲームの組み立て(9月28日)
3回目は教え方のポイントを学ぶ(10月19日)
4回目は地元の方々を招待して実践(10月28日)

私は1回目と3回目に講師として呼ばれました。
3回目であった昨日は、「教え方のポイントを伝える」ということで
私も初めての体験でした。

指導者養成の場に立つことはこれまでも多かったのですが、
「教える」プロの「教員」が対象であることが多く
「教える」「伝える」前提部分を一緒に考えることはしていませんでした。

推進員の方々は、「教えるということが初めて」という方が多いため、
「教える」「伝える」ためにはどうすればいいのかを一緒に考えることとなりました。

皆さん熱心に予行演習を行っています。
e0024067_18205129.jpg

予定している時間よりもオーバーする方が多かったのが印象的でした。
調べたことは、いっぱいしゃべりたい気持ちになってしまいますよね。

来週は、推進員のみなさんが講師として活躍される予定です。
皆さんの視点を生かした福島県ならではの
フードマイレージ買物ゲームに発展していけばいいなぁとおもいます。(林)

余談ですが
e0024067_18394225.jpg
フードマイレージ買物ゲームは地産地消と結び付けやすいので
ご当地バーガーの一つである白河バーガーをいただきました。
e0024067_1840097.jpg

米粉のパンを使用しています。
ピクルスの代わりにお漬物が入っていたのが驚きでした。

皆さんお世話になりました。ありがとうございます。
[PR]
by aozorafoundation | 2008-10-20 18:54 | フードマイレージ

滋賀県立大学フードマイレージ&ダイヤモンドランキング

2008年10月16日 滋賀県立大学環境科学部「政策形成・施設演習2008」

環境政策形成の実践の場で活躍する人々から直接はなしを聞いて、
実態と課題を具体的に理解することを目的とした講座です。
ゲストティチャーとして、毎年協力しています。
e0024067_1325613.jpg

フードマイレージ買物ゲームを体験した(1限1.5時間)後に
ダイヤモンドランキングとあおぞら財団の説明を行いました。

ダイヤモンドランキングはこちら

ダイヤモンドランキングの実施があることと、あおぞら財団の説明があることが
この授業の特徴です。
ダイヤモンドランキングでは、自分の考えと他人の考えの違い
そして、グループで意見をまとめることの難しさを学びます。
e0024067_1321716.jpg

あおぞら財団の説明をして、なぜこのような教材を作っているのかという背景を知ってもらい
自分が教材を作るならどうするかという課題が与えられます。
どのようなレポートになるかとても楽しみです。

また、ボランティア大募集ですと宣伝をさせてもらいました。
滋賀県立大学は彦根にあって、あおぞら財団まで2時間ほどかかる場所にあるのですが
それでも毎年ボランティアにきてくれます。
学生さんはキラキラした目で好奇心いっぱいに聞いてくれるので
とてもうれしくなります。
(林)
[PR]
by aozorafoundation | 2008-10-17 13:03 | フードマイレージ

大阪市立中学校教育研究会特別活動部研究発表会

2008年10月15日 大阪市立咲くやこの花高等学校にて

西淀川ESDで取り組んでいる
いろいろな学校(中・高・大)や地域の交流で
西淀川高校の菜の花プロジェクトを支えてきた活動報告を
大阪市立中学校の特別活動の担当の先生方に報告してきました。
大阪市立中学校は120校ほどあるのですが
研究会には90名参加されていました。

実践報告は梅南中学校の柿花正信先生です。
夏休みに中高の交流事業として取り組んできたこと
の発表ですが、最初は
「なぜこの場に大学生や地域の方がいるのだろう?」と疑問に思ったそうです。
菜の花プロジェクトを通じて、柿花先生が感じたことを紹介します。

「「菜の花プロジェクト」や「あおぞら財団」、「現代GP」、「ESD」について改めて調べてみて、「菜の花プロジェクト」の規模やその背景にあるものの大きさに驚いた。西淀川高等学校の背後には、地域、区、大阪府、そして日本や世界につながっていくものがあったからである。
「「菜の花プロジェクト」という実体験を通じて、生徒たちは、環境について考えるだけでなく、環境問題を通じて色々な立場の人たちの、縦のつながり、横のつながりをも感じることができたのではないかと思われる」
e0024067_12115730.jpg

また、菫中学校の南野先生から
放送部が作成したパワーポイントの披露がありました。
一年後には、放送啓発番組に編集するとの事です。
e0024067_12121223.jpg

その後、西淀川高校の辻先生とあおぞら財団の林が少しだけ活動報告をさせてもらいました。

市教育センターの指導助言でも
「つながり」をキーワードにいろいろな人が一緒に活動していることに驚いた。環境教育を切り口にしながら人と人をつなげようとしている。菜の花で循環型社会を作ろうとしているが、それ以外にも循環していて、いろんな智恵の中で生かされていくものなのだと感じた
との言葉をもらいました。

「つながり」というキーワードがプロジェクトの参加者に伝わっていることが
とてもうれしく思いました。
ESDの輪が西淀川から大阪市に広がっていくきっかけになればと願います。(林)
[PR]
by aozorafoundation | 2008-10-17 12:12 | 西淀川ESD菜の花プロジェクト

「エコ・安全ドライブ講習会」を開催しました

10月8日(水)に大阪府トラック総合会館で「エコ・安全ドライブ講習会」を開催しました(主催:河北地域エコドライブ推進研究会)。
e0024067_12101612.gif

講師としてお迎えしたのは堀内武徳氏。大手物流会社で安全管理の業務に長年従事され、安全運転研修所「クレフィール湖東」の専務取締役としても活躍されていた方です。ドライバーが主体となって安全運転に取り組むことによって、事故防止・コスト削減・燃費向上などを達成できるということ、またいかにそういった取り組みを経営者や運行管理者がサポートすべきかということを、データや動画などを用いて非常に具体的に説明して頂きました。講義の構成は次のとおりです。

Ⅰ 企業をとりまく環境の厳しさを読む
Ⅱ エコドライブで収益改善
Ⅲ エコドライブ実践指導ポイント
Ⅳ エコドライブ(安全)ステップアップ計画の策定と目標設定

e0024067_121032100.gif

参加者は運行管理者の方などおよそ40名。日々の業務に直結するお話とあって、熱心に耳を傾けていました。終了後に記入して頂いたアンケートでは、「エコドライブのことだけに限定するのではなく、安全面や運行管理者の管理面とも結びつけて時間かけてわかりやすくお話しして下さったので、すごく勉強になりました」、「エコ運転が、いかに会社および本人らに目に見えぬ相乗効果を出しているのかが、講義の中で解りました」、「ミーティング等、業務に活かしていきます」など、肯定的な感想を多くいただきました。堀尾先生、参加者の皆さま、どうもありがとうございました。
[PR]
by aozorafoundation | 2008-10-15 12:29 | エコドライブ

『エコジン』2008年11月号に西淀川ESDの活動の様子が紹介されています

e0024067_11143074.gif環境省の広報誌『エコジン』2008年11月号(pp. 30-31)で「"つながる"教育」として西淀川ESDの活動が取り上げられました。8/23に西淀川高校エココミュニケーション同好会が生き生き地球館でBDF精製の実演などを行った際の様子(ブログ記事)がカラー見開き2ページで紹介されています。ぜひご覧ください。
[PR]
by aozorafoundation | 2008-10-15 11:14 | 西淀川ESD菜の花プロジェクト