<   2009年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

西淀中学校 職場体験

2009年2月18日~2月20日  西淀中学校 職場体験

 今年も、西淀中学校から4人の生徒があおぞら財団に職場体験に来ました。
 3日間に渡り、ニュースレターファイルの整理や、郵送作業など様々な面で財団の活動を体験してもらいました。3日目には、財団や西淀川公害について学習してもらうために、西淀川公害展示パネル(あおぞらビル5階にあります)や、ビデオ「手渡したいのは青い空 ~未来からのメッセージ~」を見てもらいました。

e0024067_111178.jpg

 その上で、職場での体験も踏まえて、4人の生徒に感想文を書いてもらいました。
e0024067_1112739.jpg


「あおぞら財団」
池川悠

あおぞら財団ができたのはいろんな人たちのおかげということを知った。
 1930年ごろから、高度経済成長期にはいり、いろんなことが便利になったが、その反面人々が苦しまなければならないということが起きた。とくに、西淀川区はとてもひどく、昼でも真っ暗ということがあったり、ぜん息という病気のようなものになったりと、西淀川住民を苦しめ続けてついに西淀川で患者会が誕生した。
 1970年には、西淀川区が大阪市で唯一の公害指定地域となり、公害病と認定され西淀川区医師会は西淀川区医師会立公害検査センターをつくった。そして、西淀川区に訪れたジャーナリストなども西淀川区の公害を多く伝えていき、その後も社会の矛盾点を市民の立場からひろめていった。
 ついに西淀川住民の人々は、企業や国に対して裁判を行った。このことを支えたのは弁護士たちだった。しかし資料が乏しく、立証も難しく、勝訴の見込みがないと思われました。
 しかし、患者や弁護士たちが、公害病の苦しみと裁判への支援を訴えて、全国から130万筆を超える署名を集め、20年もかけてついに裁判に勝利しました。そしてその和解金の1部であおぞら財団がつくられました。
21世紀に生きる僕たちが今しなければいけないことは、昔のことを知り、未来に生きる子どもたちがいい環境で暮らすためにもCO2などを減らすことだと思います。


「公害のことを聞いて」
池野 裕悟

 最初、初めてこの「あおぞら財団」にあいさつに行き、西淀川区の空気がよごれているのを知ったが、展示を見て、大阪の大阪湾の奥の区域のほとんどが工場で、西淀川区の隣にある此花区や尼崎市なども、ふくめた阪神工業地帯の出すガスや、道路が大阪には、多いので、そこを通る車の排出するガスなどが、大阪府全体の空気を汚して、公害での病気にかかった人が今も苦しんでいるのを知りました。その他にも、ビデオを見て、十年前よりもその病気になっている人が増え続けているのもしりました。
 だけど、「それじゃだめだ。」と思った人たちが立ち上がった事には少しほっとしました。その人たちは、工場や道路の企業に、勝つのは難しい裁判をして、その他にも、公害患者の運動などをして、裁判は二十年にも渡り続けて、最終的に、公害患者の人たちの要望が通り、裁判に勝ったところが、自分は一番印象に強く残りました。もしも、自分が公害患者としたら、自分もその運動に参加したと思うからです。
 でも、今の大阪だけでなく、日本全体の空気が汚れてきていることも知りました。自分は、「今は大丈夫。」「今は空はきれいじゃん。」と思ってきました。だけど、今のままでは、もっと空気や空が汚れてきて、「自分の未来はどうなるんやろ。」と思ったが、ごちゃごちゃ考えてもしょうがないし、「自分の未来は、自分でどうにかしろ。」と思った。
 だから、自分は今、知れてよかったと思い、今からだったら、間に合うと思い、自分はこのことを広めて、皆に知ってほしいと思い、大人になってもそのことを忘れずに、自分で、できることを少しずつでいいから、今からやっていこうと思った。


「あおぞら財団で学習した感想」
福原旺達
ビデオを見て感じたことは西淀川区は空気が汚かったんだなと思った。
小学校の時に公害のことを少し習ったが、公害名などを習っただけで西淀川区の昔のことは今日初めて知った。昔の、西淀川区の、立ち上がった人たちのプレートが僕は一番印象に残っている。裁判で二十年もかかったと聞いて政府の人たちは何をしているんだと思いました。工場のけむりでたくさんの人たちがいのちを失ったんだと言うことも今日初めて学んだ。 何年もかけて西淀川区をきれいにしたという理由で僕はこのプレートが一番印象に残った。西淀川区のことをもっと知りたいと思った。頑張ってこの町をきれいにしたんだなあーと思った。 あおぞら財団のことも今日初めて知った。よく、ビルの前を、通ったりするけどただのビルかと思っていた。だから初めてここに挨拶しに来たときに、「ああー、ここか」と思った。学校では教育、保育の場所のらんにあおぞら財団があったので保育所かなと思っていた。だから今日のビデオを見て驚きました。資料を見ていって僕たちが起こそうと思った行動は身近なエコかつどうなどをしたらいいと思った。今日、学んだ公害、公害をなくそうとした地域の人たち、あおぞら財団などのこと、公害の起こす病気のことなどを忘れないようにしたい。今は大丈夫だけどこの先はどうなるのか、等を考えると僕たちはこのように頑張っているあおぞら財団などのことを知っておかなければならないと思いました。                   「終」


「公害のことを学んで」
森山 直人

展示を見て分かった事は、西淀川区は大気汚染のせいで、人々の、病気や苦しみの連鎖で大変だったことが分かりました。
そのため、人々は、企業や国に、公害の責任を認めさせ、きれいな空気を取り戻すために、
西淀川の公害患者たちは、二十年の歳月をかけた裁判公害行政の後退を止めました。
とっても長い歳月をかけたんだと思いました。
裁判が終わっても、環境が改善されたとはいえず、道路公害は、未解決であり、子供のぜんそく患者たちは増える一方だそうです。
一番印象に残ったのは、病気や苦しみの連鎖です。病気のせいで、仕事ができない・学校に行けない・食事や入浴が困難・のけ者と呼ばれるなどいろいろなことに、苦しむ人々がいる。と言う事が一番印象に残りました。いろいろな事があったというのが、あおぞら財団で分かりました。
これからは、使った油を持っていって、車をその油で動かすなどいろいろな事をしていきたいと思いました。
あおぞら財団で、いろいろなことを学んでためになったな。と思い、今後も環境のことについて、どんどん考えていったり、行動をおこしていきたいな。と思いました。
[PR]
by aozorafoundation | 2009-02-26 11:08 | 資料館(エコミューズ)

平成20年度JICAヤングリーダー研修 あおぞら財団見学

平成20年度JICAヤングリーダー研修 あおぞら財団見学
2009年2月20日(金) 14:30~16:30

 本日は当財団にスペイン語圏の諸外国からのお客様が来ました。
 グァテマラを始めとして、JICAに所属する各国環境局・NGOのヤングリーダー14人が当財団の見学と、公害患者さんのお話を聞きに来たのです。

e0024067_1012170.jpg

 まずは、「公害」を知って頂くために、高度経済成長期の四大公害問題や、西淀川の公害問題、あおぞら財団などについてパワーポイントを通して説明しました。続けて、当時の阪神工業地帯の様子や西淀川公害の被害者・裁判原告団の証言をまとめたDVD「西淀川公害裁判を闘う」「公害経験を語りつぐ」を放映しました。
e0024067_10125692.jpg


 ヤングリーダーの方達は熱心に耳を傾け、中にはDVDの放映の際にプロジェクターの前の床に座って見られる方もいて、この公害問題が参加した方々にとっていかに深刻な課題であるかを教えられたような気がしました。

 次に、西淀川公害の公害患者である豊田鈴子さん(下写真中央)から、当時の西淀川の様子、自身で体験された公害の「被害」、そして公害裁判に臨んだ心境などについて直接お話を伺いました。

e0024067_10132963.jpg

「(喘息からの)発作はひどくて一日に2~4回出る」
「死んでしまったらどれ程楽な事か」
など、豊田さんが涙ながらに語った公害被害の実態に、参加したヤングリーダーの人にも涙を流される方がいました。

 豊田さんのお話の次にあおぞら財団の藤江さんによる、財団の活動報告と、西淀川患者会の永野さんによる西淀川公害の反対運動に対する説明が行われました。

e0024067_10135050.jpg

 最後の質疑応答においては、参加者から「豊田さんの今の病状は?」「患者会の結成は西淀川住民の人々によるものか?」など意欲的な質問が多く出ました。中には「私の国では内戦によってリーダーが殺される場合もある。その為、活動方針が定まりにくい」と発言したNGOの方もいて、環境問題対策が「良い」からどの国でも即座に適用・実現していくのではなく、その国の利害・思想などが強く影響するものである事を改めて痛感しました。

 最後は全員で記念撮影をして今回のJICAヤングリーダー研修見学会を終えました。

e0024067_1014587.jpg

[PR]
by aozorafoundation | 2009-02-26 10:15 | 国際交流

もりもとまきのアーキビストの目 No.5

海の向こうの公害地域 -この目で確かめに-

『資料館だより』第22号では、エコミューズ所蔵の写真資料を紹介しています。1990年4月、森脇君雄氏(当時全国公害患者の会連合会事務局長、現あおぞら財団理事長)が、インドネシアやマレーシアの公害地域を訪れた際の行程を記録したものです。

『資料館だより』第22号はこちら→http://www.aozora.jpn.org/pdf/dayori22.pdf

(もりもとまき・エコミューズ資料整理スタッフ)
[PR]
by aozorafoundation | 2009-02-24 13:43 | 資料館(エコミューズ)

第4回緑陰道路サロン「西淀川と淀川・大阪城の再発見」開催報告

2月7日(土)、第4回緑陰道路サロン「西淀川と淀川・大阪城の再発見」が、開催されました。資料館エコミューズには、15名が集まりました(講師含む)。

まずは、土井三郎先生による(大阪歴史教育者協議会副委員長)「再発見~淀川と大阪城の歴史」のお話。
e0024067_1129491.jpg

次に、小田康徳(大阪電気通信大学教授・エコミューズ館長)による「中島大水道と農民の生活」のお話。
e0024067_11292263.jpg

講師を囲み、膝をつきあわせてのこの勉強会に、参加者はみな熱心に話に聞き入り、とても活発に質問をしていました。
e0024067_11294021.jpg

参加者の感想(一部抜粋)
■土井先生「再発見~淀川と大阪城の歴史」のお話
・「大和川」の方に住んでいるのですが、両方の大河を視野に入れるべきと考えさせられました。
・今、淀川の右岸、左岸を学んでいて少しでも理解度があがればと参加をしました。「淀川」…いかに人と密着したことと思います。
・「治水」について考え方について勉強になった。
・小学校教員としての現職時代、私自身もまさしく「治水万能主義」に基づく指導に終始してきた感がある。土井先生のお話の中での「川とおりあいをつけながら生きる」という発想は実に新鮮で忘れてはならない視点であると思う。「淀川」の冊子もいろんな分野で活用されるべき教材であると考える。

■小田先生「中島大水道と農民の生活」のお話
・古文書にふれ、久しぶりに学生気分に浸ったひとときでした。図書館に行く目的が増して楽しい老後をおくることができそうです。
・訳してもらってよくわかりました。創造してみると、昔の人の生活うりが思い浮かびます。
・前回もそうであったが、小田先生のお話をお聞きし、「中島大水道」の開削は単に歴史的史実というだけでなく、この郷土に何百年も昔に生きた多くの農民、百姓、先人たちの生活を左右する大事業であったのだろうと実感させられた。


~~~~
次回のサロンはこちら(第5回のリンク
[PR]
by aozorafoundation | 2009-02-19 11:32 | 緑陰道路サロン(事務局)

地域を元気にする「持続可能な交通」

ESTの未来をひらくパネルディスカッションが2月6日、大阪市立生涯学習センターで開かれ54人が参加しました。近畿地方環境事務所が主催したもので、あおぞら財団が協力しました。
e0024067_11134574.jpg

神戸国際大学の土井勉教授が、「地域を元気にする『持続可能な交通』NPOの役割」と題してパネルディスカッションの基調講演。交通が変われば地域が元気になる、と自身が関わった具体的な事例を紹介しながら話題提供しました。
e0024067_11141622.jpg

パネルディスカッションのコーディネーターは、大阪大学大学院の松村暢彦准教授。NPO、交通事業者、行政とそれぞれの立場から地域での取り組みを紹介し、地域交通への熱い思いを語りました。
e0024067_1114396.jpg

ひらかた環境ネットワーク会議の末岡妙子氏~バスマップと四季折々に展開してきたバスイベントについて~
e0024067_11151024.jpg

京(みやこ)のアジェンダ21フォーラムの長谷川吉典氏~京都市で展開するMMの取り組みについて~
e0024067_11152655.jpg

京阪バス株式会社の北西進太朗氏~NPOとの協同ですすめるバスイベント、バスマップづくり。地域交通を支えるバス事業者の仕事~
e0024067_1118813.jpg

兵庫県宝塚土木事務所の山内有紀氏~県北部の広域バスマップづくり、小学生による駅周辺調査~
e0024067_11164686.jpg

また、会場からは、KOBE地球おもてなし倶楽部の村上恵子氏~KOBEST、まち歩きマップの取り組み~
e0024067_1117122.jpg

MMやESTを地域で「広げる・続ける」ためのネットワークづくりの大切さ、後継者づくりなど地域とNPOがかかえる課題についても率直に語り合いました。
[PR]
by aozorafoundation | 2009-02-19 11:20 | 環境再生・まちづくり

平成20年度 環境省職員環境問題史現地研修(西淀川コース)

平成21年2月10日(火) 13時00分~16時30分

毎年、環境省から公害の現地を知るということで
西淀川に研修に来てくださいます。
東京で、公害の現状や再生活動を伝えても、
現地の空気感まで伝えることができません。
現地で見て・感じて・聞いてもらえることで
言葉以上の情報を得てもらうことができます。
見学に来ていただけることを
とてもありがたい機会だと感謝しています。

出来島駅→出来島小学校測定局→西淀川高校→あおぞら苑→大野川緑陰道路→あおぞら財団
というコースでめぐります。
あおぞら財団では公害患者さんの話と森脇理事長の話を聞きます。

本当であれば丸1日かけて行うフィールドワークなのですが
東京からの日帰り弾丸見学なので、どうしても過密スケジュールとなります。

あおぞら苑で患者の塚口アキエさんと北村ヨシエさんから話を聞きました。
e0024067_1141734.jpg

塚口さんは「前日に裁判の夢を見て、思い出してたんやぁ」
ということで、裁判に毎回出席したことや、
大気汚染で家の掃除が大変だった話を聞かせてくれました。

あおぞら財団での様子
e0024067_1155196.jpg

感想は
「街中の構造物の錆び方が他の地域よりも激しいと思った」
「再生活動が地域に働きかけてパートナーシップをつくる活動だというのがわかった」
「マンションが増えていて、公害を知らない人に働きかけるにはどうすればいいか」
など、短い時間の中でいろいろと出されました。
患者さんと森脇さんからは
「長いこと住んでいて、公害がひどかった時代はもっとひどかったし、錆びるのに慣れてしまった」
「公害闘争は白黒をつけるのが目的だけれども、再生はパートナーシップだから、その姿勢変換が難しい。」
といった意見交流がされました。

この交流が実りあるものになってもらえたらなぁと願っています。(林)
[PR]
by aozorafoundation | 2009-02-17 11:25 | 資料館(エコミューズ)

特別賞環境教育賞を受賞 フードマイレージ買物ゲーム

ストップ温暖化「一村一品」大作戦全国大会2009(2009年2月14日、15日 GRAND HALL)
にフードマイレージ教材化研究会は
大阪代表として参加してきました。
e0024067_11155872.jpg

47都道府県の代表が集まり
4分のプレゼンで競います。
4分という短い中で、どういうことを伝えたいかを
休日に集まって議論を重ね、施行を重ね、作り上げたのが、
巨大な食材カードを使って説明するという方法でした。
e0024067_11194378.jpg

阪神タイガースの岡田監督と大阪のおばちゃんが買物対決をします。
大阪のおばちゃんは安いのに目がないので
北海道産のフードマイレージの大きなたまねぎを買います。
岡田監督は大阪産のたまねぎを買うのですが
車を使って買物に行ってしまったので逆転負けをし、
監督を辞任します。
(おばちゃんはもちろん自転車)
その後、真弓新監督として登場して、
「これから買物は自転車でいきます」と宣言。
おばちゃんも「安いだけでなくて、産地を見ます」と宣言するというコントです。
e0024067_1141579.jpg

このプレゼンで
みんなの印象に残ったのが「大阪のおばちゃん」
会場内は大うけでした。
私もコック姿で出ていたのですが、
「どこにいた?」といわれるくらいおばちゃんが印象的だったようです。

翌日の15日は意見交換会と表彰式。
ドキドキしながら発表を待っていました。
結果は・・・
e0024067_11332076.jpg

なんと特別賞環境教育賞をいただきました
e0024067_11341165.jpg

よろこびの表彰式です。
環境大臣からの賞状と素敵な木でできたトロフィーをいただきました。
e0024067_1135522.jpg

受賞した皆さんと記念撮影です
e0024067_11354629.jpg


この大会に参加して、受賞できたことはとてもうれしいことでしたが
それ以上に、様々な地域でがんばっている人たちがいることを知り、
その人たちと交流し、アイデアをもらい、元気をもらったことがとても大きな収穫でした。
日本で環境をキーワードにしたまちづくりや学校教育、生涯教育が根付いてきていることが
実感できた二日間でした。(林)
e0024067_11391882.jpg

[PR]
by aozorafoundation | 2009-02-16 11:39 | フードマイレージ

第92回矢倉海岸定例探鳥会

2009年2月7日(土) 9:30~12:30

快晴、そして無風の中で行われた探鳥会
2月なのに、とても温かい探鳥会でした。
e0024067_11172698.jpg

今日は、16名の参加でした。
シニア世代から小学生2年生まで、幅広い年代で楽しめるのも探鳥会の良いところですね。
e0024067_11174412.jpg

冬の矢倉海岸といえば「カモ」ですが
1月のガンカモ調査時は7000羽いましたが、それよりは少なくなっています。
今回は1500羽~2000羽ほど矢倉海岸に集まっていました。

姿勢のいいツグミや
ミサゴのつがい(猛禽類はメスのほうが大きい)や
メジロの大群にあいました。

植物も春を待ちわびる「ロゼット」になっていました。
写真は「ビロウドモウズイカ」
背が高い大きな黄色い花をつける植物です。
e0024067_1118436.jpg

カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、マガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ミサゴ、オオバン、イソシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、キジバト、ヒバリ、ハクセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、メジロ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハソボソガラス、ハシブトガラス
(36種類)

次回は3月7日です。(9:30 福駅集合)
春の気配を感じながら探鳥会に参加してみてはいかがですか?
(林)
[PR]
by aozorafoundation | 2009-02-09 11:18 | 矢倉海岸探鳥会

エコミューズの常設展示が新聞に掲載されました。

2009年2月5日

本日の大阪日日新聞にエコミューズ(西淀川・公害と環境資料館)の常設展示のことが
掲載されました。

http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/090205/20090205004.html

ぜひ、ご覧ください
(林)
[PR]
by aozorafoundation | 2009-02-05 18:20 | 資料館(エコミューズ)

韓国から ブルースカイ・日本探検隊

2009年2月1日

韓国からのお客様です。
ブルースカイ・日本探検隊の皆さんです。
ソウル・インチョン・光州・デジョンから選ばれた小・中・高校生の14人です。

日韓の青少年たちが、都市の大気質または環境への重要性を認識し、
国際交流を通じて、国際的に発生する環境汚染問題を認識
日韓NGOと青少年たちの交流を深めることを目的として来日しました。

なぜ大阪に来たのかというと、
韓国全土で環境保全運動を展開しています環境運動団体「グリーンコリア」
と大阪の二酸化窒素簡易測定運動は共同測定・共同研究を行っているのです。
ソウル・仁川・大田・光州・大阪の5大都市で
二酸化窒素簡易測定を行ったメンバーが交流するために来日したのです。

午前中は
西淀川高校で、
菜の花プロジェクトと授業で取り組む二酸化窒素簡易測定の説明を受けました。
e0024067_185728.jpg

同世代の高校生同士で会話が弾んでいましたよ。
韓国の生徒が朝7時から夜10時まで勉強すると聞いてびっくり!でした。

午後は
あおぞら財団で
公害患者さんの話しを聞きました。

移動に大阪市営バスに乗ったのですが
信号で止まるとアイドリングストップする車両に乗って
グリーンコリアのメンバーはびっくりしていました。
e0024067_18572790.jpg

「韓国より日本のほうが空気がきれいだと思ったけれど、
日本でも大気汚染がこんなに問題になっているのだから、
韓国は大丈夫だろうかと心配になった」
「患者さんの人間が作った公害だから人間が良くすることもできるはず
という言葉に感動した」
とか、活発な感想をいただきました。

西淀川高校生も参加したのですが、
活発な韓国の生徒達の発言に刺激を受けたようです。

国際交流をすると私もがんばろうと思えます。
元気になります。

韓国でも車社会の問題が深刻なのだそうです。
グリーンコリアでも自転車カレンダーなどを作って、自転車促進を呼びかけているそうです。
お互いの活動に刺激を受けて、車に依存しない社会づくりを実現していきたいです。
(林)
[PR]
by aozorafoundation | 2009-02-03 18:57 | 資料館(エコミューズ)