<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

たんぽぽ調べ2009

たんぽぽ調べ2009
4月25日(土)
京都外国語大学 日本語学科 佐多 一弘

本日、毎年恒例?になっているたんぽぽ調べがありました。(昨年度の様子はこちら)
…と言ってもあいにくの天気。ということで、あおぞら財団ですることになりました。
雨の中、58人もの人が参加してくれました。(指導員、スタッフ含む)

まず初めに、上田のおっちゃんからたんぽぽの説明がありました。
セイヨウタンポポは自家受粉でふえますが、カンサイタンポポは昆虫などの媒介により種をつくります。媒介する虫がいないと増えることができないカンサイタンポポの個数を調べることで、地域の自然度をはかることができます。昨年は7株見つかりましたが、今年は増えているのでしょうか??

e0024067_16215829.jpg

e0024067_16232277.jpg


よく見られるセイヨウタンポポとの違いですが、セイヨウタンポポの「がく」はそりかえっているのに対し、カンサイタンポポの「がく」は上を向いています。

e0024067_1624369.jpg

e0024067_16243841.jpg


今日は雨で調査に行けなかったので、上田のおっちゃんからの宿題になりました。
みんな見つけられるかな?

続いてガールスカウトのみなさんがたんぽぽについて調べたことを、説明しました。
たんぽぽの見分け方、たんぽぽの歴史や一生など、たくさんのことを説明してくれました。
中でも手作りの紙芝居「たんぽぽの一生」は立体感があってユニークで、みんな真剣に聞き入っていました。私自身も知らないことが多くてすごく勉強になりました。

e0024067_16251495.jpg

e0024067_16253914.jpg

e0024067_1626354.jpg


ガールスカウトのみんなありがとう!

次はみんなでビンゴゲーム大会!!
やっぱり一番盛り上がった気がします。9つのマスがありそのうち4つは初めからうめてあって、残りの5つは空欄になっています。今日天気だったら緑陰道路で見つけた自然を書いてもらう予定だったのですが、この天気だったので緑陰道路にあったモノを思い出して書いてもらいました。

e0024067_16264371.jpg

e0024067_1627211.jpg


みんな頑張って思い出して書いていました。ダンゴムシ、木、クモ、石、バッタ、人など、答え合わせでいろんな答えがでました。

そしてビンゴの賞品は何かと言うと…

e0024067_16273138.jpg


よもぎだんごとたんぽぽ調べにちなんでタンポポコーヒーでした!
子どもたちも喜んで「おいしい!」と言って食べてくれました。
だんごを作ってくれた学童保育所の指導員のみなさん、ありがとうございます。

e0024067_16285278.jpg


コーヒーはまだちょっと早かったかな??

みんな食べ終わると、いよいよ僕の出番です。
よもぎについて説明しました。

e0024067_16293262.jpg

e0024067_16295231.jpg


よもぎはいろんなものに変身して、調べていて僕自身すごく驚きました。
団子やせっけんまでは知っていましたが、まさか布団やそばになるとは思いませんでした。
またよもぎはいろんな効用があって、発表では言いませんでしたが動脈硬化や高血圧、腰痛やアトピーなんかにも効果があるようです。
よもぎだんご食べる時にでも思い出して下さいね。


僕の説明が終わると、最後に上田のおっちゃんから子どもたちにお菓子のプレゼントがありました!
ホントに子どもたちはお菓子が大好きですね!!

e0024067_16303727.jpg



今日は雨にも関わらずたくさんの人が集まってくれて本当に良かったです。
子どもたちも真剣に聞いてくれたし、見て聞いて食べて…五感を使って勉強できたと思うので、今日のことは記憶に残ったと思います。
これをきっかけに緑陰道路や他の自然の中に行った時に、たんぽぽやよもぎに興味を持ってくれたらなと思います。
それでは子どもたちの宿題の結果、楽しみにしています。
[PR]
by aozorafoundation | 2009-04-27 16:26 | にしよどがわこどもエコクラブ

「台湾・環境保護活動家 李秀容さんとの交流会」

台湾の環境運動について
李さんから学ぶ交流会

日時:4月21日(火)18:00~
場所:あおぞらビル3F(大阪市西淀川区千舟1-1-1)
内容・「台湾の環境保護運動、反核運動の今」(報告:李秀容さん)
  ・自由にディスカッション
参加:植田和弘(京都大学教授)
   村松昭夫(弁護士)
   森脇君雄(あおぞら財団理事長)ら9名ほど


台湾の環境保護で、幅広く活躍している、李秀容さんから、台湾の環境運動や反核運動の歴史を学ぶことが出来ました。

e0024067_16513488.jpg

環境保護活動家 李秀容さん

李さんは、台湾の童謡とともに、和やかな雰囲気の中、プレゼンを進めてくれました。通訳の方が不在という小さなトラブルはありましたが、植田先生、村松先生に通訳を買って出て頂いたおかげで、終止、にぎやかな会になりました。

e0024067_16514981.jpg

なごやかな雰囲気で進む交流会

 台湾では50年代から環境被害が深刻化していましたが、運動が、知識人から住民に移っていったのは80年代頃からだそうです。400日間、化学工場を封鎖する写真や、反原発を叫ぶ住民デモの写真などを見ながら、公害事件の歴史をたどりました。
 李さんらの運動の成果もあってか、台湾の公害事件は年々減っています、しかし、今現在でも毎年10件ほど起こっているようです。

e0024067_165243100.jpg

中国語と英語が飛び交う中がんばりました

李さんのお話を伺って、まず一番印象に残ったことは、台湾のエネルギー政策についてでした。台湾は世界の1%の温室効果ガスを排出しており、その増加率は世界一だそうです。
 現在、原発は3基稼動しており、消費電力の7%をまかなっています。太陽光パネルの製造技術は世界でも優れており、ドイツにも多く輸出しているそうです。その反面、国内シェアはほとんどなく、普及努力が必要なようでもあります。
 日本も似た現状にあり、お互い学ぶことが多いと思います。
 
さて、李さんはプレゼンの最後に、「日本は台湾の一番の友人である」と締めくくってくれました。日本と台湾が、共に環境運動を進める、パートナーとなるといいですね。
森井隆二
[PR]
by aozorafoundation | 2009-04-22 16:57 | 国際交流

緑の募金活動

緑の募金活動 みんなでがんばりました

4月19日(日)10:00-11:30、「関西スーパー」大和田店敷地内にて、緑の募金活動を行ないました。
メンバーは、西淀川高校エココミュニケーションクラブ、ガールスカウト26団、カブスカウト、淀中学校、大阪経済大学緑のまちづくりサークルミアイ、あおぞら財団などから、およそ40名もの方たちが集まってくれました。

e0024067_10372574.jpg

こんなにたくさんの方が集まってくれました!!

グループに分かれ、敷地内いっぱいに響かんばかりの元気な声で、募金活動スタートです。
さすが、ガールスカウト、カブスカウトのみんなは慣れたものです。立派に皆のお手本となってくれました。

e0024067_1035177.jpg

いつもどおり笑顔で元気いっぱいです


e0024067_10395972.jpg

   大きな声でみんなを引っ張ってくれました

2度目の募金活動、西淀川高校のみんなは素早くグループを分けると、たくさん人の集まる場所をしっかりキープ。大きな声で頑張ってくれました。

e0024067_10403968.jpg

   一番大きな声を出してくれたかも

最初は緊張気味だった淀中学校のみんな、でもたくさんの人が募金に協力してくれるなかで、徐々に笑顔がこぼれてきました。

e0024067_1041132.jpg

  笑顔いっぱいで楽しかったね

こちらも初参加、大経大のみなさん、しかし、さすが大学生、緊張することなく淀中学校のみんなや、他の皆を引っ張って声を出してくれました。

e0024067_10413951.jpg

  頼もしいお兄さんお姉さんです

さて今回1時間半の活動で集まった募金の総額は
48,028円
でした。
 御協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。


 さあ、午後からは西淀川高校で、菜の花のお花見大会です。
募金活動を頑張ってくれた皆さんとご近所の皆さんで、賑わいました。
西淀川の皆さんが、BDFで動かした機械を使って、わたあめをご馳走してくれました。とってもおいしかったです。
キレイなチューリップの花までプレゼントして頂きました。ありがとうございます。

e0024067_17463395.jpg

すくすくと成長してくれました

e0024067_1042437.jpg

たくさんの人で大忙し

ひと段落したらみんなでBBQです。西淀の皆さんありがとうございました。

e0024067_10423618.jpg

   うまい!!


e0024067_10435232.jpg

おつかれさま~


 本当に楽しい1日でした。募金活動では、みんな恥ずかしがらず、ほんとに元気いっぱい頑張っていて、僕も負けていられないなと思いました。お金と一緒に頂ける「頑張ってね」の一声に励まされながら、最後まで声を出すことができたと思います。ほんとうにお疲れ様です。
 BBQおいしかったです。ちょっと暑かったけど(笑)ありがとうございました。
大阪経済大学4年 森井隆二
[PR]
by aozorafoundation | 2009-04-21 10:06 | 西淀川ESD菜の花プロジェクト

西淀川子どもセンターで廃油回収

2009年4月4日
西淀川子どもセンターにて、「よっしゃバザー」が
ひらかれました。
e0024067_174746100.jpg
僕はバザーの手伝いをしました。
バザーでは、廃油回収の手伝いをしました。
バザーで皿とか本とかCDとか売っていたので
僕は服と自転車につけるザブトンを買いました。
廃油は、6リットルあつまりました
e0024067_1438832.jpg
こういう、イベントはいろんな人が来たり
e0024067_17482755.jpg

e0024067_17585954.jpg
いろんな物が売ってて、楽しかったからまたやってみたい、
と思いました。
西淀川高校ECC前田浩輔
[PR]
by aozorafoundation | 2009-04-08 14:38 | 環境アセスメント

第三回 西淀川歴史めぐり

2009年4月4日 13:30~16:00

エコミューズでは毎年春に歴史めぐりを開催しています。
今回は福・中島・出来島をめぐります。
毎回、たのしいクイズつきです。

阪神なんば線福駅に集合しましたが・・・なんと雨。
このイベントは毎回雨に降られるのです。困りましたね。
雨ですが、7名が集まり、
スタッフあわして12名でスタートしました。
e0024067_18255392.jpg

なんとテレビ撮影も入っています(関西テレビ)
テレビの撮影班も雨で大変です。
e0024067_18255821.jpg

43号線を渡って、福の住吉神社へ
桜が満開です。
ここは狛犬がたくさんいます。
機会があったら、数えてくださいね。
e0024067_1826824.jpg

戦勝碑もあります。
この戦勝碑の前に砲弾が置いてあります。
e0024067_18263986.jpg

大野川緑陰道路を通って福漁港に出ます。
大野川緑陰道路にはカンサイタンポポがありました。
カンサイタンポポは自然度が高い証なんですよ。
e0024067_1827287.jpg

淀川堤防に出ました。
本来ならば見晴らしがいいのですが、
大阪市の焼却場も、スカイタワーも見えません。残念!
e0024067_18271953.jpg

西島川沿いを歩きます。
両側を工場に囲まれた地域です。
子ども達は
「くさ~い!」といって鼻をつまんで歩いていました。
e0024067_18273566.jpg

途中の中山鋼業で
西淀川公害の説明と
企業がどのような公害対策をしたか、
裁判があって、現在は地域再生に取り組んでいることの説明をしました。

本来なら、中島に行く予定にしていましたが
雨脚が強まってきたので
出来島駅に向かいました。
e0024067_1828046.jpg

最後の感想で
「福の町は空襲を受けていないから古い町が残っているのがわかりました」
「きれいな町になってほしい」と子ども達が述べていました。
こういうイベントを積み重ねていって
西淀川のこと知って、町の愛着が深まればいいなぁと願っています。(林)
[PR]
by aozorafoundation | 2009-04-07 18:29 | 資料館(エコミューズ)

もうすぐ100回 矢倉探鳥会

日本野鳥の会大阪支部と共催している矢倉海岸野鳥観察会は4月4日で94回目。今年中に100回の節目を迎えることになりそうです。月1回第1土曜日(当初は第2土曜日)に開催してきた探鳥会も開始から8年が過ぎ、貴重な西淀川の自然度を計る指標として、貴重なデータを蓄積してきました。海に開かれた西淀川は、かつての「公害のまち」は、水辺の鳥たちにとっては希少な自然を蓄えた「憩いの場」になっていることがわかってきました。
ちょっと怪しい空模様でのスタートでしたが、直後に大野川緑陰道路でほぼ満開のしだれ桜の出迎えに、一同大感激。

e0024067_10133193.jpg

心晴れ晴れ、足取りも軽く淀川へ。

e0024067_10134725.jpg

途中でカンサイタンポポにもご対面!しました。

参加者の中には、3月25日付日本経済新聞に掲載された「水辺のルネサンス」(4)〜工場地帯に自然輝く海岸〜を見て参加した人もいて、参加者は18人。38種の鳥たちに出会いました。中でも「矢倉」のシンボル鳥?のミサゴはいつもの送電線鉄塔に5羽もいて、ボラでしょうか?鉄塔で食事中のミサゴ様にもお会いすることができました。
 また、この日は関西テレビの取材も同行してにぎやかな探鳥会となりました。関テレさんは、あおぞら財団の取り組みをニュース特集として報道したいということで、この日午後、探鳥会と同じ福駅スタートの“雨中の「まちあるき」”にも同行しました。
 なお、100回記念行事を12月、忘年会をかねて開催しょうとの提案がされ、定例探鳥会の後、区内に会場を移して100回までの歩みをふりかえり、探鳥会の活動が蓄積した環境情報とともにあおぞら財団の活動を広く市民に発信する場となるよう準備することになりました。
[PR]
by aozorafoundation | 2009-04-06 10:17 | 矢倉海岸探鳥会

今年も開催「市民活動のための環境アセスメント講座~アセスメント制度と市民の役割を考える~」

環境アセスメントという制度をご存じでしょうか。
環境アセスメント制度とは、事業者が道路建設や発電所など大規模開発事業による環境への影響を事前に調査、予測、評価をするとともに、市民とのコミュニケーションを通じ、環境保全の観点からよりよい事業計画をつくり上げるしくみです。
制度が生まれて10年たちますが、多くの市民へ制度への理解と参加を広げるために連続講座を開催しました。
2月14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)の4日間、岡山で開催された今回のアセス講座には、定員の30人をはるかに超える、50名以上の方にお申し込み頂きました。
制度への興味・関心の高さが伺われます。

=====================
2月14日(土)
【会場】ピュアリティまきび2階会議室
――――――――――――――――

講義① 環境アセスメントと市民の役割
 【時間】13:00~15:00
 【講師】浅野直人 氏 (福岡大学法学部教授)
 【報告】西平強 氏 (岡山県生活環境部環境政策課参事)
 【参加者(スタッフ含む)】 46人

浅野氏
e0024067_18414975.jpg

西平氏
e0024067_18422084.jpg
           


――――――――――――――――
講義② 風力発電所計画とアセス
 【時間】15:10~16:40
 【講師】馬場健司 氏 (財団法人電力中央研究所社会経済研究所主任研究員)
 【参加者(スタッフ含む)】 45人

馬場氏
e0024067_1843362.jpg



=====================
2月15日(日)
【会場】岡山国際交流センター研修室
――――――――――――――――
ワークショップ 市民意見の形成
 【時間】13:00~16:30
 【講師】傘木宏夫 氏 (NPO地域づくり工房代表理事)
 【参加者(スタッフ含む)】 32人

傘木氏
e0024067_1844922.jpg

ワークショップの様子
e0024067_18443637.jpg

グループ毎に発表
e0024067_18452362.jpg



=====================
2月21日(土)
 【集合・解散】林原モータープール

現地見学 海から見学アセスの現場
 【時間】集合13:00~解散17:00
 【案内】みずしま財団研究員 塩飽敏史 氏
     中川直巳氏((財)岡山県環境保全事業団水島管理事務所業務課 主査)
 【参加者(スタッフ含む)】 30人

参加者の自己紹介と講義に参加した感想を発表し共有
e0024067_1847680.jpg

船で、海上から水島コンビナート見学
e0024067_18495043.jpg

案内をする塩飽氏
e0024067_1850113.jpg

船内の様子
e0024067_18503840.jpg

瀬戸大橋の開通で騒音被害が問題になった集落
e0024067_185117.jpg

海上からみる水島コンビナート
e0024067_1851462.jpg

満杯になったゴミ処理場を埋立ててつくられたゴルフ場
e0024067_185217.jpg

説明する中川氏
e0024067_18522449.jpg

ゴミ処理場予定地を見学
e0024067_1853589.jpg



=====================
2月22日(日)
【会場】岡山国際交流センター会議室(1)

――――――――――――――――
講義③ 廃棄物処理場とアセス
 【時間】13:00~14:30
 【講師】田中勝 氏 (岡山大学大学院教授、株式会社廃棄物工学研究所代表)
 【参加者(スタッフ含む)】 42人

田中氏
e0024067_18541341.jpg



――――――――――――――――
講義④ 都市再開発とアセス
 【時間】14:40~16:20
 【講師】梶谷修 氏 (株式会社ポリテック・エイディディ常務取締役)
 【参加者(スタッフ含む)】 40人

梶谷氏
e0024067_18551598.jpg




講座終了後に修了式を行い、全回参加をした14名に修了証を渡しました。


=====================
今回、運営などにご協力を頂いた、環瀬戸内海会議の松本さんとみずしま財団の塩飽さんの感想を紹介します。

――――――――――――――――
環境アセスはアワスメントという認識がこれまでずっと、頭にこびりついていました。ダム建設問題、廃棄物処分場、ゴルフ場開発、原発建設、公有水面埋立て問題と、民間事業、公共事業に関らずこれまで関ってきた問題では、事業者は全てお手盛りのアセスに終始し開発を食い止める手立てにはなりませんでした。常に歯がゆい思いをさせられ通しでした。
今後もよほど住民がパワーを結集してしっかり取り組まなくては、開発の波には抗し切れないだろうと思っていました。アセス講座に参加させていただいて、環境アセス法により、少し光明が見えてきたのかなという認識を持てるようになったように思います。
 振り返ると、講座の最後に講師をされた傘木さんのお話を聞いて、環境アセスメントへの取り組みの方向性が、光明となったように思います。そこには、傘木さんのこれまでの取り組みでアセスへの住民のパワーの結集に心血を注いでこられた熱意が感じられたからなのだと思います。
 とはいえ、一方で九州環境管理協会の方のアセスの現場を踏まえた話からすれば、アセス自体極めて定量的なものにならざるを得ないのではないか、とすれば一定期間の一時期を捉えた「数値」が環境評価の基準になるのではないか。それがその地に暮らす住民の経験や実感といかにかけ離れないものにしていくにはどうすればよいのかという思いがつきまとうのが現実です。たぶん今後の課題として残る問題ではないかと思っています。
 1999年に環境影響評価法の施行で、環境影響評価方法書への意見書の提出ができることになったことは、恥ずかしながら全く知りませんでした。それ程に私ども環瀬戸内海会議が直面した「開発」現場は「アワスメント」が横行していたとしかいえません。むしろ、法制定・施行前に事業計画を許認可してしまっている「開発」計画と直面したといえましょう。当然、法の適用は施行以前の事業計画許認可には遡及しませんから。
 アセスメント講座に参加させてもらい、今後そして将来にわたって、アセス法が手立てとなって、アセス法に基づく意見書の書き方、方法書への意見書の提出には大いに学ばせてもらいました。
 しかし、課題は残っているように思います。なぜなら事業計画の策定のイニシアチブは事業者であり、計画策定の段階では住民の参加は現実のところ不可能であり、事業計画の概要すら公開されないのが現状です。計画段階にまで住民参加の保障し、あらゆるデータを公開した上での議論の場を担保していくことが、とりわけ「公共事業」を主導する自治体には求められていると思われてなりません。

環瀬戸内海会議事務局 松本宣崇

――――――――――――――――
環境アセスメント講座に参加して

 今回、「市民のための環境アセスメント講座」に参加して、印象に残ったのは、「アセスメントは、事業に反対したり、中止させるための手段ではなく、事業をより良いものにしていくための事業者と市民とのコミュニケーションツール」ということでした。
 確かに、これまでの大規模開発事業などでは、事業者側が一方的に計画を立て、周辺地域への影響はほとんど考慮されることなく進められ、そのために公害のように大きな社会問題や多くの被害者を出すことにつながったという歴史があります。それに対して、アセス法ができたことにより、少なくとも事業着工前に事業者と市民が意見交換をできる仕組みが整備されたことは、前進であると言えるでしょう。
 しかし、アセス法にもまだまだ課題は多く、最も大きな問題は、「まず事業ありき」でその中で環境への影響を評価するということ、そして評価するのが事業者であるということだと思います。講義の中でもありましたが、事業の計画段階から市民が参画し、環境への影響については第3者的な立場から分析をすることで、その事業の妥当性、環境への影響の大きさを評価し、ときには事業の中止・代替計画への変更も担保されてこそ初めてアセスメントの意義があると言えるのではないでしょうか。そのためにも、今年行われるというアセス法改正に向けたパブリックコメントの募集には、ぜひ意見を出したいと思いました。

みずしま財団 塩飽敏史
[PR]
by aozorafoundation | 2009-04-02 18:55 | 環境アセスメント

淀川勤労者厚生協会の新人研修であおぞら財団見学が行われました


2009年4月1日(水)

この春新しく病院や診療所、保健施設などで働くことになったピカピカの新社会人が研修の一環としてあおぞら財団を見学しました。この日財団を訪れたのは淀川勤労者厚生協会の新入職員22名。はじめに財団職員の林から紙しばいを使った公害の被害実態の説明や裁判を起こしてから勝利するまでの21年という長い闘い、そして今なお続く公害被害の影響について説明がありました。それから財団が出来た経緯やその活動内容についての紹介をしました。

e0024067_13424728.jpg

その後公害病患者の岡崎久女さんがお話しました。
喘息が出て息が出来なくなった時のつらさや心細さ、そしてそんな時に感じること、「病院での対応など、声をかけあい気づかいあうことの大切さ、ささいなことだけど当たり前のことを、自分の身内に接するみたいにして欲しい。」と語りかけました。
e0024067_13431656.jpg

e0024067_13433938.jpg


みなさん真剣に資料を読んだり、林・岡崎さんの話にうなずいたりと熱心で、これから医療に携わる方たちに何か伝わっていれば良いなと感じました。その後あおぞらビル5階の西淀川・公害と環境資料館(エコミューズ)を見学しました。みなさんもぜひ気軽に立ち寄ってくださいね!
e0024067_13441542.jpg


22名のうち現在西淀川に住んでいるのは5名で、昔から住んでいるのはそのうちの2名ということで、まだまだ皆さんにとって西淀川は身近ではない場所なのかもしれません。引率の西淀病院事務長(あおぞら財団評議員)の松本嘉子さんは新人のみなさんへ、「家と病院の往復で毎日を過ごすのではなくて、もっと西淀川を知ってもらいたい、興味を持ってもらいたい。」と述べていましたが、私も新しく西淀川に関わることになったばかりなので、これから街を歩いてみたり歴史を学んだり、淀川勤労者厚生協会の新人さんたちに負けてられないと思いました。(眞鍋)
[PR]
by aozorafoundation | 2009-04-02 13:48 | 資料館(エコミューズ)