<   2010年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

講師デビュー☆

2月25日(木)に大阪府地球温暖化防止活動推進員の方々が、フードマイレージ買物ゲームの講師をするための練習にやってきましたが、今週は西淀中学校の生徒が財団に職業体験にきていたので、せっかくなので生徒役になっていただきました
なので推進員の方々は、いきなりの講師デビューとなりました

フードマイレージなんて初めて聞くという中学生に一生懸命ゲームの説明をし、みんなで一緒になって献立をたてました
e0024067_15253958.jpg
e0024067_152666.jpg
e0024067_15261851.jpg


これは説明しなきゃ
あっあれを忘れてる なんて皆で言い合いながらのにぎやかな講義になりました
最後に中学生に感想を書いてもらいましたが、「今日買物に行ったら、産地をきちんと見たい」
「環境のことを今まであまり考えたことがなかったけど、これからは自分に出来るエコに取り組んでいきたい」など、
皆が伝えたかったことはきちんと伝わったみたいでした
「頑張ってください」と応援もいただき、皆で反省点を交流しあい本番に臨みます

一番近くの本番は、交野市で28日に行なわれる環境フェスタでの講義になります
今日の練習があったので、本番は緊張せずにすむかな?
楽しみですね

(眞鍋)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-02-26 15:43 | フードマイレージ

矢祭町のみなさんが財団訪問☆

2月22日(月)
福島県矢祭町商工会青年部のみなさんがあおぞら財団を訪問されました

農産物がたくさんある矢祭町で、町おこしの一環としてフードマイレージの考え方を活かすことは出来ないかと、フードマイレージや財団について話を聞きにきてくださいました
元気いっぱいの総勢17名をお迎えしました(全員男性で圧倒されました)が、
朝早く遠くから大変だなぁと思っていたら、前日から関西のほかの地域にも視察に行かれていたそうです

e0024067_14343239.jpg
大阪人も地元愛では負けないつもりでいますが、矢祭町の皆さんは本当に矢祭町を愛し、地元を盛り上げたい!!という熱い気持ちが伝わってきました

私たちも負けていられないですね
矢祭町のみなさん、また是非来てくださいね
e0024067_1434507.jpg


(眞鍋)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-02-26 14:52 | フードマイレージ

【ご案内】日中の公害・環境問題を考える学生セミナー(3/15)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「日中の公害・環境問題を考える学生セミナー」
    開催と参加者募集のお知らせ
----------------------------------------------------
3月15日(月) 18:00~20:30@あおぞらビル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
近年、中国をはじめとするアジア諸国での環境汚染、公害問題が数多く報告されています。
グローバルな経済活動が展開される中での今日の公害・環境問題は、
地域や国を越えた形で発生し、原因が複雑でますます見えにくいものになっています。

こうした問題をどのように捉え、解決していったらよいのでしょうか。

あおぞら財団では、日本の公害経験を広く国内外に発信していくことを通じ、
現在の公害・環境問題の解決に少しでも寄与していきたいと考えています。
活動の一環として、昨年度より、今後の公害環境問題の解決の担い手で
ある学生同士の交流企画を実施しております。

今回のセミナーは、現在の中国での環境問題やその対策、日本における
大気汚染公害対策について学ぶとともに、参加者も交えたパネルトーク形式
での意見交換を通じて、公害・環境問題の克服において、今後の日中交流の
あり方についてともに考えます。

皆さま、是非、ご参加ください。

・・・・・ 記 ・・・・・

【日時】2010年3月15日(月)18:00~20:30(17:30受付)

【場所】あおぞらビル3F グリーンルーム
   (JR東西線御幣島駅から徒歩3分。
アクセス:http://www.aozora.or.jp/access.html

【プログラム】
18:00 開演

18:10 講演「中国の環境問題の現状と日中交流について」
      ・講師:櫻井次郎氏(名古屋大学大学院国際開発研究科国際協力専攻助教)
18:50 「(仮)日本の大気汚染公害対策~手渡したいのは青い空」
      ・講師:あおぞら財団研究員
19:20 休憩
19:30 パネルトーク「(仮)日中環境問題に関する交流のあり方」
20:30 閉会
※終了後、懇親会(希望者参加)

【対象者】公害・環境問題に関心を持つ大学生、中国等からの留学生(約20名)

【平成20年度セミナーの様子】
http://aozorabsw.exblog.jp/10193487/

【参加費】無料

【申し込み締め切り】2010年3月8日(月)

【申し込み方法】セミナーへの参加を希望される方は、事前に下記の連絡先まで、
①お名前、②所属、③連絡先(電話番号、住所、メールアドレス)をお知らせください。

*みなさまの個人情報は、今回のイベント開催の目的以外には使いません。

【主催・連絡先】
〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4F
(財)公害地域再生センター(あおぞら財団) 担当:藤江・鎗山・小平
TEL:06-6475-8885/FAX:06-6478-5885
Email:webmaster@aozora.or.jp
ホームページ:http://www.aozora.or.jp/
[PR]
by aozorafoundation | 2010-02-23 20:27 | 国際交流

環境フォーラム開催しました

2月7日、西淀川区民会館(エルモ西淀川)で「環境フォーラム」を開催しました。
テーマは「近畿地域におけるCO2削減に向けた取組」です。
これは、環境省、国交相、経産省の協同主催によるもので、あおぞら財団も主催の一員です。
 
 第1部は、松下和夫教授(京都大学大学院地球環境学堂)の講演で、地球温暖化を抑える取り組みと地域での資源の再利用について分かりやすく説明していただきました。
e0024067_11434759.jpg


 第2部は、近畿での国交省・経産省・環境省の取組についての発表で、西淀川ESDメンバーである土橋氏(環境省近畿地方事務所環境対策課長補佐)も、西淀川菜の花プロジェクトに関する取り組みについて語りました。

 第3部は、西淀川での取り組みの発表と意見の交換について行いました。取り組み発表は、西淀川高校エコ・コミュニケーション同好会を中心に、淀中学校生徒会、大阪経済大学サークル「ミアイ」が発表し、ガールスカウト26団が、完成したばかりの紙芝居「さぁ はじめよう」の朗読をしてくれました。
e0024067_11444440.jpg

発表に立ったメンバー

続いて、講演していただいた松下先生による司会の下、西淀川高校 辻先生、エコネット丹後 味田さん、浜田科学株式会社 岡野さん、環境省近畿地方環境事務所 東さん、あおぞら財団からは上田さんが参加し、廃油回収に携わってる団体と、廃油を精製する企業側、環境行政を考える環境省の方々との意見交換会が行われ有意義な意見交換がなされました。
e0024067_11453417.jpg


小さい子どもたちにも、菜の花プロジェクトを知ってもらおうと、1部と2部の間に体験コーナーを開きました。体験コーナーでは、ガールスカウト26団による紙芝居披露の他、手回し発電体験、廃油キャンドル作り、エコバックに絵を描こう!を行いました。

○紙芝居
ガールスカウトのみなさんがBDFの紙芝居を来場したみなさんに発表してくださいました。マスコットキャラクターなのこちゃんが登場し、廃油を利用した環境に優しい燃料【BDF】でバスが走る様子が可愛らしい絵とストーリーで紹介されています。ガールスカウトのみなさん、ありがとうございました。 
e0024067_11463631.jpg


○手回し発電体験
サブ会場では来場者の方に様々な体験をして頂きました。
振って蓄電し使用する懐中電灯(懐中電灯そのものを振る事で電気がたまります。)ハンドルのついた手回し発電機で鉄道模型やカエルのおもちゃなどを動かしました。LEDと蛍光灯につなげて、発電量の違いを実感することもできます。中でも鉄道模型が人気で、当日ボランティアで協力してくれた中学生 藤川君に、鉄道スタッフになってもらい、手回し発電ブースは大盛況でした。 
e0024067_1147322.jpg


○廃油キャンドル作り
キャンドル作りでは子どもたち、保護者の方、それぞれにキャンドルを作って頂きました。
廃油と凝固剤、クレヨンを削った染料をつかい、みなさんカラフルなキャンドルを仕上げていました。
油をあたためる調理器が、途中で壊れてしまうというトラブルも・・・ご迷惑をおかけしました。なんとか全員分完成させることができました。ぜひ家でも作ってみてください。
e0024067_11481332.jpg



○エコバッグに絵を描こう。
子どもたちにはエコバッグに絵を描いてもらいました。布描き用のマーカーで絵を描いた後、落ちないようにアイロンを当てます。みんな思い思い一生懸命描いていきます。マスコットキャラクター菜の子ちゃんの絵や、お母さんへの贈り物としての絵など、時間を掛けてじっくり描いてくれ、様々な絵のエコバッグが出来上がりました。自分で作る世界でたったひとつのエコバッグです。
e0024067_1153374.jpg


―参加者のみなさんの声―
廃食油回収が環境に良いことが改めて分かった。キャンドル作りは大人でも楽しめそうでやってみたかった。
体験コーナーで、電球とLEDの電力消費の違いが身を持って分かった。
自分ができることからコツコツと地球温暖化対策をしようと思った。
自分が住んでいる地域でも廃油回収をして欲しい。
役所の方のお話が少し難しかったが勉強にはなった。

などの、ご意見・ご感想をいただきました。

当日、会場には、170人の方々が来てくださいました。ありがとうございました!!

あおぞら財団スタッフ
山本・森井・小林・田尻
[PR]
by aozorafoundation | 2010-02-17 11:49 | 西淀川ESD菜の花プロジェクト

環境省環境問題史現地研修 受入

2010年2月9日~10日

毎年環境省の職員研修を受け入れていますが、
半日の研修だったので現地を見てもらうことが困難でした。

今年は、1泊2日の日程となり
講義と現地見学のバランスが良い研修となりました。

一日目(9日)
西淀川公害の概要と
公害患者からの話
e0024067_17584855.jpg

フィールドワーク
<車組>
千北診療所でお話を伺う
e0024067_17591820.jpg

尼崎の工場群を車で見学
21世紀の森で湾岸部の全体像を確認
e0024067_180080.jpg

43号線でロードプライシングの表示を見る

<自転車組>
淀川などを見ました
e0024067_1812923.jpg

2日目
リバティおおさか(大阪人権博物館)見学
e0024067_180557.jpg

車で大阪湾岸部を確認
e0024067_1815167.jpg

あおぞら苑で昼食
e0024067_182337.jpg

高齢者から話を伺う
e0024067_1822949.jpg

西淀川高校で環境教育の話を伺う
e0024067_1825086.jpg

フィールドワークまとめ
e0024067_1843324.jpg

発表
e0024067_1832414.jpg

皆さんの感想には、
「ロードプライシングの計算を仕事でもしていたが、実際に現場を見れて良かった。西淀川に流入する車に課金しては?」
「患者さんが現在もがんばり続けていることに感激した」
「みなさんが前向きで、お金がなくても智恵を出そうという姿勢に感動した」
「地域再生の活動をもっと知ってもらうために5大公害といってはどうか」
などなど寄せられました。

私もこのような長期の受入をすることがありませんでしたが
西淀川では、
地域再生に取り組む前向きで明るい人たちと触れ合えるということが
財産なのではないかと思いました。
(林)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-02-15 18:04 | 資料館(エコミューズ)

JICA研修の受入れを行ないました☆

2月2日(火)にJICAの研修の受入れを行ないました

今回はエジプト・イラン・レバノン…といった中東の方たちの参加です
普段はなかなか交流する機会が少ない国々の方たちなので楽しみです

まずはあおぞら財団と西淀川公害の紹介ビデオを観た後、
公害患者さんの和田美頭子さんに当時の様子をお話していただきました
e0024067_16261922.jpg


それから森脇名誉理事長が公害反対運動と裁判を闘った歴史の話を熱く語りました
e0024067_16264559.jpg


参加された方たちからは、どうやって企業に責任を認めさせたのか
日本の環境基準はどうなっているのか などなど突っ込んだ質問が寄せられました

視察の受入れをしていて感じることは、皆さん本当に熱心だという事
飛行機で何時間もかかる日本へせっかく来たのだから、有意義な研修になっていればと願うばかりです
それぞれの国が、少しでも環境の良い国になるといいですね
e0024067_16431443.jpg

[PR]
by aozorafoundation | 2010-02-15 16:49 | 国際交流

緑陰道路サロン第8回『元庄屋さん宅に残る「中島大水道の古文書」から』

元庄屋さん宅に残る「中島大水道の古文書」から 緑陰道路サロン第8回イベント『元庄屋さん宅に残る「中島大水道の古文書」から』を、「西淀川・公害と環境の資料館 エコミューズ」で開催しました。(参加者17名)

昨年(2009年)10月24日、小田先生、天野先生、事務局の小平で、東淀川区の一栁家の本家にお邪魔し、一栁正義さんに古文書を見せてもらいました。
一栁さんのご先祖は、当地の庄屋。江戸時代、農民からの排水路の開削の要求に対する幕府の返答に、抗議の切腹をした三義人のひとりとして、たたえらています。庄屋さんたちの命をかけて掘られた排水路が「中島大水道」です。現在の東淀川、淀川、西淀川の3区をつらぬく全長9.5キロ、当時の農民たちの手によってわずか50日で掘られたと伝わる大土木工事によって掘られました。

e0024067_1245895.jpg
一栁家の古文書

今回は、中島大水道の地図や管理について書かれた古文書(10月24日訪問時、撮影)を教材に使いました。講師は小田康徳先生(大阪電気通信大学教授、西淀川・公害と環境の資料館 エコミューズ館長)です。江戸時代の筆で書かれた古文書を一文一文、丁寧にお話をしてくださいました。

e0024067_1252216.jpg


<参加者の感想>
・小田先生の解説で江戸時代の農民の生活にかかわる古文書資料を読み解くうちに、当時の人の息吹や嘆き、喜びなどが少し身近に感じられるような思いにさせられます。
・古文書の解説をやさしくユーモアを交えてのお話、大変面白かった。また書状の宛先の位置が時代によってかわっていく話は大変興味をそそりました。
・大阪にながく住みながら、ようやく愛着をもちはじめた次第です。歴史を知ることが、新しいまちづくりだと思い始めました。

e0024067_1255490.jpg

今回の講座には、一栁さんも参加をして下さいました。(写真、挨拶をする一栁氏)

次回は5月22日。東淀川の中島大水道の跡をめぐり、庄屋のご子孫、一栁さんにお話しを伺います。
[PR]
by aozorafoundation | 2010-02-15 12:10 | 緑陰道路サロン(事務局)

エコ・安全ドライブ講習会ワークショップ

 2月6日、北摂運輸協議会主催で「北摂地区研修会」が開かれました。
 地区から事業主・運行管理者・乗務員ら、およそ25名が参加しました。
 前年に引き続き、エコドライブをテーマに、堀内武徳氏(堀内経営研究所事務所所長)を講師に、今回は、ワークショップの形で研修会を進めました。
 テーブルを囲んで、参加者の生の声が飛び交うワークショップは、初めての試みでしたが、日ごろの考えや思いをどんどん出し合うことで、お互いにできている事、できていない事を認識できたのではないかと思います。
e0024067_15363732.jpg
e0024067_1537022.jpg

 ワークショップは3ステップに分かれています。
ステップ1 「点呼のとき乗務員にどんな声をかけていますか?」
普段の点呼について現状を話し合うことで、点呼の重要性を再認識できました。

ステップ2 「今できていることは?まだ、できていないことは?」
エコ・安全ドライブについて、それぞれの企業努力を話し合うことで、それぞれの課題を発見できました。

ステップ3 「何を?いつまでに?どこまでするのか?」
ステップ2で出てきた共通の課題を、具体的に目標値、期日を決めることで、これからの目標が明確になりました。
e0024067_15422837.jpg

 以上のワークショップをふまえて、堀内氏は、模範的な点呼と、それによる環境負荷・コストの削減効果について語りました。

 コメント
 企業によって、また、乗務員によって積荷や車両、運搬行程が異なり、適切な点呼をとることが難しいという声が多く上がりました。確かにそのとおりだと思います。この課題の解決には、企業の努力に加え、荷主の協力が欠かせないのだと思いました。
 しかし、適切な点呼、日報の工夫などの企業努力が、エコ・安全ドライブに与える影響は小さくありません。皆さんの、エコ・安全運転の一層の向上に少しでもお役に立てるよう、私も協力したいと思います。

大阪経済大学経済学部4年
森井 隆二
[PR]
by aozorafoundation | 2010-02-12 15:43 | エコドライブ

BDFバス走ってます!!

10月に西淀川高校で開催した環境フェスタの際に阪急バスへ寄贈した廃油500ℓを使用したバスが走っています。(当日の様子http://aozorabsw.exblog.jp/11468434/)

実際に運行されてる様子を、西淀川高校の辻先生と山城先生が見に行ってきました!!

e0024067_11523837.jpg

バス停でバスを待ちます。今日は、BDFを使用したバスが運行に就いているでしょうか?

しばらくすると・・・
e0024067_1153455.jpg

交差点をバスが曲がってきました!!あのバスです!!
e0024067_11533123.jpg

加島駅前行きです。
e0024067_11535153.jpg

さっそく乗り込みます!!
e0024067_11541581.jpg

車内にもポスターが張ってありました。

BDF100%で走っている路線は豊中病院線 JR加島~緑地公園駅~豊中~柴原駅を運行しています。バスは環境フェスタの時と同じバスです。

ダイヤは下記のようになっています。
1本目
7:11 JR加島→ 7:44 緑地公園駅→ 8:04 豊中→ 8:24 柴原駅
→ 7:34 豊中→ 9:14 柴原駅→ 9:30 豊中→ 9:50 緑地公園駅
→ 10:23 JR加島

2本目
11:31 JR加島→ 12:04 緑地公園駅→ 12:24 豊中→ 12:44 柴原駅
→ 12:54 豊中→ 13:34 柴原駅→ 13:50 豊中→ 14:10 緑地公園駅
→ 14:43 JR加島

(平日のみの運行)

日の目を見なかったポスター・・・
e0024067_1229384.jpg


このバスが走ることによって、地域の資源循環について考える機会が増えるといいですね!!

あおぞら財団スタッフ
山本 元
[PR]
by aozorafoundation | 2010-02-10 12:14 | 西淀川ESD菜の花プロジェクト

あおぞら財団会員のつどい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あおぞら財団会員のつどい 2010
~地域ですすめる環境学習~  チラシ(PDF) 
----------------------------------------------------
3月20日(土) 15:30~17:30@あおぞらビル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あおぞら財団は、会員のみなさまをはじめ、
たくさんの方々に支えられ活動をしています。

2009年度の活動をふりかえり、あおぞら財団のすすむべき方向を
みなさまと確認・共有するために会員のつどいを開催します。

年に一度の会員同士の交流の場です。
ふるってご参加下さい。



<環境学習 こんなことしています>
小学校、中学校、高校、大学等、教育現場の人たち、学生、
地域の環境教育施設、行政など様々な団体や個人と連携を
しながら活動の輪を拡げています。
教材づくり、講座やイベントなど学びの場づくり、菜の花栽培や
廃油回収などの実践、みんなのアイディアや思いで様々な取り
組みが生まれています。
~とりくんでいること~
西淀川ESDフードマイレージ教材づくり/緑陰道路サロン/子どもたちの環境調査/探鳥会/西淀川公害の学習等

<プログラム>
1部 私たちの思いと活動~2009年度 活動報告~
   ・一緒に取り組む人から
   ・事務局から
   ・あおぞら財団理事のコメント

2部 みんなでやろう 地域ですすめる環境学習
   ・参加者等、全員で意見交換会

・終了後、懇親会を予定。(3000円程度・希望者)
・開始前(15:00~15:30)と終了後(17:30~18:00)、

資料館エコミューズを開館します。


■日時:3月20日(土) 15:30~17:30(受付15:00~)
■会場:あおぞらビル3階 
最寄り駅:JR東西線「御幣島(みてじま)」駅
地下道11番出口すぐ
■参加費:無料
■定員:30名
■申込方法:
申込欄をご記入の上、メール、ファックス、郵便、
e-mailにて、事前に、事務局(あおぞら財団)までお申し
込みください。

■申込欄(::線、枠内をご返信ください)::::::::::::::::::::: 
1 氏名(ふりがな)
2 ご所属
3 メールアドレス
4 住所(自宅・職場・その他 を明記)〒
5 電話
6 ファックス
7 電子メール

 財団の活動に対するご意見、疑問点、関心ごと、日ごろ考えていること
などをご記入ください。お寄せ頂いたメッセージは当日紹介し、意見交換に活かしたいと考えています。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
*みなさまの個人情報は、今回のイベント開催の目的以外には使いません。
[PR]
by aozorafoundation | 2010-02-10 11:24 | イベント案内