<   2010年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

四日市公害スタディツアー

2010年3月24日

四日市公害スタディツアーに参加してきました。
このツアーは四日市再生公害市民塾の若手メンバーである榊枝さんが企画したものです。
e0024067_1449914.jpg

午前中は化学会社OBの米屋倍夫氏から「四日市コンビナートと環境対策」と題してお話がありました。
巨大な四日市のコンビナートの中で何が作られているか、ということをわかりやすく解説してもらいました。

午後は塩浜地区へのフィールドワークです。
雨が降る中、車に2台に分乗して塩浜小学校へ。
その途中に三菱化学の巨大工場を横切ります。
途中にはこんな看板も。
e0024067_14553167.jpg

塩浜小学校に到着したとたん、
目が痛くなりました。
学校のすぐそばにコンビナートがあります。
余りにも近いので本当にびっくりしました。
e0024067_1450461.jpg

e0024067_14565953.jpg

塩浜小学校の部屋で澤井余志郎氏、山本勝治氏、伊藤三男氏から解説がありました。
e0024067_14504571.jpg

塩浜小学校の児童は、活性炭入りの黄色いマスクをつけて通学していたら
その黄色いマスクが四日市公害の象徴となったこと、
保健室には養護教員が複数配置されて、6台のベットには発作を起こした子どもが寝ていたこと
一日6回うがいをしたことなどが述べられました。
e0024067_1451575.jpg

うがい場では実際にうがいをしてみました。
一日6回のうがいとなると、休み時間中ずっとしていたことになります。
このときの児童は大変やったやろうなぁと思いました。
e0024067_14513364.jpg

また、展望台となっているテラスから、コンビナートを一望します。
e0024067_14515321.jpg

その後、磯津地区へと行きました。
鈴鹿川の対岸には、工場がずらり。
e0024067_14521313.jpg

ここでも目が痛くて、においがして、びっくりしました。
澤井さんたちに訴えると
「私らはにおいが気がつかない。慣れてしまっている」
とのこと。
私も西淀川でにおいや、音などは慣れてしまっているけれど、
四日市は化学のにおいがして、西淀川との違いを感じました。
現地に行くと、コンビナートと住民の近さに驚きを受けました。
これだと公害を受けるのは当然だと納得しました。
四日市の市民もなかなかこの場所には来ないとのこと。
多くの人に現地を見てもらいたいと切に願います。
そのことによって、わだかまりや誤解が少しでもなくなるのではないかと思います。

当時のことを知っている人たちから語られると、当時の風景がよみがえってくるようです。
当時を体験しない世代が公害のことを伝えるにはどうすればいいか
私達も悩んでいるところですが、
こういう「伝える」取り組みを増やして経験をつむことしかないのかなぁと思いました。
(林美帆)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-03-29 14:57 | 資料館(エコミューズ)

あおぞら財団会員のつどい2010を行いました

3月20日(土)15:30から
「あおぞら財団会員のつどい2010~地域ですすめる環境学習~」を行いました。
「会員のつどい」とは、
普段それぞれの分野・事業でみなさんと一緒に活動をしているあおぞら財団ですが、
その活動を、財団を支えてくださっている会員の方に知っていただこう!(もちろん会員ではない方々にも)
それから意見も色々出していただこう!と、一昨年から始めたもので、今回で3回目となります。

今回のつどいは、テーマを環境学習に絞って行ない、18名の方が参加されました。


(第1部)
第1部では環境学習の分野で財団と一緒に活動している方々に
それぞれの活動内容などなどについて発表していただきました

◆西淀川ESD(伊藤司さん:大阪市立佃中学校教諭)
◆子どもの参画べんきょう会(山本康子さん:ガールスカウト大阪支部26団)
◆フードマイレージ教材化研究会(平尾真理子さん:大阪市立川北小学校教諭)
◆緑陰道路サロン(西口勲さん:元大阪市立西淀中学校教諭
            天野憲一郎さん:大阪市立四貫島小学校教諭)
◆ECOまちネットワーク・よどがわ(一栁正義さん:ECOまちネットワーク・よどがわ会長)

e0024067_17335156.jpg
e0024067_17341450.jpg
e0024067_17343860.jpg
e0024067_17365634.jpg
ひとくちに「環境学習」といっても様々な活動があるんですね。

それから、あおぞら財団事務局長の藤江が、財団の活動全体について報告しました。
普段環境学習で関わる皆さんには新鮮な話だったかも?です。

(第2部)
第2部では、「みんなでやろう 地域ですすめる環境学習」と題して、
環境学習についてわかった事や思った事、提案や質問それから財団の活動全般に対しての意見などを出し合いました

e0024067_17362673.jpg
e0024067_17363970.jpg

-寄せられた意見-
◆緑陰道路サロン次回はぜひ参加したいです。
◆財団の1階が暗くて入りづらいので工夫が必要では。
◆子ども達向けに分かり易く環境学習をしているのが、とても良いと思いました。
◆廃油を持ってきた人にBDFがこんなものであり、こう動くという風に説明できる簡単なもの
 がないかな。
◆いろんな人が集まっていろんな知恵がある。人を呼び寄せる力が財団にはあるのかな?

-会員のつどいに参加しての感想-
◆1部の時間が少し短かったのでは。
◆毎回ちがったやり方で進められているので、毎年参加してもあきません。
 本年は地元で活動している皆様が話して頂けたので短かったけど、わかりやすかった
 です。
◆他の団体の方々のお話を聞くことができて、有意義な時間でした。
◆多様なメンバーでしたが、ここに地域の企業、店、地域の役員etcが入っていないなぁ~と
 思いました。難問でしょうが財源とかも考えると、メンバーに入ってもらえれば・・・と!!
 継続発展していくことを願います。
◆初めての参加でつどいのようすがわかりました。
 今後も積極的に参加できればいいと思っています。

などなど、皆さんのおかげで、素敵な会員のつどいにすることができました。
今回得られた課題をまた皆さんと考えて、よりステップアップできればと思います。

参加された皆さん、それからメッセージを寄せていただいた皆さん、どうもありがとうございました。

(眞鍋)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-03-23 17:48 | 事務局より

あおぞら苑からの訪問

e0024067_14484691.jpg

3月17日、エコミューズ(西淀川 公害と環境資料館)を12人のあおぞら苑利用者の方が訪れました。あおぞら苑については(コチラ
資料館に残されている公害裁判の資料や、戦前、西淀川で栄えた溝口歯車工場の資料などをご覧になりました。
e0024067_144014100.jpg
                  森脇理事も談話に参加しました

当時の様子を語ってくださる方もいて、皆さんのお話がそのまま西淀川の郷土資料だなと感じました。
ぜひ、またお越しください。

あおぞら財団 森井
[PR]
by aozorafoundation | 2010-03-23 14:49 | 資料館(エコミューズ)

第9回「緑陰道路サロン」のイベントを開催します!

      ~第9回「緑陰道路サロン」イベント~
中島大水道の東淀川部分を訪ねる

「中島大水道跡を訪ねる」「元庄屋さんのご子孫からお話を伺う」 一栁正義氏
「ECOまちさわやか発電所施設見学」 大阪市初の太陽光市民共同発電施設

日時5月22日(土)
9時30分 阪急淡路駅西口に集合。

12半ごろ豊新福祉会館(東淀川区役所近く)で終了。

先着50名定員になり次第締め切ります。
※約1時間歩きます。 資料代500円 その後希望者は昼食会※

e0024067_16505637.jpg


共催 緑陰道路サロン ECOまちネットワーク・よどがわ
協力 大阪経済大学地域活性化センター

◆申し込み先◆ 事務局「あおぞら財団」 TEL06-6475-5885  FAX06-6478-5885 webmaster☆aozora.or.jp ←アドレスの☆の部分を@に変えて下さい。
〒555-0013大阪市西淀川区千舟1‐1‐1あおぞらビル4階(最寄駅:JR東西線御幣島駅⑪番出口UFJ銀行並び)

皆さんのご参加お待ちしています!
[PR]
by aozorafoundation | 2010-03-19 16:53 | 緑陰道路サロン(事務局)

西淀川中学校の職場体験実習!

西淀中学校の職場体験実習を受け入れました。
職場体験の動機を聞くと「小学校の時あおぞら財団のビデオをみて、自分も環境を少しでもいいから体験したいと思った」「環境問題に取り組んでみたかったので、身近なところから見てみたかった」「NPOを体験してみたかった」とのことでした。
天野憲一郎先生の西淀川公害の授業を小学生の時に受けて、「あおぞら財団」に興味を持ち職場体験の実習先に選んだ生徒もいました。

西淀川公害のビデオと、資料館の展示パネルとみてもらい、わかった事をレポートしてもらいました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                  「公害問題について」
私は、ビデオを見て、公害問題が大変だったことを知りました。小学校の時の授業で、たくさんの人達がぜんそくで苦しんでいることは知っていましたが、裁判が行われたこと、多くの人が亡くなったことは知りませんでした。昔のぜんそくの患者さんたちの治療法はなく、発作を少しおさえるための吸入器をつけていたそうです。今とはずいぶんちがうんやなぁと思いました。印象に残ったことは、大野川がずいぶんと昔は汚れていたということです。ビデオにでていた人の話では、50年くらいまでは水がすんでいてとてもきれいだった、もっときれいで泳げるくらいだったと言っていました。汚染されていた当時の川は異臭がし、川の魚たちも死んでいたそうです。工場が川に流していた水も公害をおこしていたそうです。昔の人達が裁判をしたり、がんばってくれたおかげで、大野川は緑陰道路に生まれ変わり、自然があるきれいなところになったんだと思いました。私は、もし、ぜんそくの人達が裁判を工場や国を相手に裁判をおこさないままだったら、今も、たくさんの人達が亡くなっていったり、しんどいままだったと思います。昔の人達がいろんなことをがんばってくれたおかげで、私達が健康にくらせることがわかりました。だから、私も自分にできることを少しずつやっていきたいと思いました。  
【S・T】

                  「大気汚染のビデオを見て」
大気汚染のビデオを見て分かったことは、今の西淀川区はとても清潔で楽に暮らしているのに対し、昔の西淀川区はあんなによごれていたのをビデオでしりました。昔のいりょう器具はあんまり発達していないので、その病気はすぐになおらないものになって、昔の人はとても大変だと思いました。昔の大野川は、とてもきれいな川で、魚つりをしたり、泳げる川なのに工場の排水や生活のゴミで、とてもきたなくなり、うめ立てになりました。昔の人はその大気汚染に反対し、裁判をおこしたのにあまりみとめられませんでした。印象に残ったことは、昔は大気汚染になやんでいましたが、今の生活ではとても楽な生活をしています。私たちのすんでいるこの西淀川は、昔あのようにことがあったんだと思いました。もっとこの環境を大切にし、一人一人が注意していけば、これ以上地球をよごさずにすむと思いました。大気汚染のせいで、学校にかよえない人もいます。大気汚染がきえても、まだぜんそくの人たちがいるので、少しでもその人の役にたてるようになりたいです。大気汚染のせいで差別がおきて、仕事ができないということがありました。このような大気汚染はくりかえさないように注意し、川がどろでよごれないようにしたいです。
【T・B】

                    「環境と公害」
私は、環境のビデオを見てわかったことは、緑陰道路(大野川)は、昔、50年くらい前までは、大野川はとても「きれい」だったのに、いつのまにか大野川はきたなくヘドロとなってたまり、メタンガスが発生して西淀川区住民の人がくるしんでるなんてかんがえもつきませんでした。昔の大野川は、工場の輸送水路として活躍した大野川は工場の廃水や生活ゴミがたまり、水質汚染になったから1970年にうめ立てられました。約40年後あんなにきたなかった大野川が自転車歩行者専用道の大野川緑陰道路となり、約13万本の樹木が植えられ区民の宝になっているなんてしって、西淀川区住民の人々は「すごいんだなぁー」と思いました。次に私が一番印象にのこったことは、病気で学校に行けない、それから食事や入浴が困難、それから医療費がかかるなどで西淀川区地域の人は治療費がたかくて多くの人が、病院にいけなかったりする人がたくさんいました。ぜん息にかかるとせきがでたり、たんがでたりして、ぜん息にくるしみ眠ることができないほど、おもい病気ってことをあおぞら財団にきてはじめてしりました。西淀川区が一番ぜん息になっている人がいるのをはじめてしりました。なので本当にあおぞら財団にこれてよかったと思います。最後に、あおぞら財団でどんなことに「とりくんでいきたいか」というと、環境のことをもっとしって、それをまた環境のことを人につたえられたらいいなぁー、と思います。なのであおぞら財団で見た公害のこと、それから環境のことをもっとしりたいです。
【N・S】

                       「公害」
私は、今日初めてあおぞら財団の職場体験をやらせてもらい、まず最初に公害についてのビデオを見させてもらいました。そのビデオに映っていたのは、私達が今住んでいる町でした。けれども、私達が今住んでいる町とビデオに映っていた町は、全然違う町に私は見えました。建物がほとんど洋風になり、町が違う風に見えたのもあったと思いますが、一つだけ技術が進んだとしても変わってはいけないのは空だと思います。しかし、ビデオに映っている町は空の色が黒かったです。空が黒いと朝か夜かもわからなくなり、西淀川区に住んでいる人達の気持ちまで暗くなってしまいます。しかも、空の色が黒いだけではありませんでした。ビデオに映っている人は、自分や家族がぜんそくというとても恐ろしい病気にかかったり、身近な事では私達がしている洗たくというのは“服を洗って外にほす”というのが一般的だと思いますが、当時の人は服を洗って外にほすと『服が真っ赤っかっ。』と言ってて正直びっくりしました。その他にも季節が夏になると私の家はクーラーをあんまりつけないので窓を開けっぱなしにします。しかし、当時の人は窓を開けると『たたみまで真っ赤っか』と言っていました。けれども、どうして2~30年くらいしか変わらないのにこんなに環境が変わったのか私は疑問になりました。そして、その後もビデオを見ていくと空が黒色になったのは工場や車などから出る排気ガスのせいでぜんそくの原因もその排気のガスのせいだという事がわかりました。しかし、その排気ガスを出している工場は西淀川区の住民が苦しんでいるのに平気で排気ガスを出し続けました。それに怒った住民達は裁判を起こしました。けれども、その裁判で原告の言い分をなかなか受け入れてくれなかったそうです。しかし、21年たった1995年、やっと裁判に勝てたそうです。もし、その裁判で勝っていなかったら、西淀川区に住んでいる人達が裁判を起こしていなかったら私達の町の空は今も黒く、そして自分自身ぜんそくにかかっていたかもしれません。公害のビデオやパネルを見て思った事は、私達にきれいな環境を作ってくれた人達みたいに、私もなりたいです。公害などに直接関係はないけれど、ゴミの出す量を減らすとか、自分が今から出来る事を全てやりたいです。
【M・M】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その他、4月に行われるタンポポ調べのチラシの作製や、リベラ発送作業の手伝い、大阪府地球温暖化防止活動推進員が講師として実践するフードマイレージ買物ゲームの生徒役をしてもらいました。

(小平 記)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-03-19 15:52

第Ⅰ期環境フロンティア講座(第4回)

「地域からの地球温暖化防止」
講師:植田 和弘(京都大学大学院経済学研究科教授)

 
 3月4日、第Ⅰ期理論編最後の講義に21名の方が参加しました。
 講義の最初に植田先生の学生時代のお話を聞くことができました。
先生は、学生時代、工学部として公害地域に赴き、原因物質の調査や排水処理に携わる中で、「技術」を用いて公害に対して貢献したいと考えていました。
 それは、公害は、排煙や排水の処理技術が未発達であるが故に起こるのだと考えていたからです。
 しかし、研究を進めるうちに、水俣病やイタイイタイ病などの公害は、正確に技術が適用されていれば、これほど大きな被害にはならなかっただろうということに気付き、公害問題は、技術の未発達が原因で起こるのではなく、技術が正確に用いられない社会の仕組み、経済に問題があるのではないかと考えます。
 
 講義では、ドイツの先駆的なエネルギー政策や都市構造を紹介され、日本はエネルギーを国が独占しているのではないかと問題を提起されました。
 また、国が打ち出すCO2削減コストを挙げて、数値が出されるまでの経済モデルへの理解が、メディア、国民共に不足しているのではないかなど、鋭い視点からの意見を頂きました。

 他では聞けない、学生時代の問題意識の移り変わりなど貴重なお話を聞けてとても楽しく講義を受けることができました。

 第Ⅰ期4回全て出席してくださった方に修了証、3回出席してくださった方に参加賞が授与されました。
e0024067_15275943.jpg

第Ⅱ期環境フロンティア講座―実践編
第1回「地域カフェを通じたネットワークづくりなど」
講師:高田 研(都留文科大学教授 あおぞら財団理事)
日時:5月21日(金)19:00~20:30
会場:キャンパスポート大阪(大阪駅前第2ビル4階)
ぜひご参加ください。

あおぞら財団スタッフ
森井隆二
[PR]
by aozorafoundation | 2010-03-17 15:30 | 環境フロンティア講座

JICA研修「環境汚染健康損害賠償制度構築推進プロジェクト」コースの受け入れを行いました

2010年3月15日 13:30-16:00
今回は、中国の環境行政の担当者・研究者10名の方々が、
西淀川の取り組みを学びました。
e0024067_1350568.jpg


まず、西淀川公害・あおぞら財団の活動概要を紹介ビデオを観た後、公害患者である岡崎さんに当時の様子をお話していただきました。
e0024067_13504533.jpg


次に、森脇名誉理事長が、公害反対運動・裁判を闘った歴史のお話です。
使用燃料が石炭から石油に変わった頃に、患者が急増したこと、公害反対運動に立ち上がったきっかけなどのお話がありました。

e0024067_13511973.jpg


参加された方々からは、岡崎さんには、病気になってから何年になるのか、それはいつごろから続いているのかなどの質問が寄せられました。

森脇さんへは、財団の設立経緯や、NOxやSPMなどの環境基準数値についての質問が多く寄せられ、なぜ当初の環境基準よりも緩和されたのか、環境省と経済界の環境基準値以外の妥当なデータはあったのかなど、やはり行政で働いている方々が多いこともあって、制度的な質問などが多く寄せられました。

お話をしていただいは、お二人から。
岡崎さん「苦しんだ時代があって今がある。その時の経験を若い人に伝えていく。生きている限り。」と、いう言葉はとても印象に残りました。

森脇さん「世界は、空で繋がっている。世界、アジアにおける青い空、きれいな空気を実現するためにも、共に頑張って欲しい。」

e0024067_1352384.jpg

最後に、5階の資料館の展示をみていただき、次の地へと向かわれました。
中国の環境改善に、少しでも貢献できるといいですね。

あおぞら財団スタッフ
山本 元
[PR]
by aozorafoundation | 2010-03-17 13:54 | 国際交流

野田阪神地区ゆったり歩けるみちづくり協議会

野田阪神ファーマーズフェスタ
e0024067_10232037.jpg
                     賑わいを見せる商店街

3月6日、野田阪神駅前通商店会で、ファーマーズフェスタが開催されました。
商店街の通りに、近隣農家の方が直売所を開けるブースや、フリーマーケットでフェアトレードの商品や手作りのお菓子、装飾品を販売できるブース、食べ物や飲み物を販売するブースなど、多彩な模擬店が並びます。
あおぞら財団はフードマイレージ、菜の花プロジェクトの展示ブースを出し、同時に使用済み天ぷら油の回収も行います。

e0024067_10464291.jpge0024067_104783.jpg


入り口を華やかに飾るあおぞらブース

商店街入口の一角にステージが用意され、開始時刻と同時に「ポン菓子」機の轟音が鳴り響きファーマーズフェスタスタートです。入口では餅つきも行われ、できたてのポン菓子とお餅は無料で来場者に配られ、大いに人を集めます。
また、ステージではジャズリング、ゴスペルなどが定期的に開かれ行き交う人々の足を止めていました。
e0024067_10554682.jpge0024067_10563254.jpg


ステージも盛り上がります

直売ブースでは、新鮮な野菜や果物が安い値段でキレイに陳列され、普段から八百屋をしているのかと思えるほど、値札や広告が工夫されています。すぐに売り切れてしまう店もありました。
おいしくて良いものが安く手に入るということで、両手いっぱいに買い物をする人の姿をよく見かけました。

e0024067_111813.jpg


新鮮な野菜がたくさん

商店も店の前に模擬店を開き、カレーや焼き鳥、塩ちゃんこ鍋などを販売するなど、イベントを盛り上げたいという商店街の思いが伝わってきます。

通りの中央、本部ブースでは、交通規制、道路のカラー舗装、街路灯の改良などが考慮された、夜でも暖かく寄り道したくなるような、新たな商店街のモデル映像がモニターに映し出されました。
通過交通に悩まされる商店街で、新たな空間を作り出していきたいという思いが伝わってきました。

(野田阪神駅前通商店会HP)
(商店会会長ブログ)

あおぞら財団スタッフ
森井隆二
[PR]
by aozorafoundation | 2010-03-12 11:02 | ゆったり歩けるみちづくり協議会

廃油回収ボトルのラベルがリニューアルしました!

あおぞら財団では家庭から出る廃油を対象に回収しています。
この度、廃油回収ボトルのラベルが新しくなりました。

この以前のラベルから
e0024067_1743838.jpg

このように新しくなりました。
e0024067_1731478.jpg


菜の花プロジェクトのマスコットキャラクター、なのこちゃんもいます。
e0024067_1751278.jpg


ボトルの外観です。
e0024067_1771954.jpg
 
e0024067_1774465.jpg



ぜひ、みなさんも廃油をお持ち下さい。
あおぞら財団にて受け付けしています。

あおぞら財団へのお越しはこちら

また、廃油回収の場所はあおぞら財団以外にも、西淀川区各所で受け付けています。
廃油回収マップ→
e0024067_17224641.jpg

詳しくはあおぞら財団までご連絡下さい。TEL:06-6475-8885

※なお、動物性油脂(ラード・牛脂・魚油)、常温で固まる油、鉱物油、飲食店の廃食油は回収できませんのでご注意ください。

菜の花プロジェクトについては以下のURLをご覧下さい。
  (あおぞら財団HP内:菜の花プロジェクトのページ
  菜の花プロジェクトネットワーク  西淀川菜の花プロジェクトブログ
  大阪府立西淀川高等学校エココミュニケーション同好会

 (小林)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-03-10 17:33

横断幕完成!

あおぞらビルに横断幕が!
e0024067_1534417.jpg

西淀川ESD菜の花プロジェクトでは、西淀川地域を中心に使用済み天ぷら油の回収に力を注いでいます。
回収拠点のひとつである、あおぞらビルに横断幕が登場しました。
緑陰道路や国道からも目にすることができます。
幅広い方々のご参加をお待ちしています。

あおぞら財団スタッフ
森井隆二
[PR]
by aozorafoundation | 2010-03-02 15:34 | 西淀川ESD菜の花プロジェクト