<   2010年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

三休橋筋の魅力向上に関する勉強会「まちづくりから考える自転車とのつきあい方」に協力

 5月25日(火)に大阪市中央区役所において行われた勉強会「まちづくりから考える自転車とのつきあい方」に協力しました。

e0024067_1759025.jpg

(写真 4月8日に実施された三休橋筋の清掃活動の様子)


 
e0024067_1759518.jpg

(写真 4月8日に実施された放置駐輪対策活動の様子)


e0024067_17584866.jpg

(写真 5月25日の勉強会の様子)


  三休橋筋は、御堂筋と堺筋の間に位置しており、近代建築や旧家が残っており、古き良き大阪の雰囲気を残した通りです。現在、歩道の整備、ガス灯の設置などがすすめられていますが、放置駐輪が目立ち街の景観や通りの回遊の障害になっています。今までも三休橋筋商業組合が中心となって放置駐輪の撤去活動や啓発活動などを行ってきましたが、抜本的な解決には至っていません。そこで、新たな視点を加えて取り組んで行くために、勉強会が開催されました。

 辰野株式会社の岡本さんから、三休橋筋の放置駐輪の現状について説明がありました。4月8日にトレードピア淀屋橋で行った放置駐輪対策活動についてご紹介がありました。

 次に、自転車文化タウンづくりの会幹事の井上さんから講演がありました。講演では、海外の事例を紹介しながら、わが国の自転車問題の課題についてお話していただきました。自転車問題の議論を進めるためには、放置自転車対策と自転車走行上の問題を区分すること、利用者が自転車を徒歩の延長としてとらえるのではなく車両として認識して利用する必要があるというお話がありました。また、行政だけで解決を図るのではなく、市民と協働して、地域マネジメントを進めていく必要があるというお話がありました。

 講演後の意見交換では、小規模な駐輪場の設置や自転車のマナー啓発などのアイデア、地域として放置駐輪対策に取り組んでいくこと、放置駐輪対策だけでなく三休橋筋を自転車にやさしいまちに変えていきたい、といった様々な意見が出ました。

三休橋筋商業協同組合

(文責:自転車文化タウンづくりの会 藤江、谷内)

[PR]
by aozorafoundation | 2010-05-28 18:10 | 自転車まちづくり

緑陰道路サロン:天野憲一郎先生 香簑小学校で「中島大水道」の授業

e0024067_1638492.jpg


緑陰道路サロンの天野憲一郎先生が、ゲストティーチャーとして香簑小学校の授業に呼ばれ、4年生(2クラス)の子供たちに大野川緑陰道路の歴史について話をしました。
授業参観日だったので保護者も一緒の授業です。

大野川緑陰道路の前身は、中島大水道という江戸時代の農民が掘りぬいた排水路が含まれています。
まだ社会科で「歴史」を学んでいない4年生にの子供たちに、今、NHK大河ドラマで放映されている坂本竜馬の話をいれながら、江戸時代の様子をイメージさせる手法など学ぶことの多い授業でした。

中島大水道は、主に今の東淀川区、淀川区、西淀川区を流れていましたが、東淀川区、淀川区部分はほとんどが埋め立てられ道路(車道)となっています。
西淀川部分も、40年ほど前、中島大水道を埋立て高速道路にする計画がありましたが、
これ以上、空気を汚すのはたくさんと、計画に反対する住民運動があり水路を埋立て緑豊かな遊歩道になった歴史があります。

江戸時代、そして公害のひどかった昭和の時代に、先人がまちを良いものにしていくために行った努力を、「大野川緑陰道路」という身近な素材を使ったわかりやすい説明に子ども達も納得の表情でした。(小平)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-05-28 16:41 | 緑陰道路サロン(事務局)

第9回緑陰道路サロン

第9回「緑陰道路サロン」
『中島大水道の東淀川部分を訪ねる』

日時:5月22日(土) 9時30分~
場所:阪急淡路駅西口付近
なお、この説明会は、2010年度一般財団法人セブン-イレブン記念財団の公募助成を受けて、開催されました。
e0024067_10272641.jpg


 9回目を迎える「緑陰道路サロン」、今回は、東淀川を中心に活動を広げる「ECOまちネットワーク・よどがわ」との共同開催となりました。さらに大阪経済大学遠州尋美教授の講義「地域・社会調査」にも全面協力いただき、スタッフも合わせ約60名の参加がありました。
 
 中島大水道は、江戸時代、水害に悩まされた農民が築いた排水路です。現在の中島大水道顕彰碑(東淀川)から大野川緑陰道路(西淀川)までを位置します。
 今回は顕彰碑から昔の水路をたどるように東へ進み、旧新家村の一柳本家(一柳太郎兵衛、農民の代表・三庄屋のひとり)を目指しました。

 中島大水道は農民が自らお金を出し合い、地域のために工事しました。その取組に似たものが現在、東淀川にあります。「ECOまちネットワーク・よどがわ」が中心になって進める、大阪市内初の市民共同発電所「さわやか発電所」です。差し迫る地球温暖化問題、エネルギー問題に対して、持続可能な社会の実現を目指しています。市民が少しずつお金を出し合い太陽光パネルを設置することで、自然エネルギーの普及と啓発を進める取組です。
一柳本家から「さわやか発電所」がある「さわやか苑」(社会福祉法人優光福祉会)を目指します。

e0024067_1619532.jpg
中島大水道顕彰碑

e0024067_1625020.jpg
NPO法人「自由空間」倶楽部

e0024067_16272465.jpg
東淡路公園(旧西心坊池)

e0024067_16422050.jpg
亀岡街道跡

e0024067_16393274.jpg
一柳本家

e0024067_16431947.jpg
多幸公園

e0024067_164513.jpg
さわやか苑

e0024067_16481235.jpg
一柳正義氏




 最後に、一柳太郎兵衛のご子孫、一柳正義氏にお話を伺いました。
 中島大水道という一つの歴史跡を通じて、西淀川と東淀川それぞれの取組がつながりを持てた、よい一日でした。
(森井)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-05-24 16:50 | 緑陰道路サロン(事務局)

廃油リサイクル学習会

岡野嘉市氏(浜田化学株式会社)に学ぶ
廃油リサイクル


 5月19日(水)、廃油リサイクルに関する勉強会を開きました。
 講師に岡野嘉市氏(浜田化学株式会社)を招き、廃油回収やリサイクルに関心の高い17名の方が参加しました。

e0024067_10412194.jpge0024067_104142100.jpg









 浜田化学は、近畿圏内を中心に廃油リサイクル業務全般を請け負っており、地域から廃油を回収する上での課題や成果、法規制等について、詳しく伺うことができました。
 これまで、地域で油を集め、取組を拡げてきましたが、集めた油がどの様な過程を経て、どのようにリサイクルされるのか、知らないことがたくさんありました。
 今後、菜の花プロジェクトの取組をより拡大していく上で、非常に重要な勉強会となりました。
(森井)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-05-24 10:47 | 西淀川ESD菜の花プロジェクト

公害地域の今を伝えるスタディツアー2010新潟 募集

*************************************
公害地域の今を伝える
スタディツアー2010
~新潟・水俣病の地を訪ねて~
参加者募集
*************************************
ちらしはこちら
http://www.aozora.jpn.org/pdf/10studytour.pdf

■現在、マスメディアを騒がしている「水俣病」問題について、
 過去の歴史、現在の成果、残された課題を現地で読み解いて見ませんか。
■見学やヒアリングから得た知識をワークショップを通じて参加型で学びます。
■スタディツアーの前には事前勉強会を用意しています。
■参加者は現地で学んだことを、次は発信者として、伝えていくことを目指します。

【日程】
●スタディツアー  2010年8月5日(木)・6日(金)・7日(土)・8日(日)の4日間


●事前勉強会 講師 関礼子氏(立教大学社会学部現代文化学科教授)  
       7月11日(日)都留文科大学
       7月18日(日)あおぞら財団
       ※いずれかの会場でご参加ください

【定員】40名
【参加費】10,000円(食費相当分の負担をお願います)
【対象者】公害・環境問題に関心をもち、
     持続可能な地域づくりに取り組む意欲のある人
     参加記録の執筆をしてもらいます。
     それらの情報を元に新しい公害教育の教材および冊子を作成します。
【主催】あおぞら財団(財団法人公害地域再生センター)

【スタディツアーでのおもな訪問・ヒアリング先】(予定)
●訪問先=環境と人間のふれあい館―新潟水俣病資料館―、昭和電工跡地、漁村など
●ヒアリング先=被害者、活動支援者、医師・弁護士関係者、行政など
【集合】
1.現地集合
2.関西(大阪駅、竹田駅)
3.関東(未定 候補先:大月駅、都留文科大学)
にて集合後、バスで現地へ移動。

【申込み方法・締め切り】
・氏名、連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)、所属を記入の上、
 あおぞら財団に連絡をお願いします。
・締め切り=定員になり次第しめきります

【協力専門家・スタッフ】(五十音順)
板倉豊・京都精華大学教授
井上有一・京都精華大学教授
大滝あや・Tao舎代表
小田康徳・大阪電気通信大学、西淀川・公害と環境資料館館長
高田研・都留文科大学教授、あおぞら財団理事
西村仁志・同志社大学准教授
あおぞら財団事務局(林、藤江、鎗山)

【連絡・問い合わせ先】
〒555-0013大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4F
あおぞら財団(財団法人公害地域再生センター)
TEL:06-6475-8885 FAX:06-6478-5885  
http://www.aozora.or.jp/ webmaster@aozora.or.jp
※本事業は(独法)環境再生保全機構地球環境基金助成事業の一環です。
※いただいた個人情報は本事業の目的以外には使用しません。

=======以下、申込事項=======
公害地域のいまを伝えるスタディツアー2010
~新潟・水俣病の地を訪ねて~

氏名

住所 〒

電話番号

緊急時/帰省先等

メールアドレス

所属  

参加動機、問題意識など

その他、要望、ご質問など

======================
[PR]
by aozorafoundation | 2010-05-24 09:49 | 資料館(エコミューズ)

カーフリーデー関西地区説明会<6/17木P6半~@大阪市>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                    
ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデー2010
関西地区説明会                                 
----------------------------------                 
 主催: カーフリーデージャパン 
協賛: (財)公害地域再生センター 道路環境市民塾
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                 
日時:2010年6月17日(木)
時間:18:30~20:30 受付18:10~
場所:大阪府商工会館 604号室
大阪市中央区南本町4-3-6   
アクセス http://www8.ocn.ne.jp/~hallnavi/access.htm

 ※参加費:無料
-----------------------------------
今年2010年も、9月16日~22日にモビリティウィーク&カーフリーデーが世界
2000都市以上で開催されます!「カーフリーデーって何?」「どうやって参加
するの?」などご興味のある方、ぜひご参加下さい!
-----------------------------------

プログラム(予定)

18:30~19:00 モビリティウィーク&カーフリーデーとは?
19:00~19:30 海外・日本の取組事例の紹介(ビデオ上映含む)
19:40~20:00 モビリティウィーク2010 実施にあたって
20:00~20:30 質疑応答


参加申込方法
E-mailにて氏名、ご所属(勤務先)、連絡先を明記の上お申し込み下さい(必須)
申込先:カーフリーデージャパン
    E-mailアドレス: carfreedayjapan@cfdjapan.org
           FAX: 03-3234-1748
※ 個人情報については、本報告会の運営および業務上必要な範囲内に
おいて利用させていただきます。
                
-------------------------------
ヨーロッパモビリティウィークとは?
-------------------------------
2002年から実施されているカーフリーデーを発展させた欧州委員会(環境総局)の
プロジェクトです。都市交通を考える交通週間として位置づけ、新しい交通施策を展
開する機会となっています。毎年決められるテーマに従い、まる一週間、公共交通
機関・自転車・生活道路・緑の道等を考える催し日替わりで行われます。

-------------------------------
カーフリーデー ”in town,without my car!”とは?
-------------------------------
1997年にフランス、ラ・ロッシェルで行われた「車のない日」が発端となっている、車
と都市・車と地球環境・車と都市文化を考える1日です。街では車に頼らなくても日
常生活に支障がないことを実感してもらうために、都心部において1日マイカーを使
わない地区を創り出し、市民一人一人が車のない都市環境を体験しその変化を実
感します。1998年からフランス、2000年からはEUプロジェクトになりました。ノーマイ
カーデーや歩行者天国とは、実施目的や内容が異なります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
申込・問合せ:
カーフリーデージャパン(株式会社アトリエUDI都市設計研究所内)
TEL:03-3234-1765      FAX:03-3234-1748
Email: cfdjapan@cfdjapan.org  URL: www.cfdjapan.org
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/cfdjapanこの説明会は、2010年度一般財団法人セブンーイレブン記念財団の公募助
成を受けて開催されています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by aozorafoundation | 2010-05-21 17:28 | 道路環境市民塾

泉南アスベスト国賠訴訟

5月19日(水)大阪地方裁判所で「泉南アスベスト国賠訴訟」の判決がありました。
この日はあいにくの雨でしたが、地裁前には多くの支援者が集まっていました。

e0024067_10255770.jpg


私はこの歴史的な判決の場に立ち会うことができました。
緊張感に満ちた空気の中、裁判官が判決を読み上げました。
最初は判決の内容(意味)が分かりませんでしたが、
裁判長が各原告の賠償額を読み上げていく中で
「勝ったんだ」とじわじわを実感しました。

e0024067_10261869.jpg


判決後、場所を移して判決報告会がありました。
用意されたイスが足らない程で、関心の高さがうかがえました。
思いを1つにして今後の活動を展開していきます。

e0024067_10263482.jpg


原告・弁護団は「国が控訴しないように」訴えるため東京に出発しました。

判決報告会が終わると雨はあがっていました。
大雨もいずれは晴れる。
アスベスト被害者の方々が救済されることを願います。
[PR]
by aozorafoundation | 2010-05-20 10:37 | 環境保健

第2期環境フロンティア講座参加者募集!!

第1期が好評に終わった環境フロンティア講座の第2期が6月から始まります!
第1期の内容はこちら

第2期は実践編です
市民の中に入って活動されている多彩な顔ぶれの先生方のお話から、
自分達に出来ること…考えてみませんか?
第1期は参加しなかったけど、今回は参加してみようかなという方、
また、第1期に引き続き第2期も参加したい!という方、みなさん大歓迎です!
第1期では定員を30名としていましたが、第2期は50名にしました
たくさんの方に受講していただきたいと思いますので、みなさんどしどしご応募下さいね
お知り合いの方にも是非声をおかけ下さい

第2期環境フロンティア講座  ※全日程金曜日の開講になっていますのでご注意下さい
◆第1回 6月11日(金)19:00-20:30
 「市民から始める交通まちづくり」
 松村暢彦先生(大阪大学大学院工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻)

◆第2回 6月18日(金)19:00-20:30
 「市民が取り組む水辺の再生」
 中西敬先生(NPO法人 人と自然とまちづくりと 副理事長)

◆第3回 7月 2日(金)19:00-20:30
 「まちの資源を活かして市民が進めるまちづくり」
 西村仁志先生(同志社大学政策学部・大学院総合政策科学研究科 准教授)

◆第4回 7月16日(金)19:00-20:30
 「顔の見えるネットワークづくり」
 高田研先生(都留文科大学教授 あおぞら財団理事)

e0024067_13365297.jpg
e0024067_1337599.jpg


受講ご希望の方は上記用紙に必要事項を記入してFAXかメールでお申込みください
お申込みいただいた方にはこちらから確認のご連絡を差し上げます


みなさんのご応募お待ちしています☆ ( 担当:眞鍋)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-05-13 13:53 | 環境フロンティア講座

矢倉海岸定例探鳥会(第105回)

5月1日(土)、矢倉海岸
ゴールデンウィークのよく晴れたこの日、探鳥会に参加しました。

今回は、日本野鳥の会兵庫県支部のみなさんの参加もあり、
29人がさわやかな汗をかきながらの探鳥行となりました。

e0024067_1114012.jpg


e0024067_1115340.jpg


初めての参加となった私は、鳥の名前以前にどこに鳥がいるのかも
分からない状態でしたが、
野鳥の会の方に双眼鏡の使い方から鳥の生態や特徴などを丁寧に
教えていただいたので、初心者なりに楽しむことができました。

今回は42種の鳥が確認できました。

カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、
カルガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ホシハジロ、
キンクロハジロ、スズガモ、ミサゴ、コチドリ、シロチドリ、
トウネン、ハマシギ、キアシシギ、イソシギ、ソリハシシギ、
オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、ユリカモメ、アジサシ、
キジバト、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ツグミ、
オオヨシキリ、メジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、
ハシボソガラス、ハシブトガラス、キョウズシギ、メダイチドリ、
オバシギ、センダイムシクイ、ドバト


また、野鳥だけでなく花や木の名前、西淀川の歴史や文化も
併せて聞くことができるので、バードウォッチング初心者
でも楽しい時間を過ごすことができます。

一緒に参加した私の息子(小学1年生)も「いっぱい鳥が見れて
おもしろかった。また、来たい」と目を輝かせていました。

次回は6月5日(土)9時半からスタートします。
参加希望の方は阪神なんば線福駅にお集まりください。


◎日本野鳥の会大阪支部のHPはこちら

(北中)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-05-13 11:00 | 矢倉海岸探鳥会

大阪経済大学講義 「地域・社会調査」(遠州尋美教授)

西淀川の環境を知る~まちを歩いてMAPにまとめる~

 5月8日(土)、大阪経済大学遠州尋美教授の講義「地域・社会調査」の一環で、6人の学生が西淀川のまちを歩き調査を行いました。
 調査の目的は、西淀川公害の過去と現在、西淀川の歴史や自然を学び、感じ取ってもらうこと。それを発表してもらうことです。
e0024067_144145.jpg

e0024067_1442863.jpg

 国道43号、府道池田に足を運び、その交通量の多さ、排ガスで満たされた空気、大型車両の振動などを体感し、旧大和田街道や緑陰道路では、文化や自然とふれあいました。
e0024067_1453875.jpg

 天野憲一郎氏(緑陰道路サロン世話人会)も参加して、学生に西淀川の歴史を伝えてくださりました。
e0024067_145221.jpg
 
その後、お互いに学んだことを話し合い、MAPづくりに取り掛かりました。
 学生たちは、気になった箇所をおさめた写真を、自作の地図の上に散らばめ、コメントを書き足しました。
e0024067_1462099.jpg
 
 今後、学生と近所の子どもたちが空気調べを行います。その際に、今回作ったMAPを使って、学生が子どもたちに報告する予定です。
 西淀川の歴史を多くの学生に伝えられたらと思います。
(森井)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-05-11 14:08 | 視察受入