<   2010年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

参議院選挙に向けての公開質問状と回答をHPにて掲載

あおぞら財団では、「わが国の環境再生まちづくり」に関する公開質問状を9つの政党に公開質問状をお送り、その回答を財団のホームページ上で公開しております。(6月23日)

現在7つの政党(民主党、日本共産党、みんなの党、自由民主党、社会民主党、公明党、国民新党)からご回答を頂いております。
より多くの方にご覧頂き、参議院選挙の投票における参考にしていただければと思います。

参議院議員選挙(2010年7月)に際する意見書及び公開質問状・回答
http://www.aozora.or.jp/iken/2010sanngiinn.html
[PR]
by aozorafoundation | 2010-06-29 19:29 | 事務局より

山形県版フードマイレージ買い物ゲームができました

山形県の寒河江青年会議所からの依頼で山形版フードマイレージ買い物ゲームを作成しました。

寒河江青年会議所の今年のスローガンの一つに
「~これからの地域を創る~ 大切な命を創る「食」でつなぐ絆」
というのがあり、
その実現のために、フードマイレージ買い物ゲームを使って
地域の小学校で実施するのが良いのではないかと、
買い物ゲームの作成をあおぞら財団に依頼されたそうです。

2010年6月11日に、完成お披露目会を行いました。
e0024067_18474344.jpg

参加者は40人ほどで、青年会議所のメンバーです。
この方々が小学校に出前授業してくださるとのことです。
ホームページはこちら

山形県は自給率(カロリーベース)が133%あり
夏の食材はほとんどが山形県産です。
気をつければ地産地消の環境にやさしい食事を作ることができます。
自給率が2%の大阪とは大違いですね。

食材カードには、菊やサクランボなど、山形県ならではの食材も組み込んでいます。
山形でフードマイレージの概念が広がり、山形らしいムーブメントが起こればいいなと思います。
問い合わせは寒河江青年会議所
(林)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-06-29 18:51 | フードマイレージ

2010年 てづくりせっけん教室 

こんにちは。

てづくりせっけん教室の8月以降の日程が決まりましたので
お知らせします。

今回はこれまで開催してきた中で、参加者の方からリクエスト
が多かったものばかりです。
ぜひ、ふるってご参加ください!お待ちしています。

----------------------------
【転送歓迎】


世界で一つ、私だけのかわいいせっけんを作りましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あおぞら財団 くじら工房
てづくりせっけん教室

        2010年後半シリーズ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・米ぬかオイルを使ったせっけん
  ・お肌も心もうるおう♪ 
  ・メイクもバッチリ落ちる洗浄力!
  ・お肌のトラブルさようなら~

2010年
8月19日(木) カロチンせっけん
          (にんじんジュースとレッドパーム油であざやかなオレンジ色)


10月14日(木) チョコレートせっけん
          (甘い香りと保湿。出来上がりもおいしそう~)

12月9日(木) ホホバオイルせっけん
          (ホホバの実からとれるオイルは保湿効果バツグン)

時間:いずれも10:00~12:00
場所:あおぞらビル3F グリーンルーム
(大阪市西淀川区千舟1-1-1
JR東西線「御幣島」駅 地下道11番出口 徒歩3分)

費用と持ち物:
  
<費用>
   1回当たり 2,400円(材料費1,200円+受講料1,200円)
   ただし1回受講すると2回目からの受講料は600円と超お得!
   1回で8個のせっけんができます。

<持ち物>
   エプロン、ビニール手袋、洗った牛乳パック(1リットル用)

予約:2日前までにご連絡ください(電話・FAX・E-mail)
    下記に申し込み表あり。

定員:12名
小・中学生は大人同伴でお願いします。

主催:あおぞら財団

連絡先:〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4階
財団法人公害地域再生センター(愛称:あおぞら財団)
担当:林、鎗山(E-mail webmaster@aozora.or.jp)
TEL 06-6475-8885 FAX 06-6478-5885
ホームページ:http://www.aozora.or.jp/

・・・・・・・・・・・てづくりせっけん教室 申し込み・・・・・・・・・・・

氏名:
ふりがな:

住所:



電話:
FAX:
Email:

これまでに、この教室に参加したことが
□ ある
□ ない

参加希望回:
□ 8月19日(木) カロチンせっけん
□ 10月14日(木) チョコレートせっけん
□ 12月9日(木) ホホバオイルせっけん

ご意見・ご要望:




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上
[PR]
by aozorafoundation | 2010-06-23 16:07 | イベント案内

環境フロンティア講座2期2回目 「市民が取り組む水辺の再生」

 環境フロンティア講座第Ⅱ期
―実践編―市民参加の実践例から学ぶ!私からはじめる環境活動
第2回
「市民が取り組む水辺の再生」
講師:中西 敬先生(NPO法人「人と自然とまちづくりと」副代表理事)
6月18日(金)に開催しました。(参加者23名)

中西先生は、水辺の再生についての取組み、特に「海」が抱えている問題点を人間の体に例えるとメタボであること、海の信号は青も危険ということを教えていただきました。

e0024067_17312751.jpg


冒頭に、中西先生からクイズがありました。

水道が2
灘が7
ワンが2
せとが1

いったいなんでしょうか??
これは、瀬戸内海に位置する水道、灘、湾、瀬戸の数です。
陸は、明確な住所が存在するが、海は明確な住所が存在しない。海は、公共財でありながら、人々の意識が薄く、海の環境について取り組めていないので、海の現状を知ってほしいということから始まりました。

また、赤潮、青潮などが発生する仕組みを分かりやすく教えていただきました。
昔は工場排水が海の富栄養化を引き起こす原因だったが、現在では一般家庭の排水が富栄養化を引き起こす主な原因となっているそうです。

下水処理場の整備は進み、家庭でジャブジャブ流して大丈夫♪と思いきや、下水処理場でも窒素を完全には除去していない状態で川から海へ流れているそうで、海は窒素過多になっているとのことでした。

その現状を知り。会場からは、日常の生活から見直すことで海の環境を守っていきたいなどの意見もありました。

次回は、第3回
「まちの資源を活かして市民が進めるまちづくり」
講師:西村 仁志先生(同志社大学政策学部・大学院総合政策科学研究科 准教授)
7月2日(金)19:00~20:30
キャンパスポート大阪(大阪駅前第2ビル4階)

ぜひ、ご参加ください。

あおぞら財団スタッフ
山本 元
[PR]
by aozorafoundation | 2010-06-21 17:31 | 環境フロンティア講座

大阪教育大学「西淀川地域フィールドワーク」を受け入れました!

6/15(火)、大阪教育大学の研修「西淀川地域フィールドワーク」を受け入れました。参加者は社会文化講座1回生・2回生と教員の皆さん、45名です。
西淀川公害裁判についてのビデオ学習や、財団紹介を終えた後、4班に分かれて西淀川のまちに出掛けました。

A班のテーマは「自転車まちづくり」。
あいにくの雨でしたが、大野川緑陰道路やなにわ自転車道を、自転車で走りました。
e0024067_1531485.jpg

B班のテーマは「福祉・環境保健」。
あおぞら苑を訪れ、所長の辰巳致さんに、地域福祉にかける思いをうかがいました。
e0024067_1534987.jpg

C班のテーマは「ESD・環境教育」。
西淀川高校を訪問し、環境学習の現場を見学しました。
e0024067_1543240.jpg

D班のテーマは「歴史・まちづくり」。
野里住吉神社や池永邸を訪れ、西淀川の長い歴史に触れました。
e0024067_1545770.jpg

財団ビルに戻って、公害の語り部・和田美頭子さんと岡崎久女さんのお話をうかがいました。
和田美頭子さん
e0024067_1553292.jpg

岡崎久女さん
e0024067_15644.jpg

熱心に聞き入る皆さん
e0024067_1562511.jpg

最後に班ごとの発表です。
今日知ったこと・感じたことを発表しました。
e0024067_1564895.jpg

大雨のなか、かけあしの行程でしたが、皆さんそれぞれに、西淀川のさまざまな顔、西淀川の過去・現在・未来、いろいろなことを感じ取ってもらえたことが伝わる発表でした。
皆さん、お疲れさまでした!
(エコミューズスタッフ 森本)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-06-18 15:08 | 資料館(エコミューズ)

ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデー2010

ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデー2010
関西地区説明会

 6月17日、ヨーロッパを中心に世界の都市で広がりを見せる、車と環境、車と都市について考える祭典モビリティウィークの説明会を大阪で開きました。(24名の参加)カーフリーデージャパン主催、市民塾、あおぞら財団協力によるものです。

 モビリティーウィーク&カーフリーデーは、フランス、ラ・ロッシェルの「車のない日」に端を発し、2009年には世界2181都市で開催されました。
 9月16日から22日の一週間、大気汚染の問題を認識する、公共交通を推進し強化する、人や自転車の空間を優先する、地域の資産を再認識する、などのテーマ沿った催しが開かれます。最終日の22日は、自動車の交通に規制をかけ、都市の中心部に人、自転車、公共交通優先の空間をつくります。(カーフリーデー)
 この催しは、欧州委員会、各国のパートナー団体の承認を得ると、各都市で主催できます。日本では、現在9都市で開かれています。(春日部市、さいたま市、横浜市、逗子市、松本市、名古屋市、福井市、高松市、那覇市)
e0024067_1120388.jpg
 
e0024067_11211419.jpg


カーフリーデージャパンHP(http://www.cfdjapan.org/
カーフリーデージャパンブログ(http://blog.goo.ne.jp/cfdjapan/
(森井)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-06-18 11:22 | 事務局より

西淀川交通まちづくりプロジェクト「西淀川の交通・移動について考えてみよう!」 参加者募集

■2010年7月~2011年3月まで、土曜日の午後、月に1回程度、
 あおぞら財団に集まっていただき、会議を開催します。
■誰にとっても西淀川区内で外出しやすくなっているのかを
 みなさんでチェックして、どのように改善していけばよいのかを話し合います。
■第1回~第3回の参加希望者を募集します。
 第4回以降については、日程が決定しましたら、別途募集いたします。

ちらしはこちら
http://www.aozora.jpn.org/pdf/10transportation.pdf

【プロジェクトの流れ】
第1回:「お話&疑似体験! 車いすの視点でまちをチェックしよう」
 ・車いす利用者の方から西淀川区内の移動環境についてお話を聞きます。
 ・実際に車いすを使って、まちなかの不便さをチェックします。
 ・日時 7 月17 日(土)13:30 ~ 15:30、場所 あおぞらビル3 階会議室
第2回:「お話&疑似体験! 視覚障害と高齢者の視点でまちをチェックしよう」
 ・視覚障害者の方から西淀川区内の移動環境についてお話を聞きます。
 ・高齢者疑似体験装具を使って、まちなかの不便さをチェックします。
 ・日時 7 月24 日(土)13:30 ~ 15:30、場所 あおぞらビル3 階会議室
第3回:「話合い:西淀川区の移動・外出について話し合おう」
 ・西淀川区内の移動・外出について、自由に話し合います。
 ・どういう情報があれば便利かを考えます。
 ・日時 8 月21 日(土)13:30 ~ 15:30、場所 あおぞらビル3 階会議室
第4~7回:「西淀川区内の移動・外出の現状について調べよう」
 ・西淀川区内の公共交通機関、商業施設などの移動のしやすさについて調べます。
 ・9 月~ 12月に開催予定(計4回)
第8~10回:「話合い:調べた内容の使い方について話し合おう」
 ・調べた内容、話し合った内容をどのように活かしていくのかを話し合います。
 ・2011年1 月~ 3 月に開催予定(計3回)

【定員】30名
【対象者】西淀川区に在住、または西淀川区内に通勤・通学しておられる方で、
     交通まちづくりに取り組む意欲のある人
【主催】あおぞら財団(財団法人公害地域再生センター)

【申込み方法・締め切り】
・氏名、連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)、所属を記入の上、
 あおぞら財団に連絡をお願いします。
・締め切り:6月30日(水)

【連絡・問い合わせ先】
〒555-0013大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4F
あおぞら財団(財団法人公害地域再生センター)
TEL: 06-6475-8885 FAX: 06-6478-5885  
http://www.aozora.or.jp/  Eメール: webmaster@aozora.or.jp

=======以下、申込事項=======
参加希望(  )内に○をしてください
 (  ) 7/17(土) 第1回「お話&疑似体験! 車いすの視点でまちをチェックしよう」
 (  ) 7/24(土) 第2回「お話&疑似体験! 視覚障害と高齢者の視点でまちをチェックしよう」
 (  ) 8/21(土) 第3回「話合い:西淀川区の移動・外出について話し合おう」

氏名(ふりがな)

職業・所属

電話番号

FAX

e-mail

ご要望など

======================
[PR]
by aozorafoundation | 2010-06-17 11:56 | 西淀川交通まちづくり

環境フロンティア講座

 環境フロンティア講座第Ⅱ期
―実践編―市民参加の実践例から学ぶ!私からはじめる環境活動
第1回
「市民から始める交通まちづくり」
講師:松村 暢彦先生(大阪大学大学院工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻)
6月11日(金)に開催しました。(参加者23名)
e0024067_13421779.jpg


 今年、1月から3月にかけて開催された環境フロンティア講座、理論編に続く実践編が始まりました。
 松村先生は、交通における社会的ジレンマを解決するためのアプローチについて、これまで取り組んでこられた事例を引きながら教えてくださいました。

 「そこに住む人に、自分の地域が良くなったと言ってもらえる仕組みを作らなければ取組は続かない、交通においてもそれは重要なことである。一人ひとりのモビリティを社会全体で良い方向へ導く為にはコミュニケーションが重要な役割を果たす。」など、交通まちづくりとは、まず地元の人や土地に関わることが大切なのだと教わりました。

 「人間の最大の武器は信頼と習慣」、自分の意識と行動を変えること、それを共有し行動することの意です。まずは自分の意識を変えることから始めていきたいと思います。

会場からは、行政の担当者にも、この講習を受けてもらいたい等の声が上がりました。

その後の懇親会では松村先生のご家族の話題など、普段では伺えない貴重なお話を伺いました。


第2回
「市民が取り組む水辺の再生」
講師:中西 敬先生(NPO法人「人と自然とまちづくりと」副代表理事)
6月18日(金)19:00~20:30
大阪市立生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)

ぜひ、ご参加ください。
(森井)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-06-16 13:44 | 環境フロンティア講座

新潟水俣病 勉強会

新潟水俣病 勉強会
(公害地域の今を伝えるスタディツアー2010事前勉強会)

新潟水俣病の過去・現在について関礼子先生に教えてもらいます。
またとない機会ですので、スタディツアーに参加されない方も
ぜひご参加ください。
関先生のホームページはこちら

講師 関礼子氏(立教大学社会学部現代文化学科教授)  
  7月11日(日)都留文科大学
  7月18日(日)あおぞら財団
  ※いずれかの会場でご参加ください

スケジュール
13:00-14:30関礼子氏講義
14:30-15:00質疑応答

===以下スタディツアー参加者のみ===
15:00-15:30フィールドワークの心得
15:30-16:00全体自己紹介
4人のグループに分かれて事前学習シートの共有

参加を希望される方はあおぞら財団にご連絡ください。
(Tel) 06-6475-8885 (Fax) 06-6478-5885 
電子メール:webmaster[at]aozora.or.jp([at]を@に変えてください) 

===スタディツアー参加者への注意事項===

事前勉強会の参加にあたって
参考文献を読んだ上で
事前学習シートの
1と2の項目を記入してください。
3は勉強会参加後に記入してもらいます
事前学習シートは勉強会当日に回収します。

事前学習シートのダウンロードはこちら
ワードファイルPDFファイル
[PR]
by aozorafoundation | 2010-06-16 11:00 | 資料館(エコミューズ)

「西淀川記憶集め隊」スタート―知りたい、そして伝えたい!

エコミューズスタッフの森本です。
エコミューズでは、西淀川地域に長く暮らした方々の聞き取り調査を始めました。
その名も「西淀川記憶集め隊」!
これまで3回の調査には、デイサービスセンターあおぞら苑の利用者の方々にご協力いただいています。そのようすを、写真ですこしご紹介します。

―戦後の西淀川はどんなようすでしたか?どんなきっかけで西淀川に住まれましたか?
e0024067_14294156.jpg

―昭和30年代は、どこでお買い物していましたか?どこで働いていましたか?
e0024067_143014100.jpg

―西淀川での子育てはどんなかんじでしたか?どんな近所付き合いがありましたか?
e0024067_1430399.jpg


80代・90代の皆さんから、かつての西淀川の姿がいきいきと語られています。
西淀川のさまざまな記憶を集めて、地域の歴史を知り、エコミューズから発信していきたいと思っています。
「西淀川記憶集め隊」のこれからの活動に、ご期待・ご協力ください!
(エコミューズスタッフ 森本)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-06-07 14:33 | 資料館(エコミューズ)