<   2010年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

辻元清美衆議院議員を迎えて交通基本法を学ぶ会(12/25)

12月25日(土)、「道路環境市民塾・セミナー  交通基本法をみんなで学ぼう
~ 辻元清美衆議院議員を迎えて ~」を開催しました。
会場いっぱい40名の参加者が集まりました。(12/25土 P1半~3時@あおぞらビル3階)

国土交通委員会筆頭理事で市民派の辻元代議士をお招きし、交通基本法の理念、期待すること、制定後どのように地域に影響があるのか等をお話頂きました。

8月に市民塾運営委員が企画・話題提供をした「交通基本法をみんなで学ぼう!」が盛況だったことを受け、市民塾以外のメンバーにも声をかけ実行委員会をつくり、今回のセミナーを企画しました。

 市民塾側からは、より効果的に学び・意見交換を行うために、事前に実行委員メンバーらで質問や意見を整理して辻元代議士に提出、辻元氏はの質問に沿って丁寧にお話をして下さいました。

冒頭早々に一言「女性が少ないですね」(女性の参加は2名でした。)
交通は生活に身近なテーマなので、女性が参加した方が良いのでは、とのご意見。

さらに、全国に点在する空港、新幹線や道路整備などから話題はスタートし、
毎年バス路線が2000km廃止になっている、予算の状況等、具体的な体験と数字を使って、
交通基本法の背景となる問題がどのようなものなのか、説明いただきました。

次いで、現在の基本法の考え方について、他の基本法(環境基本法、男女共同参画社会基本法など)を例に、基本法は枠組みを決めるものであり、制定後は条例・協議会など、地域での仕組みづくりが重要になることなどをお話しいただきました。

併せて、現在の検討状況に関しても、移動権や協議会、予算など、議論されている事柄に触れ、市民やNGOも生活者の視点から交通を見直し、各政党にも働きかけてほしいとの提案もありました。

e0024067_1532149.jpg


e0024067_15325089.jpg


質疑の時間では、多くの参加者から質問が出されましたが、一つ一つ丁寧にお答えいただきました。
質問は、「移動権」について、法案成立の可能性、観光面や交通管理者との連携、インフラづくりにおける経営の発想導入、自転車の位置づけ強化、国民的コンセンサスを得るための情報発信、など。

印象的だった言葉は、「法案をつくる過程も住民参加」、「全ての人にとって完璧な法律はできないかも知れないが、制定後、点検・修正をすることで良いものにできる骨格をつくりたい」、「無駄なものをつくらないためには、改めて日本のグランドデザインが必要。」、「交通のテーマは、新しい公共とも大いに関係しているので、自分達でやろう!という気持ちを大切に」、「情報発信はみんなでやっていきましょう」などです。

テレビでみるよりさらに、若々しくパワフルな辻元氏のお話に、参加者は皆、引き寄せられていました。

道路環境市民塾では今後も「交通基本法」に注目していきたいと思います。


<参考>
◆市民塾から事前に送った質問事項
Q1:我が国の交通政策のめざすところは?
Q2:「移動権」とは何か?
Q3:財源と予算について
Q4:市民やNGOの役割について
Q5:自治体の役割について

当日の配布資料
前日(12/24)に開催された第四回交通基本法案検討小委員会 
・資料として交通基本法案の立案における基本的な論点について(案)がHPにアップされています。



(小平・藤江 記)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-12-29 15:28 | 道路環境市民塾

キャンドルナイトin西淀川~廃油キャンドルで緑道を灯そう~開催

引き続き田中がブログを書いています(^_^)

12月22日水曜日に「キャンドルナイトin西淀川~廃油キャンドルで緑道を灯そう~」を行いました☆

朝からインターン生の馬場君は手伝っていて、私は夜5時過ぎから加わったのですが、
経大のゼミ生や西栄寺さんなど、たくさんのスタッフさんで驚きました!
e0024067_1552471.jpg


準備の様子(西淀川高校の生徒さんが頑張ってくれました!)
e0024067_18442779.jpg

e0024067_1845982.jpg


このイベントは多くの人の協力でつくられています。
・廃油キャンドル作成個数 約1300個
・リサイクルした廃油の量 約130リットル
・書いてもらったシェードの枚数 300枚
・当日の運営スタッフ 60名
また、廃油キャンドル作り等の準備には、ガールスカウト大阪26団の小学生、淀中学校の生徒、西淀川高校の生徒が一生懸命取り組みました!!

緑陰道路には、たくさんのキャンドルが並べられていて、夜6時から点灯。
ジョギングをしている人や散歩している人は立ち止まり、
キレイなキャンドルを眺めていました。

あおぞらイコバ前
e0024067_18461216.jpg


あおぞら財団から緑陰道路に下りる階段
e0024067_1846325.jpg


ガールスカウト大阪26団が用意した願いごとツリー たくさんの願い毎が集まりました。
e0024067_18472840.jpg

e0024067_1955881.jpg


よどがわ市民生協さんがつくってくれた色つきキャンドル
e0024067_18495566.jpg


西淀川高校の生徒さんがつくったランプシェード
e0024067_1850441.jpg


西淀川高校生徒会メンバーはサンタの格好でお客さんの呼び込みをしていました。
2人ともキャンドルづくりの準備の段階から大活躍してくれました!
e0024067_18514059.jpg


ECOまちネットワーク・よどがわが「グリーン電力証書」を購入。
今回のイベント運営はクリーンな電気で行われました。(一番右がグリーン電力証書です)
e0024067_18541148.jpg


Stop温暖化 MAKE the RULEキャンペーン実行委員長のシロベエ氏も応援にかけつけました。
大阪経済大学みどりのまちづくりサークルみあいのメンバーがシロベエの通訳をしてくれました。
e0024067_1553586.jpg



あおぞらイコバで行われた、うたごえ喫茶にもたくさんの人が集まりました
e0024067_1944463.jpg

e0024067_194326.jpg

e0024067_197521.jpg


大阪経済大学 柏原ゼミのメンバーは動物の格好をして募金のよびかけを頑張りました
e0024067_1853383.jpg

募金活動も行い、今回5829円の募金が集まりました。ありがとうございました。

スタッフ集合写真 お疲れさまでした!
e0024067_18485028.jpg


私が印象に残っているのは、
「メリーリサイクル」の文字キャンドルです☆
通りすがりの女性の方も「うまい事やったなぁ~」と大絶賛!!↓↓
e0024067_15522381.jpg


ありがとうございました。

今回撮った写真は、1月11日~21日までの平日のみ、あおぞらイコバにて展示会を行います!!
写真を見に来て下さ~い☆
気に入った写真があれば、1枚100円でも販売します♪

今回、私もキャンドル作りや運営を手伝わせて頂いて感じたことは、地域の皆さんやあおぞら財団の方等たくさんの人が協力することで、こんなにも素晴らしいイベントができるのだなと思いました。また、
キャンドルがとてもキレイで心の暖まる時間を過ごせました。ありがとうございました!
ゆったりとした時間の後のキャンドルの片付けは、少し悲しく、辛かったです(笑)

また、来年も参加させて頂きたいと思っているので、よろしくお願いします~

田中でした☆

ちなみに、私が願いごとツリーに書いた願い事は「就活しっかりやりきれますように」です(^_^)


桃山学院大学 あおぞら財団インターン生 田中育絵 記
[PR]
by aozorafoundation | 2010-12-27 15:54 | 西淀川ESD菜の花プロジェクト

空気のよごれ調べ2010

12月27日月曜日

はじめまして。2010年インターン生の田中です。
本日、西栄寺にて空気のよごれ調べを行いました☆


子ども67人、大人15人の参加者とスタッフ7人、計89人で行いました!!
ありがとうございました。
e0024067_157189.jpg

事前に申込みをしてくれた子や学童保育の方達、それからガールスカウトの方達に、それぞれ空気の汚れを調べるカプセルを事前に渡し、二酸化窒素を採取したものを、今回検査液で調べます。ちなみに「エコアナライザー」というカッコイイ名前の小型機械で調べました!!
e0024067_1581672.jpg

赤 60ppb 汚れている!環境基準値オーバー
黄 60~40ppb まだまだ注意 環境基準値内
緑 40~20ppb 普通 環境基準値以下
青 20ppb めちゃめちゃキレイ

この4つのシールの色に分けて、キレイなところ、汚れているところをわかりやすくしたのがこの地図です!!↓↓
e0024067_154440.jpg

去年は、緑多かったのに対して、今年は青が緑と同じぐらいの数でした!
すなわち、去年と比べて空気がキレイになったのです!!
あおぞら財団や皆さんが環境について考え、行動しているからこその結果だと思います。

それから、公害患者の酒井美代子さんに、昔の空気の汚れや、病気になって辛かったことなどをお話していただきました。

子ども達の感想は、「空気が汚れるとぜんそくになることがわかった」や「空気が汚れてぜんそくになりたくない」という感想が多かったです。

空気が汚れているということは、普段の生活ではあまり感じたことがなかったので、私も考えさせられました。
今回を機会に、私が生活をしていて空気を汚していないかチェックしたいと思います!

来年はどういう結果になるのか、楽しみですね♪

では、田中でした~
[PR]
by aozorafoundation | 2010-12-27 15:09 | にしよどがわこどもエコクラブ

西淀川交通まちづくりプロジェクト 参加者第3次募集

■2010年7月~2011年3月まで、土曜日の午後、月に1回程度、あおぞら財団に集まっていただき、会議を開催しています。
■今回は、第7回, 第8回、意見交換会の参加希望者を募集します。
■第1回~第6回に参加していない方も、興味のある方はぜひご参加ください。

【プロジェクトの流れ】
※1~6回は終了しました。
第1~3回:バリアフリーの視点からまちを見てみよう
 ・第1回:「お話&疑似体験! 車いすの視点でまちをチェックしよう」(7月17日)
 ・第2回:「お話&疑似体験! 視覚障害と高齢者の視点でまちをチェックしよう」(7月24日)
 ・第3回:「話合い:西淀川区の移動・外出について話し合おう」(8月21日)

第4~6回:西淀川区内の移動・外出の現状について調べよう
 ・視覚障害者の模擬体験会、放置駐輪対策について検討しました。
 ・第4回 今後、どのような取り組みを行っていくかについて意見交換を行いました。(10月23日)
 ・第5回 JR塚本駅周辺の放置駐輪や駐輪場の様子を確認した後、意見交換を行いました(11月13日)
 ・第6回 JR塚本駅周辺の放置駐輪に対する提案内容について、話し合いました(12月11日)

第7回、第8回:「調べて話し合った内容を提案しよう」
 ・今まで調べた内容、話し合った内容をどのように提案していくのかを話し合います。
 ・第7回 1月19日(水) 19:00~21:00
 ・第8回 2月9日(水) 19:00~21:00(中止しました)

意見交換会
 ・JR塚本駅周辺の自転車対策について提案書を作成し、区役所や関係者に提案していきます。
 ・2月28日(月) 18:30~20:00

【対象者】西淀川区に在住、または西淀川区内に通勤・通学しておられる方で、
     交通まちづくりに取り組む意欲のある人
【主催】あおぞら財団(財団法人公害地域再生センター)

【申込み方法・締め切り】
・氏名、連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)、所属を記入の上、
 あおぞら財団に連絡をお願いします。
・締め切り:2011年1月14日(金)

【連絡・問い合わせ先】
〒555-0013大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4F
あおぞら財団(財団法人公害地域再生センター)
TEL: 06-6475-8885 FAX: 06-6478-5885  
http://www.aozora.or.jp/  Eメール: webmaster@aozora.or.jp

=======以下、申込事項=======
参加希望(  )内に○をしてください
 (  ) 第7回 1月19日(水) 19:00~21:00
 (  ) 意見交換会 2月28日(月) 18:30~20:00

氏名(ふりがな)

職業・所属

電話番号

FAX

e-mail

ご要望など

======================
[PR]
by aozorafoundation | 2010-12-24 15:36 | 西淀川交通まちづくり

自転車まちづくり交流イベント2011「これからの自転車まちづくり」を開催します

自転車まちづくり交流イベント2011
「これからの自転車まちづくり」

便利、環境にやさしい、健康に良い、など様々な魅力を持つ自転車。
一方で、歩行者や車との事故や放置自転車問題など、課題もたくさん抱えています。
自転車を使いやすいまちにするにはどうしたらよいか・・・
自転車への関心を深め、課題を共有すること、
自転車に興味関心のある人たちのつながりをつくること、
これからの自転車まちづくりを語り、共有することを目的に、開催します。


と  き:2011年1月23日(日) 13:30~16:00
ところ:大阪府社会福祉会館
    http://www.fine-osaka.jp/syakaifukusi/akusesu.html
最寄り駅
・地下鉄谷町線・長堀鶴見緑地線「谷町六丁目」駅4番出口(谷町筋を南に200m)
・地下鉄谷町線・千日前線「谷町九丁目」駅2番出口(谷町筋を北に500m)

参加者:50~80名程度を想定
参加費:500円

プログラム
13:30~受付
14:00~開会・代表挨拶・趣旨説明
新田保次(自転車文化タウンづくりの会代表・大阪大学大学院教授)

Ⅰ部 講演会:(仮称)自転車まちづくりの今・これから
講師:古倉宗治氏
(株)住信基礎研究所研究理事、京都大学大学院客員教授
専門は内外の自転車政策・自転車計画、都市公共政策など
著書「成功する自転車まちづくり」など

Ⅱ部 まちなか自転車空間コンクール表彰式
コンクール開催にあたって(第一回審査委員長:井上守(自転車文化タウンづくりの会幹事、井上守建築事務所代表)
・受賞作品の紹介
・表彰(受賞・応募作品はこちら

休憩:質問カード記入

Ⅲ部 パネルトーク:関西自転車まちづくり交流会
京都、堺、大阪など各地からの報告
・会場からの質問も含めて、意見交換

閉会・閉会挨拶・事務連絡
16:40頃終了
17:30から懇親会(別途3,000円程度)を予定しています。


※大阪市上町台地マイルドHOPEゾーン協議会/
 まちづくり提案選定事業の一環で開催しています。
 http://uemachi-hope.net/

◆申し込みフォーム (下記宛先まで)::::::::::::::::::::::

 ①お名前(ふりがな):
 ②ご所属:
 ③電話番号:
 ④メールアドレス:
 ⑤介助の必要:あり・なし
    →具体的には

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■主催:自転車文化タウンづくりの会~愛称募集中~ 
 *ブログ:http://blog.goo.ne.jp/cycletown-osaka
 *HP  :http://sky.geocities.jp/cycletown_osaka/
 *一緒に活動する仲間も、募集しています!


お問合せ・お申込みは
自転車文化タウンづくりの会
URL http://sky.geocities.jp/cycletown_osaka/
事務局:(財)公害地域再生センター(あおぞら財団)
〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4階
TEL:06-6475-8885 FAX:06-6478-5885
E-mail webmaster@aozora.or.jp
[PR]
by aozorafoundation | 2010-12-21 14:55 | 自転車まちづくり

キャンドルナイト準備

12月17日も、「キャンドルナイトin西淀川~廃油キャンドルで緑道を灯そう」の準備で廃油キャンドルをつくりました。今回は西淀川高校生徒会のメンバーや淀中学校の生徒が集まりました。

e0024067_1926371.jpg


この日は420個の廃油キャンドルが完成しました。

小平記
[PR]
by aozorafoundation | 2010-12-17 19:18 | 西淀川ESD菜の花プロジェクト

西淀川高校語り部授業<12月17日(金)>

12月17日、
西淀川高校、へ、お邪魔してきました。

同校では、環境学習として、
西淀川地域における、『かつての公害の被害経験とその克服の過程』、を学んで来られたとのこと。

今回は、
3学年の特別授業『西淀川公害病患者の方のお話を伺う会』における講演依頼があり、
『西淀川公害患者と家族の会』の語り部の方、とともに、
あおぞら財団職員が授業に出向きました。

語り部1名 と、財団職員1名の2名でチームを組んでの授業です。

まず、あおぞら財団職員から、西淀川公害の概要説明、を行い、
その後、語り部の方から、ご自身の西淀川公害の経験談、をお話いただきました。

e0024067_10514450.jpg

e0024067_10522573.jpg

語り部の方(岡崎久女さん、永野千代子さん)からは、
・西淀川大気汚染公害訴訟に、患者(家族)としてこめた思い、
・大気汚染が実際に生活に及ぼした影響、
・訴訟参加も含めた西淀川公害が、生き方に及ぼした影響、などについて、
ご自身のお考えを語っていただきました。
  (西淀川公害については、エコミューズHP を参照ください。)

西淀川高校の皆さんは、どのように感じたでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーー★
以下、蛇足ながら、
私(財団研修員)の所感です。
(財団ブログの常に違い、少し、読みづらい点があります旨、ご容赦ください。)


・・・語り部の方は、現在においても、
『公害経験により、その後の人生も変えられた』、と考えておられ、
それは、ぜんそく等の健康面での継続的損害にも劣らず、
語り部の方を苛み、精神的ダメージを与え続けている。

語り部として、また、公害患者会の活動を通じて社会参加をする中で、
そうした精神的ダメージの修復もなされている様子。恐らくは。

しかし、記憶の中の経験は、完全に癒すことはできない。
あったことはなかったことには、できない。

できないからこそ、
訴訟の終了、という、一応の節目、を越えても、なお、
他者に、一度でも、同じ気持ちの変遷をもたらす経験をさせたくない、
との思いが持続する。

自分が公害を経験したこと、に意味をもたせることができるなら、
過去に現在から、彩色することができるとするならば、
絵の具の一つの色として、
一度おきたことが、その後、人ひとりの生きる道にどういう影響を与えるのか、
それを後に生まれた者に伝えること、を選んだら、
語り部にたどり着くのかもしれない。

そして、
耐え難きは自己の選択の結果、といえない経験ということ。

環境問題について語っているようで、
自己の選択の結果、として、自己の生きる道を捉えられることへの渇望の吐露、
そんな風に受け止める現在、

対して、中学生だった頃、いっちょ前の頭をもった気分がしていたけれど、
長崎で、原爆についての語り部の方のお話を聞いたとき、
自分は単純に、戦争の悲惨さ、という側面でしか捉えられなかったなぁ。・・・

あれっ、
なんだかメランコリック??
語り部の方、『高校生の元気をもらえた』、と、
開始前のこわばりは解けて、はにかみつつの控え目な笑顔にて、おっしゃってました。


(財団研修中 M)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-12-17 16:30 | 西淀川公害授業

西淀川交通まちづくりプロジェクト「西淀川の交通・移動について考えてみよう!」第6回を行いました

2010年12月11日(土)13:30-15:30
場所:あおぞらビル1階 あおぞらイコバ
参加者 5名(+スタッフ3名)

 12月11日に、西淀川交通まちづくりプロジェクト「西淀川の交通・移動について考えてみよう!」第6回 「西淀川区内の移動・外出の現状について調べよう(3)」を行いました。

 今回は、第5回で調査したJR塚本駅周辺の放置駐輪の調査結果をふまえて、今後の提案内容について話し合いました。

 主な意見として、次のようなものがでました。

【駐輪対策について】
 ・最初に撤去ありきではなくて、きちんと駐輪場に誘導した上で撤去すべき。
 ・違法駐輪には、「駐輪禁止」というだけでなく、きちんと駐輪場の場所がわかるチラシを付けるべき。
 ・駐車場に「P」の統一マークがあるように、自転車駐輪場の共通のマーク・看板があると便利。

【地元との連携】
 ・当事者の人たちを巻き込んでやっていく方が良い。
 ・JR塚本駅周辺の町会長に話を聞きに行ってみてはどうか。
 ・地元に提案する際にいくつかオプションがあるとよい。
 ・商店街も巻き込んでいかないといけない。
 ・他の地域では、自転車の撤去をしたらお客が減ったと苦情を言う人もいる。
 ・整備をすると地域にとってよいことがあると伝えないといけない。

【区役所への要望】
 ・関係者の意見を集約するような組織を立ち上げてもらわないといけない。
 ・西淀川区に「放置自転車対策連絡協議会」を淀川区と協働して立ち上げてもらうよう要望する。
 ・JRなどと連携して協議会で話し合ってもらう。

【提案の仕方】
 ・区役所への提案は、提案書を提出するだけでは形だけになってしまう。
 ・提案に対する意見を区からもらうために、意見交換会を開催した方がよい。
 ・意見交換会は、2月末~3月初旬の土曜日に13:30~15:00にあおぞらビル3階会議室で行う。

e0024067_156333.jpg

写真: 今後の提案内容や提案方法について意見交換をしている様子


 今年度はJR塚本駅周辺の自転車対策については、交通まちづくりプロジェクトとして提案書を作成し、区役所や関係者に提案していきます。次回の会合では、放置駐輪対策に取り組んでいる町会長をお招きしてお話をきき、提案内容について検討を深める予定です。

 次回は2011年1月19日(水)、次々回は2月9日(水)にいずれも19:00~21:00 あおぞらビル1F あおぞらイコバにて行う予定です。西淀川区在住の方であれば、どなたでもご参加いただけますので、興味のある方はぜひご連絡下さい。

- - - - -

第1回目の報告はこちら:「お話&疑似体験! 車いすの視点でまちをチェックしよう」
第2回目の報告はこちら:「お話&疑似体験! 視覚障害と高齢者の視点でまちをチェックしよう」
第3回目の報告はこちら:「話合い:西淀川区の移動・外出について話し合おう」
第4回目の報告はこちら:「西淀川区内の移動・外出の現状について調べよう(1)」
第5回目の報告はこちら:「西淀川区内の移動・外出の現状について調べよう(2)」

- - - - -
西淀川バリアフリーマップ(どなたでも編集ができます)
西淀川バリアフリーマップに関するblog記事

(谷内)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-12-16 16:13 | 西淀川交通まちづくり

大阪大学工学部地球総合工学科学生受け入れ

2010年12月15日
大阪大学工学部地球総合工学科14名を受け入れました。

大阪大学工学部の新田保次先生はあおぞら財団の理事で、
自転車や福祉交通、エコドライブを産官民の連携で進めていることや
松村暢彦先生とフードマイレージや大気汚染ブロックなど教材作成を一緒にしていることなど
NPOと大学がどのように連携しているか、
NPOとはどういうところなのかということをお話しました。
e0024067_1443205.jpg

話をしても、なかなかわからないかなと思い、
アイスブレーク(「環境」ということで連想する言葉を1分間で書き出す)や
e0024067_14433750.jpg

自分の故郷の地域の課題と改善したい点などを書き出して発表したり、
まちづくりや環境についてNPOができることは何かを伝えました。
e0024067_14435363.jpg

1時間という短い時間だったので、どれだけ理解してもらえたかわかりませんが、
一緒に活動する人が増えればうれしいなぁと感じます。
(林美帆)
[PR]
by aozorafoundation | 2010-12-16 14:43 | 資料館(エコミューズ)

「大野川緑陰道路でタンデム自転車を楽しむ会」を開催しました。

2010年12月12日、大阪市西淀川区にある大野川緑陰道路で
タンデム自転車を楽しむ会を開催しました。

おだやかな天気の中、総勢61名、うち視覚障がい者19名の参加がありました。

楽しむ会に先立って、八尾ライオンズクラブ様より
タンデム自転車15台が日本ライトハウスに寄贈されました。
e0024067_1174612.jpg


この様子は産経新聞の記事になっています。
記事はこちら

今回がタンデム自転車初めての方もおられました。最初は怖々とペダルをこいていた方も
コースを1周して戻ってくる頃にはすっかり慣れた様子で笑顔になっていました。
e0024067_1154551.jpg


12月としてはあたたかな風を感じながら、タンデム自転車を楽しみました。
e0024067_11571826.jpg



今回は車いすに接続できるタイプの自転車も用意しました。
この自転車だと体に障がいを持たれた方も自転車を
楽しむことができます。
e0024067_1192775.jpg



イベントの最後は少し長い距離を走って矢倉海岸を目指しました。
あまり潮の香りはしなかったそうでが、楽しんでいただいたようです。
e0024067_11153584.jpg



◎共催:大阪でタンデム自転車を楽しむ会
サイクルボランティア・ジャパン
自転車文化タウンづくりの会
社会福祉法人日本ライトハウス
/日本サイクルスポーツ発展協力者会
あおぞら財団
[PR]
by aozorafoundation | 2010-12-15 11:29 | 自転車まちづくり