<   2011年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

日中の公害・環境問題を考える学生セミナー(2/27)

こんにちは。

昨日2月27日は、終日、うららかな陽射し。
財団軒下に咲く、鉢植え菜の花に対し、のどけき春よ、
と思わずつぶやきたいような、
にげる2月最後の日曜日でした。

さて、そんな行楽日和、あおぞら財団主催、
【日中の公害・環境問題を考える学生セミナー】が行われました。
今回のセミナーは、
日本と中国、各々の国籍を有する学生が対象。

『西淀川に於ける大気汚染公害』を素材として、
フィールドワークや、グループワークを、みんなで一緒に行いながら、
・日本の公害経験を学びつつ、
・日中両国における公害・環境問題の知識をシェアし、
・公害・環境問題に対する関心を深めていこう、との狙いでの開催。

財団研修中の筆者も、お手伝い参加させていただきました。

以下、セミナー概要を、レポートいたします。
(一日がかり、メニュー盛りだくさん<セミナー>ゆえ、少し、長文です。ご容赦を。)

ーーーーーーーーーーーー★

『おはようございます!!』
いつも元気一杯、財団研究員・林美帆さんの挨拶で、セミナースタート。
10時から、15時30分の予定。

中国からの留学生6名、と、日本人学生5名、西淀川に縁のある日本人の方1名、の
計12名が参加してくださいました。


●さっそく、「プログラム概要」説明の後、「自己紹介」。

学生、ということで、
自分の研究テーマなどを話しつつ、
興味がある環境問題、などを話していくうちに、
場が和やかに・・・

バックグラウンドは、
・学部3年生から、博士課程の院生まで、
・農学、法学、社会心理学、倫理学、等々、さまざま。

切り口は多様ながら、
大気・水・有害化学物質・廃棄物問題、等々、
<環境問題>に関する研究・専攻の方が多い様子。
e0024067_16501524.jpg


●「自己紹介」に続き、「グループ分け」。

日本・中国バランスよく、4名づつ3グループになり、
一つの机を囲みます。


●さてさて、午前中は、財団での座学中心メニュー。

まずは、①林研究員から、DVDも利用しつつ、プレゼン。

 ・過去の大気汚染状況や、それによる<被害>状況、
  大気汚染訴訟の概要を中心とした『西淀川公害のあらまし』、
 そして、
 ・『あおぞら財団の活動概要』、などについて、説明。
e0024067_16515249.jpg


次に、②『西淀川公害患者と家族の会』事務局長の永野千代子さんによる、経験談。

 ・永野さんの目をとおした
  『大気汚染による<被害>と住民運動』が語られます。
e0024067_16522424.jpg
  

そして最後に、③あおぞらビル6階屋上から、西淀川を(スズメの目で)鳥瞰。
 
 ・西淀川の大まかな地理、幹線道路の配置、等々について、
  林研究員から、駆け足での説明。
e0024067_16524012.jpg


●一息つけるかつけないか、
 慌しく、30分のお昼休み休憩をはさみ、
 動いて、話す、午後の部へ。

まずは、①西淀川地区のフィールドワーク(現場見学)。
 
 ・マイクロバスに乗って、林研究員の説明を受けつつ、
  中島地域の工場群や、国道43号線、
  高い防塵壁に囲まれた出来島小学校、緑陰道路、等々を、見学。
  
  国道43号線では、
  バスを降りて、とことこ、歩きます。
  
  自動車交通による、沿道被害の低減のための、諸施策も見てまわります。

  PM2.5の測定器、
  光触媒を用いた大気浄化装置等のフィールド実験装置、等々、見物。
  防音壁は、<あるとこ、ないとこ>を両方歩き、自分の耳で、効果を実感。
e0024067_16534462.jpg

e0024067_16541429.jpg


そして、②財団にもどり、再び、座学。
  あおぞら財団理事長・村松昭夫弁護士から、講話。

  ・西淀川公害訴訟はじめ、公害問題等に取り組んできた村松弁護士の視点で捉えた、
   中国の環境訴訟の現状等について、聴講。
  
  「文化・制度の違いはあれど、
   少し早く、経済的成長を経験した日本人として、
   自分が重要だと思うこと、を発信していく」
   そういう場としての交流が重要、とのこと。
e0024067_1654469.jpg


気付けば、最終プログラム、③グループワークです。

  ・各グループごとに、
   セミナーメニューを振り返り、グループでの討議を経て、プレゼンを行います。

   与えられたお題は、
   1)本日の感想、わかったこと
   2)環境問題を解決するために大切なこと(日中両国)
   3)環境という分野で、日中が、今後、協力できること、の3つ。

  
  ・どのグループにおいても、
   まず、
   <各個人において、知識・理解を深めることが必要>、であり
   そのためには、
   ①<個人レベルの意識変容>、と
   ②<人的交流という行動>が必要、との点では、共通していたように、感じました。

   ①から②へは、
   『<意識から行動へ>ジャンプするためには、何が必要か』、
   という<行動変容>の問題が・・・

   この点については、
   ・一人ひとりが、それぞれの立場・職能グループにおいて、交流を進めるための
    <交流の制度化>という提案をするグループも。
  
    (国同士、との大上段に構えて、ではなく、
     個人レベル、のコミュニケーション、に、個々人が各々、取り組むべき、
     との主張と、筆者は理解。

     もう少し時間があれば、
     <制度化>について、主体・財源・目的・方法等々、
     アイディアを掘り下げてみたいところでした!)
e0024067_16551734.jpg

e0024067_16554248.jpg

●そうして、セミナーは、お開きになりました。
 参加者及び関係者の皆さま、どうもありがとうございました。

 
※筆者のセミナー感想
 最後の発表で、<交流>の重要性が出ていたのは、
 <交流>が主たる本セミナーに、楽しい感情を覚えた、ということであろうか。

 たまたま中国に生まれた人、と、
 たまたま日本に生まれた人、として、コミュニケーションしていく、
 面白いから続いていく、そういうことが好きな人たちが増えること、が、
 日本という国の、「持続可能性」、につながるのだろう。

 企業エンジニアは、ビジネスを進める中で、
 研究者は、アカデミアの世界で、
 株を趣味にする人は、株の世界で・・・

 ふらっと訪れた北海道で、中国からの観光客に出くわして、
 一緒にお鮨をつまんだり。
 アイルランドで、一緒にギネスを飲みながら、
 輸出や観光と、環境影響の問題について、語らうかもしれない。

 アニメやマンガ、とともに、
 観光旅行者も、留学生も、ソフトパワーの源泉だ。

 <日本>やら<中国>やらを、主体として語ることから開放され、
 <たまたま日本に生まれた○○氏>として発言でき、交流ができること、
 国会議員やら外交官でないことの、【大いなる強み】、だと、
 再確認する、セミナーでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー★

※過年度セミナーの様子などは、こちら↓
  ・2009年学生セミナーの様子 
  ・2010年学生セミナーの様子 
  ・あおぞら財団の国際交流の取り組み
※本セミナーは、平成22年度大気汚染経験情報発信事業の一環です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★
以下、おまけの?
私(財団研修員)の独り言です。

ーーー
公害地域のフィールドワークって何だ?、

もうそこに<過去の時間>はないのに、
わざわざ、時間をかけて、
<現場>とされる場所、を見にいくことの意味が、ずーっとよく分からなかった。

青い空がない過去、については、
本や写真、インターネットで、知識は得られる。

いま、青い空をみても、かつての煙はない。

(そこで、一応、『人間の想像力の貧困』を痛感することは、できる。
 スチール写真で見た、灰色の空を重ねても、
 自分として、それを現実として感じる力がない、と。
 でも、そんなこと、日々の暮らしで、痛感している。
 『他人の感情が、自分では当事者としては、決して感じられないこと』が、
 日々、自分の中の、喜怒哀楽の種になっているのだし。)

今回、
セミナー締めくくりの際、藤江徹事務局長から、
『・本などで得た知識忘却の早さ、に比し、
 ・見学/議論をしながら得た知識は、長く忘れない、
 そういうところに、体験型セミナーの意義がある』旨のコメントがあった。

<机上知識>より<体感知識>が、<持久力が強い>ってことね、
そういうこともあるのだろうなぁ、
『青年期以上では、<コンテンツ記憶>は衰退、<エピソード記憶>は増す』、って
本でも読んだけど・・・
フィールドワークの効用に、持久力かぁ。

と思いながら、
ふと、

そういえば、セミナー中、
歩いたり、移ろいつつある車窓の景色を眺めたり、
説明者/発言者の声を聞いたり、しつつ、

同時並行で、 
 ・国家が、国民に対し提供すべき行政サービスの追求すべき価値、やら、
 ・環境問題とは何ぞや、やら、
 ・国の統治体制と、裁判プロセスの果たす意義、等々について、
ほにゃほにゃ、よしなし浮かんできて、
自分として、いつもと違う思考過程を、集中して楽しめたなぁ、と、思い至る。

フィールドワークって、五感にいろいろ刺激が加わるから、
自分のなかの持てる知識、をまとめる回路が、ちょっとバグを起こして、
目から知識を得て、<自発的に課題をもって考えよう>とする時とは、
違う形につながる、のかもしれない。

海外やらで、長距離バスや、電車で一人でぼーっとしている時、
ふわふわ、いろんなことを考えられる時間、
とっても好きだけれど、
フィールドワークもそれに近いものがあるのかな~

本で既に読んだこと、映像で見知ったこと、であっても、
さまよえる思索の時間を求めて、フィールドワークに参加する、ってのも
いいのかもしれない。

一人旅行好きな人は、案外、学び系フィールドワークが好きになるかもですよ。
e0024067_16561651.jpg


あおぞら財団研修中M
  
(了)
[PR]
by aozorafoundation | 2011-02-28 20:20 | 国際交流

廃油回収拠点が増えました

廃油回収拠点がまたひとつ増えました。

大阪市福島区にある夢設計・エコラボギャラリーで、3/11(金)から廃油回収がはじまります。
毎月第2・4金曜日、10時~13時、最寄駅はJR野田駅近くです。
こだわり有機野菜など販売もするとのことです。
地図→ http://www.ecolab.or.jp/ecolab-access.html

お近くの方は、ぜひご参加ください。
[PR]
by aozorafoundation | 2011-02-28 16:53 | 西淀川ESD菜の花プロジェクト

呼吸リハビリ講習会を開催しました

2月26日に呼吸リハビリ講習会(医療従事者向け)を開催しました(参加者:32名)

ぜん息・COPDの方に呼吸リハビリを行なうと患者さんの息切れなどが改善する、と言われている
呼吸リハビリですが、まだまだ実際に行う院所が少ないのが現状です

今回は、医療従事者の方に少しでも呼吸リハビリについて知ってもらい、拡げていくことができたらと、
講習会を開催しました

最初に、岡山は倉敷市にあります健寿協同病院の佐藤雅昭理学療法士に、
「やってみよう!チームで取組む呼吸リハビリ」というテーマでお話していただきました
e0024067_1514408.jpg

リハビリというと、なんとなく理学療法士さんが行うんだろうな、というイメージですが、
実際患者さんに呼吸リハビリを行う時は、看護師さんや薬剤師さん、栄養士さんなどが連携して
おこなう必要があるということがよく分かりました
この患者さんは今日は体調が良くない、なんてことは看護師さんが理学療法士の方に伝えたり、
リハビリで教わったことを看護師さんが再度患者さんに声かけしたり、なんてことも、
一緒に取組んでこそできることだと思いました

それから次に、長崎大学の千住秀明教授に、
「ぜん息・COPD患者への、地域で取組む呼吸リハビリの現状と課題」というテーマで
お話していただきました
e0024067_15145815.jpg
千住先生はこれまでに公害患者さんとCOPD患者さんについての研究もされていて、
公害患者さんとCOPD患者さんの呼吸器の機能や下肢の機能の違いなども紹介されました

また実際に長崎地域で連携して取組んでいることなどの紹介もありました
リハビリをやっているのはこんな病院ですよ、という一覧紹介なども作って、各院所に貼ってあるそうです
やっぱり、患者さんが呼吸リハビリを受けたいとなった時に、どこに行けばいいのか、という
情報がきちんとあるのは大事だと思います

これから大阪、特に西淀川区で、呼吸リハビリを普及していくヒントをたくさん得ることができました
e0024067_151527100.jpg
e0024067_15153932.jpg

参加者からも
・具体的な呼吸リハビリのシステムを知ることができ、勉強になった。
・リハビリの重要性がよく分かった。
・患者さんの精神的な面も含めてサポートすることが必要だと感じた。

といった感想が寄せられています。

3月9日には患者さん向けの呼吸リハビリ講習会を行います
体験を通じて、私も取組んでみようかな、という気持ちになっていただけるような
講習会にしたいと思います 3.9講習会のチラシはこちら
[PR]
by aozorafoundation | 2011-02-28 15:20 | 環境保健

矢倉海岸定例探鳥会(第112回)

2011年2月5日(土)9:30~12:00
毎月定例でおこなっている矢倉海岸の探鳥会です

最近雨が降っていないからか、なんだか煙ったお天気でした
今回もぼちぼちと大野川緑陰道路を歩いて矢倉海岸へ向かいます

e0024067_154083.jpg
途中でみつけた「さるのこしかけ」
きのこなので食べられるんでしょうか

この日は大漁旗を掲げた新しい船もありました
e0024067_1542271.jpg
すごいにぎやかですね

矢倉干潟まで来ましたが、前回に引き続き、今回も鳥はあまり居ませんでした。
e0024067_1551588.jpg
e0024067_1553498.jpg
矢倉干潟で見られたスズガモとアオサギ(撮影:橋本正弘さん)

かっこいいです

一方矢倉干潟にはごみもたくさん漂着しています
e0024067_15115888.jpg
e0024067_1512824.jpg
せっかくの景色も台無しですね

本日、観察した野鳥の種類は、33種類。
カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、マガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ミサゴ、オオバン、キジバト、ヒバリ、ハクセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、メジロ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、マヒワ、ベニマシコ、ホオジロガモ、エナガ

次回の探鳥会は3月5日(土)9:30阪神なんば線「福」駅集合です

◎あおぞら財団・矢倉定例探鳥会のHPはこちら

◎日本野鳥の会大阪のHPはこちら

(あおぞら財団スタッフ:眞鍋麻衣子)
[PR]
by aozorafoundation | 2011-02-28 15:13 | 矢倉海岸探鳥会

自治体文書館が目ざすべき道

あおぞら財団も参画している地域資料シンポ実行委員会のシンポジウムを開催します。

■地域資料シンポ拡大研究会(通算第2回)■
(地域資料研究会2010年度第2回と共催)

自治体文書館が目ざすべき道
―公文書管理法施行をひかえて―

 地域資料シンポ実行委員会では、本年4月の公文書管理法施行とここ数年取り組んできた大阪府・市公文書館問題をにらんで、今回、下記の拡大研究会を企画しました。
 今回は、神奈川県立公文書館の石原一則さん(内閣府の公文書管理委員会のメンバーでもあります)をお招きして、神奈川県での長年の経験、公文書管理法の内容や課題、現在進行中の国による公文書管理・公開体制の準備状況などもふまえ、今後、自治体文書館が目ざすべき方向性について論じていただきます。
 あわせて実行委員会からの問題提起では、大阪府・市公文書館問題の最新の状況についても紹介し、大阪地域における今後の課題について議論したいと思います。
 ふるってのご参加をお待ちしています。

日時 2011年3月12日(土) 17:30~20:00ごろ (*開始時間にご注意ください)
 場所 キャンパスポート大阪(大学コンソーシアム大阪)(電話:06-6344-9560)
    (地下鉄梅田駅またはJR北新地駅下車、大阪駅前第2ビル4階) 右下の地図参照
        URL→http://www.consortium-osaka.gr.jp/about/access.html
 内容
   ・問題提起:地域資料シンポ実行委員会事務局
        「大阪府市公文書館問題の到達点と課題」
   ・メイン報告:石原一則氏 (神奈川県立公文書館・公文書管理委員会委員)
       「公文書管理法と神奈川県立公文書館」

    *終了後、ささやかな懇親の場をもちます。

 主催 地域資料シンポ実行委員会
    (構成団体:あおぞら財団、大阪歴史科学協議会、大阪歴史学会、西山夘三記念すまい・まちづくり文庫、地域資料研究会)


 連絡・問い合わせ先:
地域資料シンポ実行委員会事務局
    〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
    大阪市立大学大学院文学研究科 日本史学教室
    (大阪歴科協研究委員、佐賀 朝、06-6605-2398)
[PR]
by aozorafoundation | 2011-02-25 11:49 | 資料館(エコミューズ)

本日ボランティアによる歌島地下歩道清掃中

e0024067_9404442.jpg

2月23日(水)、午前8時から30分間、
歌島橋交差点・地下歩道の一斉清掃にあおぞら財団から
参加しました。(担当:近畿地方整備局大阪国道事務所)
e0024067_9411945.jpg

周辺地域の町会や、学校、企業の方々が参加していました。
地下歩道や交差点周辺、緑陰道路では、いろんなゴミが
落ちていますが、中でもタバコの吸殻が多いです。
e0024067_941367.jpg

あおぞら財団では、2010年6月から毎月1回「軒先そうじの日」
として、職員が朝の9時から30分間、事務所の周辺や
大野川緑陰道路の清掃をしています。(基本、第1火曜日)

そのときも、写真のような、水色のウィンドブレイカーを
着ています。見かけたら、どうぞ気軽にお声かけしてください。


鎗山善理子(あおぞら財団職員)
[PR]
by aozorafoundation | 2011-02-23 09:42 | 事務局より

西淀川で呼吸リハビリ講習会を開催します

この度、ぜん息やCOPDなど、呼吸器の病気を持つ患者さんや

ご家族の方を対象とした呼吸リハビリ講習会と、

患者さんに接する医療従事者の方を対象とした呼吸リハビリ講習会を開催します。

診察や薬などによる治療とあわせて、呼吸リハビリに取組んでみませんか?

呼吸リハビリって何?効果はあるの?そんな疑問をお持ちの方、是非講習会にご参加下さい。

第一線で呼吸リハビリに取組まれている方を講師にお迎えし、

「呼吸リハビリとは」から、「チームや地域でどう取組むか」まで、

お話していただきます。



①呼吸リハビリ講習会(医療従事者対象) チラシはこちら

日時:2011年2月26日(土) 15 : 00 ~17 : 00  

講師:佐藤雅昭 理学療法士(健寿協同病院 リハビリ科)

    千住秀明 教授(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)

プログラム:

テーマ① 15:00 ~15:45

佐藤雅昭氏

「やってみよう!チームで取組む呼吸リハビリ」

質疑応答

テーマ② 16:00 ~16:45

千住秀明氏

「ぜん息・COPD患者への、地域で取組む呼吸リハビリの現状と課題」

質疑応答

17:00 終了

参加費:無料

会場:グリーンルーム(あおぞらビル3F)

大阪市西淀川区千舟1-1-1

定員:50名(定員になり次第締め切ります)



②呼吸リハビリ講習会(ぜん息・COPDなど呼吸器の病気を持つ患者さんやご家族の方対象
チラシはこちら

日時:2011年3月9日(水)14:00~16:00

講師:金尾 顕郎 教授

(森ノ宮医療大学保健医療部理学療法学科 学科長)

プログラム:

①講 習 会「今日からはじめる呼吸リハビリ ~らくらく呼吸法を身につけよう~」

ぜん息のしくみ、セルフコントロールについての簡単な紹介、呼吸リハビリテーションの体験講座を行います。

②参加者でわいわいがやがや「セルフコントロールってどうやるの」

参加費:無料

会場:グリーンルーム(あおぞらビル3階) 大阪市西淀川区千舟1-1-1 

定員:50名(定員になり次第締め切ります)




<お申込み・お問合せ先>

お申込みはメールかFAX/電話で氏名・所属(勤務先)・ご連絡先(電話かメールアドレス)を明記の上、

下記連絡先までお願いします。



(財)公害地域再生センター(あおぞら財団)

担当:眞鍋・上田

住所:〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1-1-1 あおぞらビル4階(グリーンルームは3階です。)

アクセス:JR東西線御幣島駅⑪出口すぐ http://www.aozora.or.jp/access.html

TEL:06-6475-8885 FAX:06-6478-5885

E-mail :webmaster[at]aozora.or.jp HP:http://www.aozora.or.jp/
[at]を@に変えてください



本事業は独立行政法人環境再生保全機構の公害健康被害予防事業の一環として実施しています。

個人情報は本事業の目的以外には使用いたしません
[PR]
by aozorafoundation | 2011-02-21 22:18 | 環境保健

中高生がよむ環境問題紙芝居in西淀川図書館

2011年2月19日(土) 14:00~14:30
大阪市立西淀川図書館

西淀川ESDの活動の一環として、
昨年、菜の花プロジェクトを伝えるための紙芝居を
活動に参加している子どもたち、学生と一緒に作りました。
(作っている時のブログ)
http://aozorabsw.exblog.jp/11960221
(お披露目しているところ)
http://aozorabsw.exblog.jp/12045839
(絵本になったもの)

紙芝居「さあはじめよう」は、子どもたちが子どもたちへ菜の花プロジェクトを説明するために作ったので
できれば、子どもたちへ読む場面が欲しいなぁと思っていました。

西淀川図書館の館長さんに相談したところ
「やりましょう」
と嬉しいお答え。
「さあはじめよう」と図書館所蔵の環境紙芝居と組み合わせてイベントをすることになりました。

e0024067_15505879.jpg

紙芝居を読んだのは、淀中学校の山本さんと西淀川高校の鍵本さん
e0024067_1551943.jpg

山本さんは「おじいちゃんとふるいしゃしん」を読みました。
この中に、工場と水汚染の写真が出てきたので
紙芝居が終わった後に、あおぞら財団で作った公害学習パネルを見せました
e0024067_15512087.jpg

けむりモクモク、川にはゴミがいっぱいの写真に子どもたちも驚いていました。
e0024067_15513334.jpg

鍵本さんは「さかなたちとのやくそく
ウミガメがプラスティックを食べておなかが痛いとの場面が出てきたので、
西淀川高校の辻先生に解説してもらいました
e0024067_15514726.jpg

大トリに、我らが作成した「さあはじめよう」
みてください。子どもたちが身を乗り出して聞いているでしょ??
最後に、西淀川で廃油回収をしていることをみんなに説明をしました。

こういうイベントを定例で開催できるようにしていきたいですね。
それにしても、紙芝居の魔力はすごいです。
紙芝居、お勧めです。
(林美帆)
[PR]
by aozorafoundation | 2011-02-19 15:46 | 西淀川ESD菜の花プロジェクト

環境省環境問題史現地研修 受入

日にち:2011年2月9日(水)~10日(木)
テーマ:大気汚染公害被害の現場とあおぞら財団の見学
参加者:環境省、近畿地方環境事務所、(独法)環境再生保全機構の職員
    1日目12人/2日目9人
e0024067_1941279.jpg

環境省職員の環境問題史現地研修の受入れを2日間にわたって
おこないました。昨年に引き続き、1泊2日のコースです。

1日目(9日)
13:00  あおぞら財団集合
13:00~ 西淀川公害の概要を説明
     DVD「西淀川公害裁判をたたかう」「公害経験を語り継ぐ」視聴
13:30~ 公害患者の話:和田美頭子さん
13:45~ 森脇君雄理事の話「公害反対運動から地域再生へ」
     あおぞら財団活動紹介
15:30~ 西淀川高等学校にて環境教育、菜の花プロジェクトについて紹介
17:00~ 感想、ふりかえりワークショップ

2日目(10日)
9:30   あおぞら財団集合
9:30~  村松昭夫弁護士(財団理事長)「西淀川公害訴訟と現在の活動」
11:30~ デイサービスセンター「あおぞら苑」見学、昼食
13:30~ 自転車で西淀川区内フィールドワーク
15:30~ まとめ、成果発表
17:00  解散

e0024067_19415042.jpg

香川出身の和田美頭子さん(西淀川公害患者と家族の会)は、
まさか自分が公害病になるなんて思いもしなかったこと、
ぜん息の発作が出たときは不安と恐怖でいっぱいになることなどを語り、
「公害は人間がつくりだしたもの。自然に出てきたわけじゃない。
であれば、人間が努力して、無くさなければならない」と述べました。

自身も公害患者で西淀川で公害反対運動のリーダーとして活動
してきた森脇君雄理事は、公害健康被害補償法がつくられたときの
いきさつなどを話しました。

e0024067_19422666.jpg

その後、西淀川高校に移動し、高校生や教員から、同校での環境教育や
菜の花プロジェクトについて紹介がありました。
また、BDF精製機や菜の花畑を見学しました。

e0024067_19424574.jpg

夕方、あおぞら財団に戻ってきて、それぞれ、1日目の感想をポストイットに
記入し、出し合いました。

e0024067_19431541.jpg

2日目は、財団理事長の村松昭夫弁護士の話からはじまりました。
村松理事長からは、裁判では運動班を作り世論を動かしていったこと、
裁判が終わった後の取り組み(あおぞら財団)などの話がありました。
また質疑応答では、弁護士を志した出発点などについて答えました。

e0024067_19434587.jpg

次に、自転車でデイサービスセンター「あおぞら苑」に移動しました。
同苑は、あおぞら財団と同じく、西淀川公害裁判における企業との和解金
の一部をもとに4年前につくられた施設で、元・西淀川公害患者と家族の会
事務局長の辰巳致さんが施設長です。
約15年前、当時、旅行社に勤めていた辰巳さんが森脇さんと偶然出会い、
辰巳さんにとっては地元である西淀川の地域再生・まちづくりにかかわって
いった経過や、あおぞら苑を「西淀川のオアシス」にしようと信念をもって、
あきらめずに活動している様子を聞きました。

患者会の会員で、現在、あおぞら苑を利用している塚口アキエさん(91歳)や
北村ヨシエさん(86歳)とおしゃべりし、次はいよいよ2チームに分かれて
自転車で区内のフィールドワークをおこないました。

e0024067_19442234.jpg

e0024067_19444679.jpg

e0024067_1945568.jpg

チームは、佃チームと矢倉チーム。
お天気は良いものの、寒いなか、約1時間半ほど走りました。
あおぞら財団に帰ったあとは、街を実際に見ての、感想や思うところ、
まちづくりのアイデアなどを出し合い、成果発表会をおこないました。

最後に研修生のみなさんが一人ひとり、2日間の感想を述べて終了
しました。
「現場を見て、わたったこと、学んだことを仕事にいかしていきたい」
「公害は過去のものではないことがわかった」
「また、来年も来ます!」
といった言葉が聞かれました。

このように、研修生の方々が、西淀川公害や地域再生に関して、
いろんな立場の人たちの話を聞き、区内をまわった上で、
感じたこと、わかったこと、アイデアなどを発表すると、
それを聞く私たち財団スタッフにとっては、外からの目で見た、
西淀川区やあおぞら財団の姿を感じることができます。

自転車で区内をまわったとき、
国道43号線沿いや、工場集積地では、排ガスや臭いで自転車で
走ることがつらくなった、といった感想がありました。
確かにそのとおりだと思います。
数字や文字だけではわからない現場での体験を、環境省のみなさんと
共有できてよかったと思います。


鎗山善理子(あおぞら財団スタッフ)
[PR]
by aozorafoundation | 2011-02-11 19:49 | 資料館(エコミューズ)

あおぞらイコバ展示案内~環境紙芝居展やってます~

現在あおぞらイコバで、
「あなたも気軽に使いませんか?楽しく伝える環境紙芝居展」
を行なっています。

色んな世代の方に、気軽に環境問題を知ってもらおうと作成した
2種類の紙芝居を展示しています。

この機会に、ぜひあおぞらイコバに足をお運び下さい。

e0024067_1691431.jpg

e0024067_169295.jpg



*************************************************

「あなたも気軽に使いませんか?楽しく伝える環境紙芝居展」

・菜の花プロジェクト紙しばい 『さぁはじめよう』
                  (西淀川ESDオリジナル作品)

・フードマイレージ紙しばい 『どっち買う?食べ物はどこから来るか知ってる?』
   (フードマイレージ教材化研究会オリジナル作品)


*************************************************

1つは菜の花プロジェクト紙芝居『さぁはじめよう』(西淀川ESDオリジナル作品)
菜の花プロジェクトなどに取り組んでいる西淀川ESDの
取り組みを知ってもらうために、小学生から高校生、もちろん大人と、
あらゆる世代でワークショップを行い作った紙芝居です。
廃油回収のことを紹介しています。

(作っている時のブログ)
http://aozorabsw.exblog.jp/11960221
(お披露目しているところ)
http://aozorabsw.exblog.jp/12045839
(絵本になったもの)

もう1つはフードマイレージ紙芝居『どっち買う?食べ物はどこから来るか知ってる?』
(フードマイレージ教材化研究会オリジナル作品)。
自分の生活と社会ってつながってるんだということをみんなに
知ってもらえたら、と作りました。

e0024067_1695769.jpg

これらの紙芝居は貸し出しもしています。
あなたも楽しく使ってみませんか。(お問合せはあおぞら財団まで!)

詳しい内容は、是非あおぞらイコバに来て見てみてください。


◆日にち 2月9日(水)~2月28日(月)の平日
◆時間  午前10時~午後5時
◆場所  あおぞらイコバ
       大阪市西淀川区千舟1丁目1番1号あおぞらビル1階
       http://www.aozora.or.jp/access.html

みなさんぜひ見に来てくださいね。
[PR]
by aozorafoundation | 2011-02-10 16:10 | あおぞらイコバ