ぜん息被害者の救済を求めるぜん息署名宣伝を行いました

1月22日(土)13:00~14:00 JR塚本駅前で
ぜん息被害者の救済を求めるぜん息署名宣伝を行いました

昨年から取組んでいますこの署名活動、
西淀川でも患者さんや医療機関の方たちと一緒に今年も行なっています

今回はまだまだ寒い1月。
なかなか寒い中、足を止めて、手を出して、という署名は大変ですが、それでも
ぜん息は身近な病気なのか、チラシを受けとったり、署名を書いたり、と
してくれる方がいるというのは嬉しいことです。

若い人たちも友達同士声を掛け合って署名してくれることが多いです。

今回は土曜日のお昼だったせいか、少し人通りが少なかったので
もう少し暖かくなったら、夕方に宣伝をしよう!と次回の意気込みも参加者から出されました。
今回は9名の参加で、署名は44筆集まりました
みなさんありがとうございました

署名用紙はこちら
[PR]
by aozorafoundation | 2011-02-07 10:54 | 環境保健
<< ランプシェードの洗浄(戦場) 生物多様性COP10・気候変動... >>